女性一人でも素敵な時間を過ごせるパリのバーたち。名物カクテルから、朝食・夜食も充実したお店を厳選。
フランス

おひとり様(の外食やひとり旅)は、かなりポピュラーになったとはいえ、独りでバーというと、まだまだちょっと敷居高いですよね。

とくに女性だと、場所によっては、プロフェッショナルや何かを期待してとよけいな勘違いされたりとか、男性でも、アルコールが苦手だったりすると、居心地悪そうで敬遠しがちなことも。

でも、ふらりと構えずに立ち寄れるバー、ちょっと寄ってみたいバー、あるところにはあります。パリにもあるの、意外と知られていないままなので、ご紹介しますね。

まずは、こちらのブラディ・マリー発祥の店から。

Harry’s New York Bar(ハリーズ・ニューヨーク・バー)は、創業1911年。ヘミングウェイやココ・シャネルも通っていたというこの店は、数々のカクテルを生み出していることでも有名で、パリジャン達の間では、ブラディ・マリー発祥の店として語り継がれ、愛されています。

平日は、正午から深夜2時まで。クロックムッシューやクラブハウスサンドウィッチなど、軽食メニューもあるので、ランチタイムに混み合うカフェで独りではちょっとというときにも便利。

日曜は、夕方4時から午前1時まで。オペラ座にも程近いので、便利です。

店内は、ハリウッド映画のワンシーンみたい。造りもインテリアも、ちょっとパリっぽくはないけれど、パリらしい。

これが、噂のブラディ・マリー。毎晩ひっきりなしに注文の入るそうです(やっぱり)。

夜でも、ちょっとした軽食も頼めるので、クラシックなカウンターでもリラックスできる空気たっぷり。居心地いいです。

Harry’s New York Bar
5 Rue Daunou, 75002 Paris
公式HPはこちら

そして、シャンゼリゼ大通のラデュレーのバー。

マカロンで知られるLadurée(ラデュレー)ですが、各店、カフェやレストランスペースがあって、食事も楽しめます。

シャンゼリゼ大通店では、舗道沿いに設えたテラス席も人気。


そして、意外と知られていないままなのが、店内奥のカウンターもあるバー・スペース Ladurée Le Bar
外から別の扉で、直接入ることも出来ます。

シャンゼリゼ大通り沿いの建物の角にある正面入り口から、左側の小道へ十数メートルほど曲がると……壁面がこんな風にシンプルシックに異なっているので、別の店のように見えますが、ここがバーの入り口です。こちらのスペースは、2008年の9月にオープン。(ブティックとは、営業時間が異なります)

扉左手には、メニューが。

平日は朝7時半から、週末は10時から。日曜と月曜は深夜0時まで、火曜・水曜・木曜は午前1時まで、金曜・土曜は午前2時まで。つまり、朝食から夜食まで、と守備範囲広いバーです。

Ladurée Le Bar
13 Rue Lincoln, 75008 Paris
公式HPはこちら

その正面には、オープンしたばかりのピエール・エルメとロクシタンのコラボ・ショップのバー、も。

そして、朝食からバーまでの新しいお店が、こちら。シャンゼリゼ大通りを挟んで向かい側には、2017年12月にオープンしたコラボ・ショップ86 CHAMPSがあります。Pierre Hermé(ピエール・エルメ)L’Occitane(ロクシタン)という異業種コラボでの新スタイル。

売り場も愉しみたければ正面入り口からゆっくりと。右側は建物内でのパッサージュになっていて、エルメのカフェ・バースペースは、そちらから入ると、すぐ左手に、直結している別の扉もあります。


こちらが、その内側。バーというには、とても明るくて、広々としたスペースの一角なのも新感覚。

こちらも、基本的には7時半から23時半まで。金曜・土曜のみ、8時半から深夜0時半まで。店名は住所そのまま。

86 CHAMPS
86 avenue des Champs-Elysées 75008 Paris
公式HPはこちら

 

こうしたお店を知るうちに、バーのイメージ、すっかり変わりました。営業時間が短かったり、日曜日はお休みが多いフランスで、年中無休なのも何より嬉しいですよね。

ほーっと一休みだけでなく、大事な用事や気持ちを切り替えたり、エネルギーチャージしたいときなんかにも、ちょっといい空間だと思ってます。

バーとの親しみ方いろいろ

バーというと、大人のカクテル空間でちょっと緊張したイメージですけど、フランスのBarは様々。
中に入りきれずに、グラス片手に舗道いっぱいに溢れ出した人たちがグラス片手にさざめきあう店もあれば、軽食も出来て、ひとりで、昼間や中途半端な時間でも、ちょっとひと息できる店も。

フランス人は、同僚とは仕事以外に付き合わないと言われていますが、仕事帰りに1杯、とか、仕事の打ち合わせを兼ねて1杯という習慣を持つ人たちもずいぶんいるし、カップル単位でしか行動しないとも言われていますが、実は、男友達同士・女友達同士で繰り出したりもします。

この記事を書いた人

ボッティ喜美子

ボッティ喜美子仏日通訳翻訳・ジャーナリスト

フランス在住。東京で長らく広告・PR業に携わり、1998年に渡仏。パリとニースで暮らした後、2000年からパリジャンの夫の転勤で南米ブエノスアイレスへ3年、出産も現地で。パリに戻り、地中海の街マルセイユへ転勤して13年。南仏拠点で時々パリの実家へ、家庭優先で仕事しています。Framatech社主催の仏ビジネスマン対象のセミナー『日本人と仕事をするには?』講師は10年目(年2回)。英語・スペイン語も少々。

チャンネル

チャンネルをもっと見る