TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

ニュージーランド名物!?「ムール貝のグリル1kg」をザ・オキシデンタルで食す

グリーンマッスル(ムール貝)のグリル

どの国にも地域にも、そこでしか食べられない食べ物ってありますよね。

たとえば僕の出身地・名古屋を例にすれば 「名古屋に行ったら何を食べたらいい?」って聞かれたら、「ひつまぶしとか、ミソカツが有名だよ」って答えられます。あそこに行ったら、あれが食べたい!ってメニューが、どこにも必ず1つはあるものです。

でも、それに関して、つい最近まで僕には大きな悩みがありました。

「ニュージーランドに行ったら何を食べたらいい?」

オークランドに住んでる関係でよくそう聞かれるんですが、ニュージーランドって特に有名な料理ってホントないんですよね……。
(なんて答えたらいいんだろう?……フィッシュ&チップス?ラムチョップ・ステーキ?)とずっと思っていました。

歴史が浅いおかげで、そしてイギリス系移民によって国が始まったおかげで、長らく料理の不毛地帯だったニュージーランド。

でも、周りの人たちに聞き込みをしてみると、どうやらいくつか「ニュージーランド料理」と呼べるものがちゃんとあることがわかってきました。

その1つが「ムール貝のグリル」!

前置きが長くなりました。オークランドのムール貝料理で有名なレストラン、「ザ・オキシデンタル」で舌鼓を打ってきたので、レポートしてみたいと思います。

ムール貝料理レストラン「ザ・オキシデンタル」へ

オークランド ザ オキシデンタル 
▲ザ・オキシデンタル

旅仲間の友人から、新婚旅行でニュージーランドに行くからオークランドで会おう!と連絡があったのはちょっと前のこと。

いつもは友人知人が来るとフィッシュ&チップスで丁寧にお迎えをしてさし上げる僕も、さすがに新婚旅行とあってはまともなレストランを案内せねばなりません。

そこで白羽の矢を立てたのが、ニュージーランドのムール貝料理。

ニュージーランドでは汚染の少ないきれいな海水を利用して、グリーン・マッスル(Green Mussels)と呼ばれるムール貝の養殖が盛んなんです。

殻の縁が鮮やかなグリーンのムール貝はNZで独自に品種改良されたタイプで、日本で見られるムラサキガイより大きく肉厚、ホタテやカキと同列に扱われるくらい世界的に有名な海産物なんだそうです。

そのムール貝料理で名を馳せているのが、オークランドの「ザ・オキシデンタル」。

ここはトリップアドバイザーでも上位につけ、日本語のガイドブックにもたいてい載っている有名レストラン。
値段もリーズナブル、ニュージーランドビールも飲めるとあって、よし!ここにしょう!とランチの時間に友人を連れて4人で訪ねてみました。
オークランド ザ オキシデンタル
▲ザ・オキシデンタルの店内。気持ちが落ち着くいい空間です。

オークランドの目抜き通りクイーン・ストリートから一本横にそれ、バーやカフェが軒を連ねる狭い通りに「ザ・オキシデンタル」はあります。
外にもテーブル席が備えつけられていて、クラシックな外観がなんともいい雰囲気です。

内装も伝統を感じさせる落ち着きがあって、照明も暗すぎず明るすぎず。席に着くと自然とため息がもれてしまいました。木製のカウンターにビールサーバーが何本も並んでいるのもポイントが高いですね。ちょっと開拓時代の雰囲気さえ感じさせてくれます。

ニュージーランド名物『ムール貝のグリル』

メニューは意外にもたくさんありました。食事メニューだけで一冊、ビール&ワインだけで一冊。ムール貝だけでなく、ステーキなど一般的なメニューも豊富です。

友人らとあれやこれやと悩んで注文したのは、ともかく「ザ・オキシデンタル」的ど真ん中であろう「ムール貝のグリル1kg」。

値段もNZ$30=約2,500円とリーズナブルです。1kg……ってどんな量か見当がつきませんが、4人いるのでまぁ大丈夫でしょう。

メニュー表を読んでみると、グリーン・マッスルと呼ばれるムール貝は、タンパク質、鉄分、オメガ3などが豊富に含まれる、健康に気を使う方にはうれしい、とてもヘルシーな食材なんだとか。

待つこと15分ほどで運ばれてきたのは、大きなプレートにこれでもかと並べられたムール貝!
グリーンマッスル(ムール貝)のグリル
▲グリーンマッスル(ムール貝)のグリル

まるでピザみたいに、チーズやハーブ、オリーブオイル、ガーリックなどがトッピングされています。お、おいしそう……。

口に入れてみると、ムール貝ってこんなにおいしかったっけ!?と思うほど肉厚ふわふわ!
これじゃまるでホタテです。トッピングもムール貝の味を邪魔しすぎない絶妙なアクセント。新鮮なムール貝に、素晴らしい味付け。

なるほど、有名なわけです。当然ながら一口サイズなのでついついすぐに次の手が伸びてしまいます。
グリーンマッスル(ムール貝)のグリル
でも……、1kgって意外と個数にすると30個くらいなので、4人で食べると1人あたり7~8個……。
勢いを必死に抑えながら食べることになってしまいました。

この失敗を踏まえると、2~3人でムール貝1kgを注文して、あとはNZビールやスナック(フライドポテトなど)を注文すれば、店の雰囲気にあった料理を楽しめると思います。

読者諸君にあっては決してムール貝の取り合いにならないように注文しましょう(笑)。

ザ・オキシデンタルの詳細

場所はオークランドの目抜き通りクイーン・ストリートからすぐです。
HPによると、もともとは1870年に当時としては一流のホテルとしてスタートした建物をレストランとして使っているようです。まさに開拓の時代に建てられた建物だったんですね。

予算は2人で50ドルくらい。お店はそこまで広くないので、週末の夜は予約を取った方がよいでしょう。

The Occidental Belgian Beer Cafe
住所:6-8 Vulcan Lane, Auckland
電話:09-300-6226
営業時間:平日:07:30~深夜、週末は09:00~深夜
定休日:なし
公式HPはこちら

外食をする機会が……

僕は基本ほとんど外食をしないんですが、最近必要に迫られて(笑)外で食事をする機会が増えてきました。せっかく世界各国色とりどりの食事が楽しめる街(オークランド)にいるんだから、外食も楽しまないと損ですね。
オキシデンタルのムール貝は個人的に大ヒットでした。ニュージーランド料理の探求はまだまだ続く……かもしれません!?

この記事を書いた人

外山みのる

外山みのるアウトドアライター

1984年愛知県生まれ。ニュージーランド(オークランド)在住。20代はバックパッカーや一万キロ海外自転車旅など世界を放する。2015年に念願だったアウトドア天国NZへ移住し、国際結婚・留学・仕事と毎日奮闘中。NZウェブマガジン『ネイチャーニュージーランド』運営。多方面に観光、エコツアー情報を発信しています。