こんなところに日本食!地元民にも愛されるボリビアの日本食レストラン事情
ボリビア

こんにちは! 南米大陸の真ん中の国ボリビアに在住しているZICです。

日系人が14,000人ほど住むと言われるボリビア。実は今、そのボリビアで日本食が注目されています。日本人の文化が評価、尊敬され、日本食も徐々に受け入れられているのです。

日本食レストランも増えてきていて、ちょっとしたブームになっています。そんなボリビアの日本食事情についてご紹介します。

ボリビアの首都ラパスの日本食レストラン


世界で1番標高の高い場所にある首都として有名な、ボリビアの首都ラパス。標高3,800mの場所に造られた町です。ボリビアの経済の中心地として栄え、大都市の様相を見せてくれます。

ken-chan(けんちゃん)

そんな首都ラパスには日系人が多く在住しており、彼らが経営する日本食レストランも多くあります。その中で一番有名なのが、ラパスのほぼ中心に位置するken-chan(けんちゃん)というレストランです。

日本人旅行者の憩いの場となっているだけでなく、外国人旅行者も訪れることの多い日本食レストランです。

また、このレストランがある建物にはラパス日本人会の移住資料館があり、その移住の歴史を見ることもできます。非常に興味深いです。

入り口はまさにJAPANを思わせる作りになっていてホッとしますね。ちなみにこのレストランは畳の間も用意されていて、日本に帰ってきたかのような安心感があります。

日本の漫画がたくさん置いてあります。ボリビアにいることを忘れてしまいそうになります。店内には日本の懐メロがかかっているのもまた心地よいです。

そして、肝心のメニュー。ヒレカツ定食を頼みましたが、本当においしかったです。みそ汁や漬物、ガリがあったのが個人的には嬉しかったです。本当に日本の味を思い出します。ボリビアでも日本食を再現できるものだなぁと。

ken-chan(けんちゃん)
Federico Zuazo, La Paz, ボリビア

MOSHIMOSHI(もしもし)


最近ボリビア人の間で寿司がちょっとしたブームになっています。ボリビア人と友達になったら、寿司を作れるか?と聞かれると思います。現地で作ってあげれば喜ばれること間違いなしですが、それが難しかったら日本食レストランでお寿司を頂きましょう。

ラパスの中心地を少し上った場所の、MOSHIMOSHI(もしもし)という日本食レストランではお寿司を食べることができます。ちなみに、先ほどのケンちゃんでもお寿司を食べられます。

MOSHIMOSHI(もしもし)
Avenida Pnta Baja edificio Boticceli,La, Ecuador, La Paz, ボリビア
公式FBはこちら

ボリビア第2の都市サンタクルスでは

サンファン日本人移住地とオキナワという2つの日本人移住地があるボリビア第2の都市サンタクルスでは、日本食が比較的身近です。日本食ショップもあり、日本食レストランも充実しています。

Resturante Japones Sarai(サライ)


こちらはサライというレストランの餃子定食です。

Resturante Japones Sarai(サライ)
Beni Rd, Santa Cruz de la Sierra, ボリビア
公式FBはこちら

Restaurant KEN(レストランテ・ケン)


ラパスのケンちゃんの姉妹店、レストランテ・ケンはおそらくサンタクルスで一番有名な日本食レストランではないかと思われます。最近、リフォームされて店がすごくきれいになりました。

日本と同じ味を味わえます。ボリビア料理ももちろんいいんですが、私たち日本人はやっぱり日本食を欲してしまうんだと思ってしまいます。また、脂っこい食事でも漬物などを合わせることで胃へのダメージを抑えるなど、日本食はよく考えられた食べ物だなぁといつも思います。

Restaurant KEN(レストランテ・ケン)
Av. Uruguay 730, Santa Cruz de la Sierra, ボリビア

KUISHINBO(食いしん坊)


レストランテ・ケンの姉妹店であり3年前にオープンしたKUISHINBO(食いしん坊)。こちらでは焼き肉を食べられます。日本に帰ってでも食べたくなってしまう焼き肉を、ボリビアで頂けるのは嬉しいところ。他にも定食メニューが充実していて、ボリビア人にも人気のお店。

そのほか、沖縄出身の方が移住されて作られた町、オキナワがあるサンタクルス県では、沖縄そばを食べることもできます。この写真のお店でははっきり沖縄そばの文字が。日本食、日本の文化もさることながら沖縄の文化もこのボリビアでは根付いています。

KUISHINBO(食いしん坊)
Av. Beni entre 3er y 4to anillo, calle 6 oeste Nº 601
公式FBはこちら

ボリビアでも日本食が手に入る


海外生活でどうしても困るのが調味料。日本から持ってこられる分にも限界がありますよね。その点、ボリビアでは、日本の調味料が比較的手に入れやすいです。

例えば、醤油。アジノモトが出している醤油がボリビアでも流通しています。少し味は濃いですが、日本の醤油とほぼ変わりなく使えます。現地で醤油が手に入るのはとてもありがたいです。

他にも少し値段は高いですが、ラパスやサンタクルスでは日本食ショップ、スーパーのようなものがあり、日本から取り寄せた食材や調味料を買うこともできます。普段買いには少し高いですが、どうしても日本の味が恋しくなった時には買えるという安心感があります。

日系人も多く住むこのボリビアで少しずつ根付いている日本食文化。おいしさだけでなく健康的であるという点でもボリビア人の間で評価されています。ぜひ一度見に来てくださいね。

日本食のありがたさ

どれほどその国に馴染んで楽しめても、やはり食事は別という事があると思います。その国の食事に馴染めずホームシックになるのも海外生活のあるあるです。ボリビアは日系人が多く住む場所で、比較的日本食が手に入りやすいだけでなく、日本食を展開しているレストランが何軒もあるのは大きなメリットです。それだけで本当に安心できます。

やはり、日本食を食べたときに、ああ自分はやっぱり日本人なんだと実感します。ボリビア人も日本食が大好きですので、もしこちらで機会があればぜひ作ってみてください。きっと喜んでもらえます。世界でも高く評価される日本食は、ここボリビアでも着実に根付いているんだなぁと思う今日この頃です。

この記事を書いた人

ZIC

ZIC

南米ボリビア在住。ウユニ塩湖以外にも見どころはたくさんあり、現地から見つめた旅の情報を楽しくお伝えできればと思います。また南米各地の魅力あふれる情報もお伝えしたいと思います。

チャンネル

チャンネルをもっと見る