• その大きさ、日本の2倍。ドイツのケーキ事情を食べ比べながら調査! | TRIP'S(トリップス)

    その大きさ、日本の2倍。ドイツのケーキ事情を食べ比べながら調査!
    ドイツ

    ドイツといえば「ビールとソーセージ」といった印象を抱く人も多いかと思いますが、意外や意外、ドイツはスイーツ大国でもあります。

    カフェのケースに並ぶのは色とりどりの美しいスイーツたち。ケーキの大きさは日本の2倍はありそうですが、1切れの値段は2~3ユーロほどとかなり安いのが嬉しいところ。素材の味を活かした甘すぎないケーキは、老若男女問わず幅広い世代から好まれています。

    ここまで読んで皆さんもドイツのケーキを食べたくなりましたか?「でもどのケーキを食べればいいか分からない」という方の為に、ドイツを代表するケーキ、人気のあるケーキの中から筆者のおすすめを紹介します。

    日本でも人気のチーズケーキ


    日本でもチーズケーキが好きな人は多いですが、ドイツでもチーズケーキは人気。ドイツの場合はクリームチーズの代わりにクヴァークやシュマントという乳製品を使うのが一般的です。

    そのため味も「こってり」というよりは「さっぱり」していて、大きい割にはペロリと平らげることができます。フルーツの入った物やシュトロイゼルが乗ったものなど、様々なバリエーションがありますよ。

    ビーネンシュティッヒ


    日本語に訳すと「蜂の一刺し」という面白い名前のビーネンシュティッヒ。スライスアーモンドとキャラメルで表面をこんがり焼いたスポンジには、バターとカスタードを混ぜたクリームがサンドされています。

    筆者も大好きなこのケーキですが、かなり食べにくかったりもします。というのも、キャラメリゼされた表面が固いので、上からフォークで切ろうとするとクリームが全て横からはみ出てしまうのです。

    とはいえ、香ばしいアーモンドの表面、フワフワのスポンジ、そしてクリームの絶妙な組み合わせは最高ですよ。

    シュヴァルツヴァルダーキルシュトルテ


    シュヴァルツヴァルダーキルシュトルテこと「黒い森のさくらんぼケーキ」は、その名の通り南西ドイツの黒い森をイメージしたケーキ。

    黒い森特産のさくらんぼやキルシュワッサー(さくらんぼのリキュール)を使いながら、チョコスポンジを黒い森、クリームを雪に見立てています。

    キルシュワッサーをたっぷり使用するので、アルコールも効いてかなり大人の味。お酒入りのチョコなどが好きな人にはぜひ食べてほしいです。

    アプフェルシュトゥルーデル


    簡単に言ってしまえば「りんごパイ」の様なお菓子はオーストリア発祥ですが、ドイツでも親しまれています。パイとの違いは生地がかなり薄いということ。

    アプフェルシュトゥルーデルはりんご(アプフェル)を包んだものですが、他にも先ほどふれたクヴァークや、さくらんぼを使用したものなどもあります。

    カフェで食べる際は、温めたものにバニラソースやバニラアイスを添えるのが一般的。ほんのり酸っぱいりんごと、甘いソースやアイスのハーモニーは絶品です。

    夏はアイスも

    ドイツ人はアイスが大好き。夏になるとカフェにアイスメニューが登場するほか、アイス専門のカフェも営業を開始します。

    そこでみんなが食べているのが大きなアイスパフェ。アイスや生クリーム、シロップなどで盛り付けたパフェをカフェの外の席で食べるのが、夏の楽しみでもあるのです。

    アイスパフェの種類も様々で、カフェによっては先ほど紹介したシュヴァルツヴァルダーキルシュトルテをイメージしたものもあったりします。

    筆者が好きなのはアフターエイトをイメージしたパフェ。その名の通りミントアイスやチョコアイスなどが使われ、上にはちゃんとアフターエイトのチョコも乗っています。

    最後にカフェでの注文の仕方


    大体のカフェではショーケースの前で食べたいケーキを注文します。その際はケーキの名前を言っても良いですし、名前が分からなければ指差しでも大丈夫。

    すると店員さんがケーキ番号などを書いた紙をくれるので、それを自分の席に持って行きます。しばらくすると別の店員さんが飲み物の注文を取りに来るので、その際にさきほどの紙を渡しましょう。

    美味しいコーヒーと美味しいケーキでドイツのカフェタイムを楽しんでください。

    アイスカフェにご用心

    ドイツで冷たいコーヒーが飲みたい時、「アイスカフェください」といっても冷たいコーヒーはでてきません。代わりに写真のようなアイスと生クリームが乗ったコーヒーが出てきます。これはこれで筆者は好きですが、友人の中にはしらずに注文してビックリという人も少なくありません。

    そもそもドイツには冷たいコーヒーを飲む習慣があまりなく、カフェのメニューに載っている事の方が珍しいほどなんですよ。
    アイスカフェにご用心

    この記事を書いた人

    Mops

    Mopsドイツ在住ライター/ドイツ語翻訳

    2012年よりドイツ在住。現地でパートナーと知り合い、現在はヘッセン州のとある街に2人で暮らしています。旅行と食べる事が大好きで、旅の目的は「地元の名物」を食べること。ドイツを中心に在住者だからこそ分かる便利な旅情報やイベント、穴場スポットなどをお伝えします。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る