在住者が徹底解説!香川県・栗林公園の歩き方
日本

香川県高松市に位置する「栗林公園(りつりんこうえん)」は、国の特別名勝に指定されている歴史公園。香川県を代表する観光スポットで、外国人もたくさん訪れています。

四季折々の景色だけじゃなく、こだわりの素材を使用したランチや、香川県産の厳選お土産、お茶席など、グルメも盛り沢山! 今回は、広大な敷地の中にあるオススメポイントをいくつかご紹介いたします。

“栗林”だけど松がいっぱい!


“栗林公園”という名前から想像すると、栗の木が沢山あるのかなー?って思いますが、沢山あるのは実は松の木。園内に約1,400本もあります。

文化財庭園の中では、国内最大の広さを誇る栗林公園。庭園として見るとかなり広大な敷地ですが、くまなく散策しても、さほど疲れない丁度良い広さ。

遊歩道はいくつもルートがあるので、気の向くままにウロウロ散策できます。

全て平らな地形という訳ではなく、程よく高低差が付けてあるので、様々な景色を楽しめます。

草花や野鳥を観察したり、森林浴ができる癒しスポット。2009年3月発売の『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で、”わざわざ訪れる価値のある場所” として最高評価の3つ星を獲得しているのも注目ポイント!

有料になりますが、和船に乗船することもできます。南湖周辺の美しい庭園風景を水面から眺めるのもまた格別。

園内中心部や北エリアには梅林が。その他にも桜の見どころや蓮の池などもあるので、季節ごとに様々な花を観賞することも可能。

また、野鳥も沢山飛来するので、鳥好きな方も要チェック!

歩き疲れたら創作イタリアンでランチ&カフェ!


「ガーデンカフェ栗林」は、2015年の商工奨励館リニューアルと共にオープンした、創作イタリアンとカフェのお店。香川県産の素材や加工品などを使用した、特別な一品を頂くことができます。

天井が高く、開放感のあるオシャレなインテリア。日本の雰囲気も残しつつ、現代風の親しみやすさも兼ね備えています。ランチやスイーツはもちろん、飲み物だけでもOKなので、気軽に利用できます。基本月曜日はお休みなのでご注意を!

“讃岐のおもてなしパスタ 小豆島 島パスタ ペペロンチーノ” (サラダ付 1,296円)

香川県産ニンニクと小豆島産オリーブオイルのペペロンチーノ。”島パスタ”という瓶詰めのパスタソースを使用しており、細か刻んだオリーブの実やニンニクがたっぷり! ピリ辛ソースとモチモチパスタの組み合わせが癖になる一品。

香川県伊吹島産カタクチイワシのオイルサーディンがトッピングされています。麺は、オリーブオイルを練りこんだ「オリーブパスタ」を使用。パスタソースや麺は、東門のお土産ショップ「栗林庵」でも購入できるので、帰りにチェックしてみましょう。

“讃岐のおもてなしデザート盛り合わせ” (1,296円)

シェフおすすめのデザート3種が、日替わりで盛り合わせられる一品。この日の盛り合わせはチーズケーキと宇多津の天然塩アイス、讃岐産旬のフルーツと希少糖入りマチェドニア。

チーズケーキはレモンの酸味が少し効いていてさっぱりしつつ、しっとり濃厚。アイスは甘さの中に塩が効いており、ミルクベースで濃厚だけど、変な油脂感も無くさっぱり食べられます。

明治の面影を残す商工奨励館


商工奨励館は、明治32年に「香川県博物館」として建築された建物です。外観は当時の雰囲気をそのまま残されていますが、内装は綺麗に改築されており、伝統的工芸品の展示、たまに実演なども行われています。

民具が沢山展示されている讃岐民芸館


東門から入るとすぐ右手にある建物は「讃岐民芸館」。少し地味で規模が小さく感じますが、実は中庭の向こうに”蔵”を改築した展示スペースもあるので、意外と見応えたっぷり。香川漆器や理平焼や瓦、江戸時代のタンスなども展示されています。

蔵の中庭は非常に綺麗なので、こちらも要チェックです!

園内に複数ある売店


栗林公園内には、売店が点在しており、ソフトクリームや飲み物なども販売されています。休憩スポットがいくつもあるので、お年寄りの方でもゆっくり散策できますよ。

園内で朝粥!?


上記の売店「花園亭」の離れにあたる「泛花亭(はんかてい)」では、予約すると朝粥を頂くことができます。北湖を眺めながらの朝食はとても優雅で格別! 昼も要予約になりますが、松花堂弁当や会席なども頂くことも可能。

喫茶メニューだと予約なしで気軽に利用できます。

「飛来峰」からの眺めは必見!

南東にある「飛来峰(ひらいほう)」は、園内随一の絶景ポイント。小高い山頂から望む南湖と偃月橋(えんげつきょう)がとても素敵です!

タイミングが良ければ、和船も一緒に撮影することも!

偃月橋の向こうに見える小さい島の中には、1つだけハート形に刈り込まれたつつじが! これは”恋つつじ”と呼ばれており、見つけると恋愛成就するとかしないとか(笑)。

「飛来峰」の北側、「芙蓉峰(ふようほう)」からの眺めも素敵なので、こちらにも登ってみましょう。

奥にある紫雲山(しうんざん)の借景もあいまって素敵な景色!

春はお花見スポットとしても人気。北門すぐ近くの芝生広場や、東門すぐ近くの桜標本木付近ではレジャーシートを敷いてお花見ができるので、宴会も楽しめちゃいます! 桜や紅葉の季節は夜間ライトアップが行われて、夜の雰囲気もまた素敵なのです。

 オススメは一番奥の”吹上”エリア


栗林公園内にある池の水源地である “吹上” は、飛び石や苔がイイ味を出していて非常に落ち着ける素敵なスポット。南東の端になりますが、売店「吹上亭」もあるので、とりあえずここを目指して散策すると良いでしょう。

非常に綺麗な錦鯉が沢山います!

「吹上亭」では、お抹茶や焼き団子などを頂くことができるので休憩に最適!

気軽にお茶席を楽しめる掬月亭


南湖の北付近にある掬月亭(きくげつてい)では、気軽にお茶席を利用することができるのでぜひ立ち寄りたいスポット。抹茶か煎茶の料金を支払うと建物内を見学することが可能。

抹茶付きは大人700円・小人500円、煎茶付きは大人500円・小人400円。 お茶菓子も付いてきます。

綺麗に手入れされた庭や南湖を眺めながら、ゆったりお茶を頂ける素敵な空間。

たまに練り切りが出されることも。この写真は2017年元旦に訪問したときのものですが、干支である”酉”をモチーフにした可愛らしい練り切りでした!

掬月亭オリジナルの茶碗もあったり。

非常に風情のある建物自体も見どころのひとつ。以外と広い室内を自由に見て回ることができます。

南湖を眺めながらのんびり過ごせるのでオススメ!

南湖を周遊している和船がすぐ近くを通ったり。

最後に是非寄りたいお土産ショップ「栗林庵」


東門を出てすぐにある「栗林庵」は、香川県産の商品を中心とした、こだわりの品ばかりが取り扱いされているお土産ショップ。


店内には、お菓子や瓶詰め加工品、お土産用うどん、アイス、調味料などの食品類や、オリーブのスキンケアアイテム、うちわや漆器といった、多数の魅力的な商品が並んでいるので、見ているだけでも面白いです。

先ほど紹介した「ガーデンカフェ栗林」のパスタに使用されているソースや麺もこちらで購入可能。パッケージもオシャレなのでお土産にも最適!

“仁尾”のレモンを使用した塩や、”伊吹島”のマイワシを使用したオイルサーディン、”さぬき市”にある桃農園の白桃アイスなど、和三盆だけじゃなく様々な香川県産グルメ商品が沢山あります。無添加の商品も色々あるので、食の意識が高い人にもオススメ!

“瀬戸内ジェラ”は瓶入りの可愛らしいシャーベット。お土産にすると溶けちゃいますが、その場で食べてみるのも良いかも!

※文章内の価格は全て税込。

栗林公園
香川県高松市栗林町1丁目20番16号

気軽に楽しめるお茶席は必見!

グルメあり、ショッピングあり、見どころありの栗林公園は、高松の中心部からアクセスもしやすく、香川を観光する際には是非立ち寄りたいスポット。特にお茶席は初心者でも安心して利用できるのでオススメです!
気軽に楽しめるお茶席は必見!

この記事を書いた人

たむ

たむトラベル・グルメライター/絶景・パン・スイーツマニア

パン・スイーツ(洋菓子)、絶景スポットなどが好きで、主に関西・四国エリアをウロチョロしています。フォトジェニックなスポットや美味しいもの、オシャレカフェなどをお届けしていきます!

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る