• モスクの中におしゃれな喫茶店!パリのモスクのサロン・ド・テでアラビアンスイーツを食す | TRIP'S(トリップス)

    モスクの中におしゃれな喫茶店!パリのモスクのサロン・ド・テでアラビアンスイーツを食す
    フランス

    「フランスにあるグランド・モスケ・ド・パリには、サロン・ド・テが併設されている」という噂を聞き、どんな感じだろう?と全く想像が出来ないまま、とりあえず行ってみました。

    カルチェ・ラタンにモスクあり

    グランド・モスケ・ド・パリ
    メトロ7号線のPlace Monge駅からほど近い距離にあります。白い壁はパリの街並みに馴染んでいて、気づかず通り過ぎてしまいました。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    入口までたどり着いちゃえば、幾何学模様の彫刻の美しさから迷子の心配はいりません。

    「グランド・モスケ・ド・パリ」を見学

    グランド・モスケ・ド・パリ
    礼拝所等一部を除き見学可能です。入口でチケットを購入します。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    モザイクタイルの回廊はどの角度から見ても綺麗です。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    真っ白なパティオ。屋根付きでした。パラパラと観光客がいます。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    ここを抜けると、
    グランド・モスケ・ド・パリ
    異国情緒溢れる庭園がありました。床まで鮮やかなんですね。日本人の私には、水の抜かれた水路ですら風情が感じられます。

    中東にいるのか? フランスにいるのか? もはやどこにいるのか、わからなくなります。階段に座り、会話を楽しんでいる方もいました。

    いざ「サロン・ド・テ」へ

    グランド・モスケ・ド・パリ
    見つからず警備の方に伺うとと「モスクを出て左へ進み、左に曲がるありますよ」と教えてもらい、白い壁沿いを歩いて行くと、同じ敷地内にありました。

    植物園側が入口です。サロン・ド・テでは、先ほどのチケットは不要でした。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    サロン・ド・テなので“カフェよりちょっぴり高級感があり、紅茶を楽しめる場所”というイメージで訪れましたが、ヨーロッパ感はゼロでした。

    ミントティーで休憩

    グランド・モスケ・ド・パリ
    入ると「お茶ですか? ご飯ですか?」と聞かれたので、「お茶とスイーツをお願いします」と伝えると、手前の席に通されました。奥がレストランのようです。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    ちなみに手前の入口付近にはテラスもあり、彩り豊かなタイルは見ているだけで心躍ります。大変賑わっていました。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    カフェは、椅子席とソファー席があります。座り心地の良いソファーでした。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    天井や電球等、360度楽めます。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    「ティーですか? コーヒーですか?」と聞かれたので「ティーをお願いします」と言ってみると、紅茶ではなく名物の「ミントティー」が出てきました。小さ目のコップです。

    味はミントというよりは、ミントシロップを暖かいお茶で割ったような激甘ドリンクでした。中東の甘味経験者なら理解できる甘さですが、初体験の方はご注意下さい。甘党且つ疲れが溜まっていた私にはちょうど良い甘さでしたが。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    「スイーツメニューを下さい」と伝えると、「入口で頼んで下さい」と言われたので、入口のショーケースの所へ行きました。

    種類豊富です! ロクムやバクラヴァ等日本ではあまり出会えないアラビアンスイーツにテンションがあがり、お腹一杯でしたが2つ頼んじゃいました。飲物とは別会計でその場でお支払いをし、自分で机まで運びました。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    金色のお盆のような机も可愛く、食べたい気持ちと写真に収めたい気持ちと忙しかったです。
    グランド・モスケ・ド・パリ
    三日月型で粉砂糖に覆われたお菓子は、ガゼルをモチーフにしたアラビアンスイーツですかね。

    外はさっくりとした生地で、中はマジパンのような食感でした。オレンジのようなスミレのような香りが特徴的でした。黄緑色のお菓子もマジパンのような食感でした。ずっしりとしていて食べ応えがかなりありました。

    不思議な気分を味わえるスポットでした。

    La Mosquee de Paris
    39 rue Geoffroy Saint-Hilaire, 75005 Paris
    公式HPはこちら

    近隣の植物園・リュテス闘技場・パンテオン等も是非

    モスクの目の前は、無料で楽しめる植物園です。特に珍しいお花は見当たりませんでしたが様々な種類が植えられており、大変広いのでのどかな時間を過ごせます。あちこちにあるリアルなライオンの像もぜひ。なお、植物園内の動物園はお金がかかります。

    リュテス闘技場は、降りる事も上から眺める事も出来ます。絵を描いている方もいましたよ。パンテオンまでも徒歩圏内でした。フラフラ見て歩くだけでも充分楽しめる地域です。更に足を伸ばせるようであれば、リュクサンブール公園も癒しスポットで良かったですよ。

    この記事を書いた人

    木村彩乃

    木村彩乃アナウンサー/スイーツコンシェルジュ

    NHKでのキャスターを経て、フリーアナウンサーに転身。スイーツコンシェルジェとしても活動中。
    趣味は旅で約25カ国へ。旅のメインは“食”です。韓国でマッコリソムリエ、ベトナムでベトナム料理検定を取得。日本では、スイーツ・チョコレート・ダイエット等の資格を取得。“旅×食”彩り豊かな情報をご提供致します!

    Instagram【https://www.instagram.com/ayano.sweets】

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る