パリの隠れた名物「ファラフェル」を味わうべく、人気店に行ってみた
フランス

ファラフェル

パリには、他の国からきたおいしい料理がいくつもあります。その中の1つが中東生まれのサンドイッチ、ファラフェル。

今回、パリのマレ地区にある人気のファラフェル店に行ってきたので、その様子お伝えします。

ファラフェルって何?

ファラフェルとは、そら豆やひよこ豆をつぶしたものに香辛料を混ぜて揚げた、丸い小さなコロッケのようなもの。

パリでファラフェルというと、さらにそれをトマトやきゅうりなどの野菜と一緒にピタパンのようなものに挟んであるサンド状のものを言います。

食材の説明だけ聞くと「野菜たっぷりだけど、肉は入ってないのか。なんだか物足りなさそう……」と思いませんか?

肉食派の私は……、すみません、正直なところちょっと思ってしまいました(ちょっとですよ? 本当にちょっと)。

そんな失礼な印象を持っていた筆者ですが、パリ市内のマレ地区にある人気ファラフェル店L’AS DU FALLAFEL(ラス・ドゥ・ファラフェル)に実際に食べに行ってきました。

気軽に味わえる異国

ファラフェル店舗
いつ行っても並んでいるので、多少の行列は覚悟の上です。

お店の前に行くと、「ボンジュール、ファラフェル?」と、通り行く人に謎のあいさつを繰り広げている人がいます。

え?と不審に思っていたのですが、この方、店員さんでした。見ていると、お店の前を通る人のほとんどがみるみる列に並んでいく!

そのぐらい人気なので、店員さんのその行動にも納得です。むしろお店を探してる側にはありがたいですね。
ファラフェルメニュー
値段はひとつ6.5ユーロ。注文は、列に並んでいるときに店員さんに伝え、支払いもその場で済ませます。
ファラフェルレシート
そうすると、何をいくつ買ったかの用紙がもらえます。それを窓口に出して商品を受け取ります(写真の用紙はファラフェル2人分)。

いつ見ても並んでいますが、回転が速いので行列から想像するほど待たないかと思います。実際、この日は12時頃に行って6、7人並んでいましたが、受け取りまでに5分かかりませんでした。

お肉を使ってなくてもボリューミー!

ファラフェル
さて実際に食べてみてですが……

「ファラフェルさん、失礼な先入観を抱いていて、申し訳ありませんでした!! 物足りないのかな?などとは、今後はいっさい思いませんので!!」という感じでした。

ファラフェルボールは上に見えるだけでなく下のほうにもゴロゴロと入っていたので、合計で6、7個はあります!

野菜は紫キャベツ、トマト、きゅうり、揚げナスが入っていましたが、私は特にこの揚げナスがとても気に入りました。

さらに香辛料が効いていて、味もしっかりしています。パンも厚く食べ応えがあり、全体的にボリューム満点!

たくさんの食材が入っているので「これも入ってる! あ、これも!」という感じで発見しながら味の違いを楽しみ、飽きずに食べられました。

かけてくれるソースは2種類

ちなみに買うときに「ピーカン?(辛いソースかけて大丈夫?)」と聞かれたので、とりあえずかけてもらうことに。写真の赤いソースがそれです。これがかなりよい仕事をしてくれます!

白いソースのほうは、シーザードレッシングのような野菜に合う少しすっぱめのソースでサラダ感覚なのですが、この赤いソースがかかることによってパンチが出て、おかず感を感じることができます!

辛いのが苦手でなければ、かけてもらうといいかと思います。

店内でも食べられますが、ほとんどの人がテイクアウトをしていきます。散策が楽しいマレ地区にあるので、ファラフェルを片手にぶらぶらするのも楽しいですよ。

L’as du Falafel
32 Rue des Rosiers, 75004 Paris, フランス
営業時間
日 – 木 午後 12:00 – 午前 12:00
金    午後 12:00 – 午後 3:00

4年前からの念願2つ

私がファラフェルの存在を知ったのは、4年前にパリに滞在しているときでした。もともとが肉食なのと、パンやビストロ料理などのフランスならではの料理に優先順位をとられて、結局食べられずに帰国。

それからずっと後悔していましたが、今回やっと食べることができ、満足満足!です!

ちなみにファラフェルを食べているとき、このマレ地区にもう1つ行きたかった場所があることを思い出しました。それがピカソ美術館。4年前は改装中で敷地内に入ることもできませんでしたが、2014年にリニューアルオープンしているということで、こちらも先日行ってきました!

館内は絵画だけではなく、ピカソ本人の写真や手紙なども展示されています。本人写真の展示があることで、そっか、比較的最近の画家なんだなとあらためて思いました。

自分の考えや趣向が変わり、また周りのタイミングもめぐって、できること、行ける場所が増えていく感覚がとても好きです。
4年前からの念願2つ

この記事を書いた人

チカさん

チカさん日本語教師

現在パリ在住。2018年3月帰国予定。 滞在中はフランスの日常を体験しながら、近隣国も含めてぶらっと訪れる予定です。 初めてのこと好き!実際に経験してみることも好き! 行きたい!と思ったら、一人でもわりとどこへでも行っちゃいます。 車好きの父の影響で、幼い頃からヨーロッパ車が身近にあったこともあり、最近 特に興味を持ち始めました。 昨年、日本国内でサーキットデビューしました! 「大人しそうに見えて、ご活発ですね」と最近よくほめられ(?)ます! ちなみに、英語しゃべれません! フランス語も・・・ちょっとしかしゃべれません! ジェスチャーと単語と行動力だけで、ハプニングもありながらなんとか乗り切ってます。 それでも旅はできるんだなと、ちょっと出かけてみようかなと、そう思っていただけるような、小さなきっかけと大きな情報をお伝えできたらいいなと思います。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る