現役パティシエと共に、パリ・モンマルトルのパティスリーを巡るとこうなった
フランス

観光地として有名なモンマルトルは、パリで1番高い丘。ルノーの創業者 ルイ・ルノーが、自分の発明した車の性能を見せるために、ここモンマルトルの坂道を登ってみせたという話があるほどです。

そんなモンマルトル周辺は、パティスリーやパン屋がたくさん集まっている地域でもあります。坂道が多いので、履きやすい靴をお供に、いざ散策です!

階段と坂に負けない心を持っていこう!

12番線のAbbessesという駅で降りて、さっそく散策開始!

駅のホームに降りたら、地上まではエレベーターに乗ることをつよ~くオススメしますよ。私は「エレベーターか、ふ~ん。」とあまり気にせずに、いつものように階段をチョイスしましてね……。
abbesse階段
階段にはかわいらしい絵が描かれているのですが、これが癒しにならないほどの、いつまで続くの?とつぶやいてしまいそうになるぐらいの段数があるんですわ……。

わざわざでも行く!「ジルマルシャル(Gilles Marchal)」

まずは駅から少し坂を上がって、ジルマルシャルへ。
ジルマルシャル外観
お店と道路の境目を見ると、この近辺がどれだけ坂になっているかがわかりますね……。うん……。
ジルマルシャル ドアノブ
ドアノブがマドレーヌ! 壁紙もマドレーヌです!
ジルマルシャル店内
ジルマルシャル ヴィエノ
店内には、チョコレートや生菓子、ヴィエノワズリーがずら~っと並んでいます。
ジルマルシャル店内
日本では特にチョコレートが有名ですが、ここの隠れた主役は焼き菓子だと思います。
ジルマルシャルクッキー
目にとまった、サクレクールの形のザブレ~! モンマルトルならではですね!

ジルマルシャルのマドレーヌ、最高!

私がとくに好きなのが、マドレーヌです!
ジルマルシャルマドレーヌ
プレーンの他に、チョコレートやピスタチオやフランボワーズ……。日によって並ぶ味が若干違うようですが、迷っちゃうぐらい種類があります。

レアな味として、実はトリュフもあるそうです! 1つ(1.6ユーロ~)から買えます。
ジルマルシャルマドレーヌ
この日、並んでいた種類を一通り買ったら、こんな感じ。紙袋に入れてくれて持ち帰りができますが、できるだけ早く食べたほうがおいしいとのことだったので、マドレーヌ片手に散策もいいかもしれませんね。

どれもしっかりと作られていておいしかったですが、私はシトロン(レモン)とオレンジの柑橘系がとくにお気に入りです! 午前中に行くのがオススメですよ~。

Pâtisserie Gilles Marchal
9 Rue Ravignan, 75018 Paris
公式HPはこちら

マルティール通りを歩こう!

Abbessesの駅に戻ってサクレクールに背を向ける方向に坂を下るように進んでいくと、マルティール通り(Rue des Martyrs)という道があります。

ここは、右にも左にもパティスリーやブーランジェリーが並ぶ、テンションが上がる通りです。

車両進入禁止の看板を目印に?

マルティール通り
おちゃめ心溢れる看板をたびたび目にしますが、このデザインは初めてみました! レアだと思います! だいたいこの辺から、右に渡ったり左に渡ったりの楽しい散策が始まります。

おもわず入っちゃう「セバスチャンゴダール(SEBASTIEN GAUDARD)」

セバスチャンゴダール外観
セバスチャンゴダール
季節のせいもあるのか、ガトー全体の色味が全体的に落ち着いていました。
パリブレスト
ここではピュイダムール(Puits d’amour)という、愛の泉という意味のステキなネーミングのガトー(左)と、市内のパティスリーではよく見かけるパリブレスト(右)を購入しました。

パリブレストとは、パリとブレストの間を走る自転車レースを記念して作られたお菓子なのだそうです。だからタイヤみたいなリング型が多いんだなぁ、納得!

ただこのパリブレスト、よく見かけるものと形が他と違う!? 通常はリング型をしていますが、ここのは丸型でした。

Sébastien Gaudard
22 Rue des Martyrs, 75009 Paris
公式HPはこちら

変わったマドレーヌが楽しめる!「マドモアゼルマドレーヌ(Masdemoiselles Madeleines)」

マドモアゼルマドレーヌ
お店の名前もかわいいですね。マドレーヌ専門店なのですが、なんと言っても種類が豊富!
マドモアゼルマドレーヌ店内
マドモアゼルマドレーヌ店内
マドモアゼルマドレーヌ店内
マドモアゼルマドレーヌメニュー
あまい系のはもちろん、サレ(salèe)と呼ばれているしょっぱい系のものもあるのが特徴です。
マドモアゼル箱
持ち帰りだと、しっかりした箱に入れてくれて専用のケースに1つずつ入ってます。オシャレですね!

Mesdemoiselles Madeleines
37 Rue des Martyrs, 75009 Paris
公式HPはこちら

ほんと、まさにジャムの部屋「ラ・シャンブル・オ・コンフィチュール(La chambre aux confitures)」

ジャム専門店もこの通りにあります。
ラシャンブルオコンフィチュール
壁一面に! ジャム! ジャム! ジャム! お店の人に聞いたら、100種類ぐらいあるそうです。
ラシャンブルオコンフィチュール
店内には、珍しい色のものも並んでいました。白いジャム?

不思議そうに眺めていると、お店の人に「開けてみて」と言われました。「え、でも商品なのに……」と戸惑っていると「開けてみて」とまた言われたので おそるおそる開けてみました。

そしたら固形物が入っていてその瞬間、わかりました。これ、ろうそくです。よく見たら、下にそう書いてありました。

店員さん、言ってよ~! 開けるとき、ドキドキしたじゃ~ん。

La Chambre aux Confitures
9 Rue des Martyrs, 75009 Paris
公式HPはこちら

ほんとに書ききれない!

マルティール通りには、ポペリーニのお店やキャラメル屋さん、チョコレート屋さん、有名ブーランジェリーやパティスリーもあって、通っていてもう大変です!
ポペリーニ
アンリルルーLANDEMANE
散策の際は、エコバックをお忘れなく~!

モンマルトル名物?

モンマルトルのサクレクール周辺にいらっしゃる、銅像さん。
大道芸人
近づくと動いてくれたり、目をパチパチしてくれたり、サービスしてくれる銅像さんです。

ものっすごい労力のサクレクール

一時期ジルマルシャルに飾ってあった、ビスケットで作られたサクレクールです。これ、すごいですよね? かかった時間をと思うと、拍手しかありません。

朝から働くお菓子職人さんたちがいるから、こんなにおいしいお菓子が食べられるんですね。とりあえず、このサクレクール拝んどこう!と思いました。
ものっすごい労力のサクレクール

この記事を書いた人

チカさん

チカさん日本語教師

1年のフランス生活も終わり、日本へ帰ってきました!
言葉が全部通じるのってすばらしい!と実感している今日この頃。
気になることがあるとどんどん質問しちゃう癖が、帰ってきてからひどく(?)なっているようにも感じます。

車好きの父の影響で、自分もサーキットを走ってみたい!と思うようになり、最近はサーキットに行ってちょろ~っと練習しています。
本当にちょろ~っと走っているので、もっと練習して、せめて邪魔にならない程度になることが今の目標です!

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る