• マイナーなフランス銘菓「メンチコフ」、ふわっと溶けて美味しい!シャルトルを巡ってみた | TRIP'S(トリップス)

    マイナーなフランス銘菓「メンチコフ」、ふわっと溶けて美味しい!シャルトルを巡ってみた
    フランス

    メンチコフ

    ガイドブックで見つけたものの、フランス菓子の書籍では読んだことがない「メンチコフ」。どんなスイーツなのか? どこで手に入るのか? 探るべくシャルトルへ行ってみました。

    ソクたびソクたび

    メンチコフって?

    シャルトル観光局のサイトによると「スイスのメレンゲにコーティングされたプラリネで、1893年Franco-Russe同盟の際に作られた」とあります。
    メンチコフ
    結果から言うと、3種購入できました! 密封ではなく、テープやシールでとめられていたり、おリボンが結ばれていたりという袋でした。
    メンチコフ
    お皿に出したらこんな感じです。全て白ですが、少~しずつ色が違います。崩れづらいスイスメレンゲとは言え、スーツケースの中で少しこすれてしまったようです。購入時は全てもっと綺麗でした。
    メンチコフ
    サイズも形も異なります。共通点は、先が尖っている所ですかね。尖っていると言っても見ての通り丸みおびた形ですが。
    メンチコフ
    厚みもお店ごとに異なります。
    メンチコフ
    載せるか迷いましたが……中はこんな感じです。では、購入場所や味について1つずつ書いていきますね。

    La Chocolaterieで発見

    メンチコフ
    シャルトル到着後、軽食屋・ショコラトリー・カフェで聞いて回るも「扱い無し」との返答が続きました……。本当にあるの?と疑い始めて4軒目。「La Chocolaterie」というショコラトリーでようやく発見しました!

    「シャルトルの銘菓ですか?」と聞くと「そうだよ~」と返ってきました! ようやく出会えました!
    メンチコフ
    6個入りで4.5€でした。
    メンチコフ
    水滴や涙のような形です。粉雪のようにふわっと溶けるメレンゲ。中はほのかにジンジャーの香るショコラでした。一緒に口の中で消えていきます。想像通りではありますが、美味しくてシャルトルに行く方は買うべき1品かと思います。

    ちなみにこちらの店舗は、マカロンショップも併設されていて種類豊富なマカロンが並んでいましたよ。カフェも人気のようでした。

    La Chocolaterie
    2 Place du Cygne, 28000 Chartres, フランス
    公式HPはこちら

    Ioos Arnaudでも発見

    メンチコフ
    フラ~っと立ち寄った5軒目にもありました。「Ioos Arnaud」というショコラトリー・パティスリーです。
    メンチコフ
    袋入り・箱入りだけでなく、皿盛りやショコラとのセット等、様々なバージョンがありました。箱には大聖堂が描かれていて、お土産にも良いですね。私は1番小さい袋を8.5€で購入しました。14個位入っていました。
    メンチコフ
    そら豆のような形です。薄らと両面に2本の線が入っていました。

    先ほどのメンチコフと比べると少々固め。とは言えさっくりとメレンゲの優しい食感です。中は濃厚なプラリネ。噛むたびにい~香りが広がり、美味しいです!

    糖度の高いスイスメレンゲはとても甘いので2~3粒で満足できます。日持ちしそうなのでゆっくり楽しめます。

    Ioos Arnaud
    2 Bis Rue du Soleil d’Or, 28000 Chartres, フランス
    公式FBはこちら

    Péchés Gourmands Chartresでも発見

    メンチコフ
    3軒連続で発見し、ウキウキな筆者です。「Péchés Gourmands Chartres」は、チョコレート・ビスケット・キャンディ等色々あるいわゆるお菓子屋さんといった感じのお店でした。

    メンチコフもコンフィズリーとしての扱いのようですね。ちなみにリヨンやボルドーなど、フランス各地にあるお店のようです。
    メンチコフ
    ここではクッキーとのセットがありました。筆者は1番小さい袋を購入。値段は失念しましたが、確か10€で14個位でした。
    メンチコフ
    ハロウィンのおばけのイラストのような(?)形です。ツヤもあります。3種の中で1番大きかったです。片面は平らで、片面は丸みがかっています。丸っぽい方に、1本の線が入っていました。

    前の2種より、更に固めでした。表面はサクッとしていますが、中はふんわりのメレンゲ。買った順に食べただけですが、良い流れで食べられました。厚い分、チョコの比重も高めです。

    Péchés Gourmands Chartres
    2 Rue du Soleil d’Or, 28000 Chartres, フランス
    公式FBはこちら

    違う形のメンチコフも発見

    メンチコフ
    最後にフラッと立ち寄った「Délices Lamarque」にもありました。
    メンチコフ
    既に3種類手元にあったので、購入しませんでしたが7.5€でした。ここのだけ尖っておらず俵型でした。

    様々な飲み物・食べ物を扱っているお土産屋さん風なお店で、筆者はメンチコフ以外のスイーツを沢山購入しちゃいました。試食に頂いたピーチ味のショコラも美味でしたよ~。

    Délices Lamarque
    32 rue des Changes – 28000
    公式HPはこちら

    食べ比べが楽しい!

    3種食べ比べると個性を顕著に感じられ面白かったです。全て徒歩圏内なので是非比べてみて下さい。

    ソクたびソクたび

    シャルトルまで行ったら、大聖堂やショコラも是非!

    今回書いたメンチコフのお店は全て“シャルトルブルー”が有名な「ノートルダム大聖堂」の近くにあります。大聖堂は、2本の尖塔が印象的でした。焼失する前のロマネスク様式と再建後のゴシック様式が共存しているんです。観光がてら、地方菓子を探してみてはいかがでしょうか?

    また、「david lambert」も近くにありました。筆者が訪れた日は残念ながらお休みでしたが、サロンデュショコラで寄る事が出来ました。すると、青いステンドガラスをモチーフにした美しいショコラを扱っていました! 青いチョコ第2弾として流行ったりして?なんて思っちゃいました。
    公式サイトは、http://www.davidlambert-chocolatier.com/です。

    この記事を書いた人

    木村彩乃

    木村彩乃アナウンサー/スイーツコンシェルジュ

    NHKでのキャスターを経て、フリーアナウンサーに転身。スイーツコンシェルジェとしても活動中。
    趣味は旅で約25カ国へ。旅のメインは“食”です。韓国でマッコリソムリエ、ベトナムでベトナム料理検定を取得。日本では、スイーツ・チョコレート・ダイエット等の資格を取得。“旅×食”彩り豊かな情報をご提供致します!

    Instagram【https://www.instagram.com/ayano.sweets】

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る