ラーメン1杯2,500円。豚骨ブームのロンドンの人気店「Kanada-Ya」でトリュフラーメンを食す
イギリス

金田屋

近年、ロンドンに巻き起こっているのがラーメンブーム。

ひと昔前までは、イギリスで本格的なラーメンを食べるなんて夢物語でしたが、ここ数年で新しいラーメン屋が次々とオープン。いまやロンドンは日本に引けを取らないラーメンが食べられる場所だといいます。

特に人気が高いのが豚骨ラーメンで、ロンドンきっての繁華街・ピカデリーサーカス周辺は何軒ものラーメン屋がひしめく激戦区となっています。

そんな中でも絶大な人気を誇っているのが、「Kanada-Ya(金田屋)」。ロンドンで行列ができるラーメン屋の味はいかほどか、ロンドン店ならではのトリュフラーメンを実食してみました。

ソクたびソクたび

福岡の名店「金田屋」がロンドンに上陸

金田屋
ロンドンに次々とオープンしたラーメン屋のなかでも一番との呼び声が高いのが、2014年にオープンした「Kanada-Ya(金田屋)」です。

金田屋は、食べログの福岡ラーメン部門で1位に輝いたこともある名店。日本で口にした金田屋の味に感動し修行したイギリス人のオーナーがロンドンにオープンした暖簾分けです。

カフェ風のおしゃれな店舗

金田屋
ロンドンにあるKanada-Yaは、コヴェント・ガーデン店とピカデリー店の2店舗。いずれもロンドンの一等地です。今回筆者は、コヴェント・ガーデン店にお邪魔しました。
金田屋
白い外観が印象的なナチュラルテイストのカフェ風の店舗は、一見ラーメン屋さんには見えないほどおしゃれ。それだけに、インパクト大のイラスト入りの看板が目を引きます。
金田屋
道路を挟んだ向かいには、博多発の有名店ラーメン屋「一風堂」が。Kanada-Yaほどではないにしてもこちらも盛況で、ロンドンにおけるラーメン人気の高さをうかがわせます。

2軒のラーメン屋に挟まれた道路を、ロンドン名物の2階建てバス「ダブルデッカー」が通る光景は、なんだか不思議。

アジア系の若者に大人気

金田屋
筆者がKanada-Yaに到着したのは、夕食には早い午後17時半。入店時にはまだ席に余裕がありましたが、あれよあれよという間に満席に。店を後にした18時ごろには、入店待ちの列ができるほどになっていました。
金田屋
筆者の来店時は、お客さんの9割がアジア系の若者で、その多くが中国系のようでした。

嬉しそうにポイントカードを差し出していた青年もいれば、スーツケースを抱えてやってきた女性グループもいたので、ロンドン在住者だけでなく観光客にも人気のようです。

あいさつは日本語で

筆者の来店時、Kanada-Yaのスタッフは1人がヨーロッパ人で、あとは東・東南アジア系。日本人の姿はありませんでした。それでも「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」というあいさつは日本語で統一されていました。

BGMはケイティ・ペリー、リッキー・マーティン、ビヨンセなどの洋楽コンピレーション。特に日本らしさはありません。

以前、日本人町があるドイツのデュッセルドルフでラーメンを食べたときは、スタッフのほとんどが日本人、お客さんも半数は日本人、BGMはJポップで日本にいるような錯覚を覚えましたが、ロンドンのKanada-Yaはあくまでも日本文化を取り入れた海外のお店といった雰囲気です。

ロンドン店だけのトリュフラーメン

金田屋
ロンドンのKanada-Yaには、とんこつラーメンやチャーシューメンといったスタンダードなラーメンのほかに、むしろ本家の福岡のお店では味わえない変わりダネがあります。

そのひとつが、お値段14ポンド(約2,100円)の「トリュフラーメン」。サービス料を加えるとほぼ2,500円です。

物価の高いイギリスとはいえなかなか強気の価格設定ですが、上品な高級食材のトリュフと、B級グルメのラーメン……ミスマッチな組み合わせに興味をそそられます。これは一度試してみなければ!

トリュフの香りが広がる優雅なラーメン

金田屋
ラーメンが運ばれてきた瞬間、トリュフの香りがあたりに広がりました。その香りのもとは、ラーメンに浮かぶトリュフペースト。これがこんなに強い香りを出しているとは、さすがはトリュフ。
金田屋
「ラーメンにトリュフってどうなんだろう……」と思いながらスープを一口すすってみると、これが意外に合います。トリュフの優雅な香りと豚骨の不思議なマッチングがクセになる、きのこ好きにはたまらない一品。

Kanada-Yaのスープが濃厚な豚骨でありながら、臭みがなく上品で重たくないからこそ、トリュフと合わせても違和感がないのでしょう。

硬さが選べる本場福岡の細麺

金田屋
麺は本場福岡のストレートの細麺を使った本格派。「EXTRA HARD」「HARD」「REGULAR」「SOFT」の4段階から麺の硬さが選べるのも、日本人には嬉しいところです。

「HARD」を注文したところ、日本の一般的なラーメンと同じくらいの硬さだったので、硬めが好きな人は「EXTRA HARD」を選んだほうがいいかもしれません。日本に比べると、海外では柔らかめのラーメンが好まれることが多いように思います。

麺が筆者の好みよりはやや柔らかかったとはいえ、チャーシューも味がしみて柔らかく、まさに「日本のおいしいラーメン」そのもの。さすがは「ロンドンで一番」と評判のラーメン屋だけのことはあります。

むしろ日本ではあまり見かけないトリュフラーメンは、和と洋が出会ったロンドンらしい進化形ラーメンといえるかもしれません。

ピザやパスタがもはやイタリア料理の枠を超えて「世界食」になっているように、ラーメンもそうなりつつあるのかもと「Ramen」の計り知れない可能性を感じました。

Kanada-Ya Covent Garden
64 St Giles High St, London WC2H 8LE
公式HPはこちら

忘れられないトリュフラーメン

こうして記事を執筆しているあいだにも、トリュフラーメンのあの香りがよみがえり「また食べたい!」と思わずにはいられません。

日本ではあまり見かけないトリュフラーメンですが、ロンドンでは「Shoryu Ramen」など、Kanada-Ya以外にもトリュフラーメンを出しているお店があるんですよ。日本でもトリュフラーメンがもっとメジャーになってくれたらいいのにと願う今日この頃です。

ちなみに、ロンドンのKanada-Yaでラーメンをすすって食べているお客さんは1人もいませんでした。いくら日本のラーメンが人気を得ようと、日本の麺をすする文化までは受け入れられていないようです。

この記事を書いた人

はるぼぼ

はるぼぼ旅するライター・ブロガー

和歌山出身。東京での会社員時代、旅先の長野でドイツ人夫に出会う。5ヵ月間のアジア横断旅行と2年半のドイツ生活を経て、2018年7月日本に帰国。これまでの海外旅行歴は60ヵ国240都市。特に目がないのが、「旧市街」「歴史地区」と名のつく古い街並みを歩くこと。旅のリアルな「ワクワク」をお伝えします。

チャンネル

チャンネルをもっと見る