ボリビア人にとっての「おふくろの味」を研究したので紹介したい
ボリビア

こんにちは! 南米ボリビア在住のZICです。

早速ですが、日本での定番料理と言うと何を思い浮かべますか? 朝は御飯とみそ汁、納豆に焼き鮭、お昼はラーメンや定食料理、夜にはカレーやハンバーグやカツといったメイン料理、などと1日3食しっかり食べる献立メニューをイメージされるかと思います。

地球の裏側のボリビアの人々も1日3食食べますが、昼食がメインとなって、朝夕は軽食ですませる文化があります。そんなボリビアの知られざる家庭料理事情、日本でのおふくろの味とも言うべき家庭での定番メニューをご紹介します。

ボリビアの家庭料理! ~山岳地帯編~


南米大陸の真ん中に位置するボリビアは大きく2つの地域に分けることができます。1つはアンデス山脈の山岳地帯、もう1つはアマゾンの熱帯地帯です。

山岳地帯は4,000mを超える地域もあります。首都ラパスも標高3,800mの山岳地帯に位置し、富士山の頂上と同じほどの高さに人々が暮らしています。

標高が高いために年間を通して寒いので、体を温めるようなスープや野菜を使ったメイン料理が多いです。定番メニューとしては、チャイロと呼ばれる野菜スープがあります。

現地でチューノと呼ばれる栄養が凝縮された小さいジャガイモと、キヌア、大麦など栄養素が詰まったスープ。寒い標高の場所で体を芯から温めてくれます。

またラパスではチチカカ湖と呼ばれる世界一高い標高にある巨大な湖があり、そこで獲れる魚を利用した料理を味わえることもしばしば。海のない内陸国で、魚は貴重品です。

また、トゥルーチャと呼ばれる川魚のフライも首都ラパスでは味わえます。市場などで入手することができ、フライにしていただくのが一般的。トゥルーチャは日本でいうマスに当たり、本当においしいです。

そして、ラパスでの一般的な家庭料理。ポジョ・アル・オルノという料理です。日本語ではオーブンで焼いた鶏という意味があります。

焼いた鶏肉ととうもろこし、さつまいも、プラタノと呼ばれる揚げバナナと一緒にいただく一皿。高地でのハードな生活の疲れを癒してくれる栄養満点のメニューです。

まだまだある! ボリビアの家庭料理 ~熱帯編~

過酷な高地での環境ゆえに、体を癒すために野菜をふんだんに使った栄養ある料理を食べる山岳地帯に比べて、熱帯の食事事情は少し異なります。熱帯の人は揚げた料理、フライがとにかく大好きです。

それをコカ・コーラなどの炭酸飲料でいただくという人も多いです。熱帯の熱い地域で、体から水分が失われるのでしょうか? なぜか無性にコーラが欲しくなります。

熱帯地域で見かけた定番のボリビア料理をご紹介します。

これはソパ・デ・マニというスープ料理、ピーナッツスープです。ナッツを砕いて煮込みスープにして、肉とポテトフライを添えた一品です。

熱帯だけでなく、高地でもボリビア中で愛されている定番料理です。独特のこくのある味はやみつきになります。おすすめの一品です。

こちらはピケ・マッチョという料理。ポテトフライの上に肉やソーセージ、トマト、ピーマンといった生野菜を乗せて甘いソースをかけていただくというもの。

コチャバンバという少し高地の町で生まれた料理ですが、熱帯地域でも家庭料理として愛されています。ボリュームがありますので、お腹いっぱい食べられるのも魅力。

これはミラネッサ・デ・ポジョという料理です。鶏肉を薄く引き伸ばしてフライにしたもので、ポテトフライとごはんと共にいただきます。

もし、ボリビアの食堂に来て何を食べたらいいかわからない場合は、これを頼んでおけば間違いありません。美味しいです。ボリビアの熱帯地方で広く愛されている家庭料理です。

アンティクーチョという牛肉料理も親しまれています。町では串にささって売っていることも多いです。下味をつけた肉に小麦粉と卵をからめてフライにした一品です。揚げバナナとポテトフライとも抜群にマッチします。

熱帯では避けては通れないワード、ポジョ!

ボリビアの家庭料理をこうして紹介してきましたが、熱帯地方には人々に親しまれまくっているポジョと呼ばれる定番料理があります。

それがこれ。ポジョとは鶏の意味がありますが、フライドチキンにポテトフライ、そして油で炒めたごはん、この3点セットを通称ポジョと呼びます。

家庭でももちろん食べますが、外のレストランで食べることが多い料理です。ボリビアの熱帯地方の超定番料理として親しまれます。

実際に、夕食を食べようと店を探しても、ほとんどこの料理しか提供していないレストランばかり。鶏肉以外の胃にやさしい料理が恋しくなるのが、ボリビアの熱帯あるあるです。

ボリビア人はこの料理にケチャップとマヨネーズを山ほどかけて炭酸飲料と一緒に食べます。そりゃ、太りますわな。

この料理ポジョは、フライドチキンだけでなく、焼いたチキンバージョンもあり、そちらはまだ胃にやさしいです。ボリビアで夕食を外で食べる場合はそちらをおすすめします。

ボリビアの食事情

ボリビアの熱帯ではとにかく、フライが好きだなと本当に感じます。熱い地域なので、油や糖分が恋しくなるのかわかりませんが、山岳地帯に行くと野菜を使った健康的なスープや食べ物が出るのでそのギャップに驚きます。

それでも、やはり環境に合わせて必要な栄養素を取り入れるために受け継がれてきた料理なのかなとそれぞれの食文化が非常に興味深いです。その中でもおいしい定番の家庭料理もたくさんあります。

日本ではなかなか味わえないものも多いですので、ボリビアを訪れたときには、ぜひ、ボリビアのおふくろの味を堪能してください。

この記事を書いた人

ZIC

ZIC

南米ボリビア在住。ウユニ塩湖以外にも見どころはたくさんあり、現地から見つめた旅の情報を楽しくお伝えできればと思います。また南米各地の魅力あふれる情報もお伝えしたいと思います。

チャンネル

チャンネルをもっと見る