現地でお絵かき!ロンドンのナショナル・ギャラリーでアートワークショップ体験!
イギリス

The_National_Gallery01

大ヒット映画「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」の舞台となった大英博物館をはじめ、ロンドン市内の多くの博物館や美術館では、「フライデーナイト」を開催しています。

膨大なアートコレクションを所蔵する、The National Gallery(ナショナル・ギャラリー)ももちろんリアルナイトミュージアム開館中! 金曜日の夜は、21時までたっぷりとギャラリーを堪能できちゃうんです。

夜の美術館という響きだけでもわくわくしてしまいますが、フライデーナイトに付随して様々なイベントやワークショップも開催されます。そんなスペシャルなフライデーイベントの中から、予約なし・参加費無料で気軽に楽しめるアートワークショップをご紹介します。

Talk and draw

The_National_Gallery02
無料ワークショップ”Talk and draw”は、ギャラリーに展示してある絵画1点に対し、前半がレクチャー、後半がワークショップという構成の約1時間の大人向けのアート体験です。

対象となる絵画は都度変わるので、何回参加しても楽しめますよ。また、ワークショップの内容は、「絵を描く」ことを基本としてこれもその都度変わります。
例えば、全体のバランスを掴んで素早くスケッチする技法だったり、逆に細部に特化して抽出する技法だったり、遠近法についてだったり、光と影についてだったり……。

描かれた当時の技法に触れることができるので、いつもとちょっと違う視点で絵を描く楽しみを見つけられるはず。

知識不要!手ぶらでOK

The_National_Gallery03
ワークショップに必要なマテリアルは全て支給されるので、手ぶらで参加OKです。また、絵に関する知識や特別な技術ももちろん不要です。
参加されている方の中には、たまにびっくりするくらい絵心のある方もいらっしゃいますが……結構みんな好き勝手に描いてる感じです。

描いている間は、アートスタッフがたまにアドバイスをくれたりもしますが、あれこれ批評に晒されることはないのでご安心を。そもそもアートは自由! 画用紙にグリグリと線を描くのは、なかなか良いストレス発散になりますよ。

《An Experiment on a Bird in the Air Pump(1768)》

The_National_Gallery04
光と影の対比を克明に描き出すキアロスクーロ(明暗法)で有名なイングランド画家Joseph Wright’of Derby’(編集部注:ジョセフ・ライト。ライト・オブ・ダービーと称される)の作品をテーマにした回。
画用紙を真っ黒に塗り潰して、そこから白色のチョークで光を描き出すという技法を教わっているところです。

全体的に重厚な雰囲気が漂う作品ですが、実は画面左側の若い男女は幸せなカップルで、よく見ると女性の胸元にはハートマークが……。
この2人は、同じWright作の「Mr and Mrs Thomas Coltman」にも描かれています。ぜひ現地で探してみてくださいね!

《An Allegory with Venus and Cupid(about 1545)》

The_National_Gallery05
ヴィーナスとキューピッド、そして時の番人であるタイムを中心に、たくさんの人物が登場するBronzino(ブロンズィーノ)の代表作。

緻密な美しさが魅力の作品ですが、ワークショップでは、細かい描き込みはせずに、アウトラインを取りながら全体のバランスを整える練習として、3種類の技法を実践しているところです。
3分で全要素を描写しよう!といったタイムアタックもありつつ……ちょっとだけスパルタな回でした。

《Psyche showing her Sisters her Gifts from Cupid(1753)》

The_National_Gallery06
色使いが特徴的なフランスの画家Jean-Honoré Fragonard(ジャン・オノレ・フラゴナール)の作品。
白い紙が使用されなかった時代の絵画を再現してみよう!ということで、茶色い画用紙に黒・赤茶・白のチョークで細部を抽出して描く技法をレクチャー中です。

ちなみに、この日は前列に非常に絵心溢れる学生さんが居て、アートスタッフが持っているのは、実は彼女が描いたスケッチだったりします。

先着40名限定!15分前集合がベター

The_National_Gallery07
参加するには、まずThe National Galleryのホームページで、Creative sessionsページをチェック。ここで、イベントの開催場所と時間が告知されます。チケット制のイベントを除き、無料イベントのほとんどは先着順。

“Talk and draw”は13時〜14時に開催されることが多いので、ミュージアムカフェでランチをした後に向かいましょう。40名限定の人気イベントですが、15分前集合で十分間に合います。

金曜日の午後は、ぜひアートにどっぷり浸かってみてくださいね。
(→こっそり答え合わせ……上の絵が「Mr and Mrs Thomas Coltman(about 1770-2,Wright)」ですよ。)

The National Gallery

番外編

アート体験の後はパブで乾杯! ギャラリーから歩くこと約5分。SHERLOCK HOLMS PUBでは、あの名探偵ゆかりの品々に囲まれたちょっぴり怪しい空間でビールを楽しめます。

週末の夜は外まで人が溢れるほどの人気ぶりなので、人数が多い場合はホームページから予約して行くのがおすすめです。ただし、立ち飲みもパブの醍醐味なので、一人旅なら気ままにGO!
番外編

この記事を書いた人

Yuki

Yuki

横浜生まれ。大学卒業後、制作会社勤務を経て現在はフリーランスのDTPデザイナーをしています。ロンドン在住をいいことに、日本の第二都市は横浜だと吹聴してます。歴史と文学と美術にまつわる旅をビール片手に一人で楽しむのが至福。こちらでは、歴史好きと飲兵衛さんに有益な情報をお伝えしていけたらと思っています。

チャンネル

チャンネルをもっと見る