TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

札幌行くなら高級住宅街・円山でランチを!絶品グルメを厳選しました

北海道 円山 ランチ

札幌へ旅行といえば、中心地の大通りやすすきのに目が行きがちかもしれません。
ただ、「定番の観光地ばかり行くのはつまらない」「喧騒から離れてちょっと落ち着ける場所に行きたい」と思う方も多いのではないでしょうか?

そんな時、道産子もおすすめするスポットが円山エリア。札幌の高級住宅街で、ハイセンスなレストランやカフェも立ち並んでいるのです。

普通の観光地とは一味違う地元の空気を味わえる円山エリアの絶品ランチスポットを紹介します。

Trattoria L’arche


味・店内の雰囲気・シェフの人柄、どれも名高いアットホームな大人イタリアンレストラン。
店内にはかまどがあり、ホッと一息つける温かいお家のような雰囲気。テーブル席の他に、キッチン前にカウンター席もあるので、お1人様でも来店しやすいです。

ランチには、断然ラルケコース¥1,550がおすすめ! 前菜3種、生パスタ、デザート、パン、ドリンク付きで、なかなかお得感があります。

このお店は生パスタが目玉で、 小エビとキノコのトマトソースか、鶏と季節野菜のトマトクリームソースから選べます。麺はもっちりでソースとよく絡みかなり美味。

シェフや店員さんも素晴らしく、心遣いが抜群。まさに、街中の喧騒から離れてホッとしたい時におすすめなレストランです。

Trattoria L’arche
〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西24丁目3−22
電話番号:011-622-1615
営業時間:11時30分~15時00分、17時30分~22時30分
定休日:水曜日

JETSET

円山のカフェの中でも、開店後すぐに満席・メニューも売り切れ続出という人気レストランです。
シンプルで、どこかポップな雰囲気の可愛らしいインテリアのこのレストランでは、エッグベネディクトやフレンチトーストを楽しめます!

こちらは私がオーダーした、1日限定4食のフレンチトースト。かなり早めに来店しないと売り切れてしまう一品です。
ふわふわで甘さもちょうど良く、とても美味しかったです!

ここはエッグベネディクトも有名なので、次回は是非トライしてみたいです。
店内には、Lisa Larsonなど可愛い雑貨コーナーも充実しているので、食事以外でも楽しめると思います。

JETSET
〒064-0820 北海道札幌市中央区大通西22丁目22−1−7
電話番号:011-621-2848
営業時間:11:30~21:00
定休日:月曜日

Cafe Hygge


SAWAI建築工房というプロの建築チームによってプロデュースされている、カフェ。
hygge(ヒュッゲ)とはデンマーク語で、「人と人のふれあいから生まれる、温かな居心地の良い場所」という意味。

この言葉通り、机や椅子、照明、小物ひとつひとつが温かい北欧テイストで統一されており、本当に居心地の良い空間になっています。


私が訪れた時は、カニのクリームパスタセットと、訪れた9月限定のゴマたっぷりパンケーキを、一緒に来店した母とシェア。

なかなかのボリュームなので、これで満足。
そして個人的に、ゴマのパンケーキは初体験でした!
ふわふわで口の中でとろける記事に、抹茶&ゴマアイスはとてもぴったり。

落ち着いている空間が好き、特に北欧テイストが大好きな方にはお勧めしたい、素敵なカフェです。
立地的に、最寄駅からは少し離れているので、タクシーなど車で訪れるのがオススメです。

Cafe Hygge
〒064-0952 北海道札幌市中央区宮の森2条14丁目1−14
電話番号:011-613-3820
営業時間:11:00-22:00
定休日:月曜日

一晩で行くことができる!

円山は、札幌の中心地からも地下鉄東西線で3駅と、アクセスが良いエリアで気軽に立ち寄ることができます。

今回紹介した3店以外にも、雑貨店などが多数入っている商業施設マルヤマクラスや、北海道神宮といった観光スポットがあるので、こちらもぜひ立ち寄ってみてくださいね。

札幌の高級住宅街・円山で楽しむ、おすすめ絶品ランチ3選

私は円山の隣駅のエリアに実家があり、ずっと円山に馴染みがある生活を送ってきました。
背が高めのマンションや高級レストランが多いハイソなイメージである反面、女子が好きそうなかわいくて魅力的なカフェなども多く、幅広い年代に好かれる街という印象です。

この記事を書いた人

MioAhmed

MioAhmedHRマネージャー in Hishab

1988年生まれ、北海道出身。アイスランドの留学、シンガポールでの勤務を経て、バングラデシュに移住し国際結婚。ITベンチャーでHRマネージャーとして勤務中。2016年8月から、第一子出産のため日本へ帰省中。東京で国際交流や日本の文化発信を目的としたNPO・Japanizeを友人と運営した経験あり。