TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

サハラ砂漠に宿泊する方法とは?グルメやお土産も意外と豊富だった

SONY DSC

SONY DSC
ラクダの背に揺られて、果てしない砂漠をのんびりと旅する……なんて情景にはロマンと憧れが詰まっていますね。
シルクロードのゴビ砂漠や、世界最古のナミブ砂漠も素敵ですが、やっぱり有名なのはサハラ砂漠。
日本から参加するツアーでは、どうしても朝日を眺める短時間滞在になりがちな砂漠体験ですが、折角なら、おはようからお休みまで砂の世界を満喫したいもの。
こちらの記事では、1泊2日以上で行く砂漠体験についてご紹介します。

どうやって行くの?

SONY DSC
▲このようなすさまじく険しい道を走りますので、バスに快適性は求められません

サハラ砂漠へのアクセスは簡単ではありません。というのも、砂漠に近付くにつれて村が減り、砂山に到着するまでには、四輪駆動車(もしくはラクダ)が必要な荒野が広がっているためです。
オススメは現地のツアー。「マラケシュ」や「メズルーガ」といった都市では、沢山の旅行代理店が揃っています。英語ツアーであれば、予めサハラ砂漠での宿泊がルートに含まれている事もあります。(参考:http://trip-s.world/tucan-travel
砂漠近郊のホテルでの連泊なら、「メズルーガ」までバスなどの公共交通機関で渡り、そこからタクシーを利用する事も出来ます。

サハラ砂漠に泊まろう

サハラ砂漠近郊にはホテルが沢山あります。個人で予約しようと思うと迷ってしまいますね。
今は砂漠にも水道管が引かれているのですが、砂漠の深部に踏み込めば踏み込むほど、快適度が下がることは覚悟しなければなりません。プール付きのアラビアンナイトなホテルに宿泊するか、砂漠の只中でラクダに囲まれながら野宿するかが悩み所です。

アラビアン情緒たっぷり!『リアド』や『キャラバン』での宿泊

SONY DSC
快適さも砂漠の情緒も味わいたいなら、モロッコ特有の『リアド』や『キャラバン』がオススメ。『リアド』は邸宅ホテル、『キャラバン』は歴史的にサハラの商人が宿泊していた宿泊施設で、今は立派なホテルに改装されています。プールやレストランが完備されている所がほとんどで、オアシスのような美しさ。内装にこだわった所が多く、目にも楽しい場所です。
ただし、砂漠の只中とは言えず、ほとんどは町の近郊や砂漠の手前の荒野地帯にあります。欧米の観光客はこうしたホテルに長期滞在し、現地ツアーで砂漠や各観光地に向かうスタイルが多いようです。

ここは本格派!砂漠で野宿体験

SONY DSC
せっかく砂漠に来たんだから、砂漠の只中で寝たいんです! という方は、やはり砂漠のテントに泊まるしかありません。ラクダの背に揺られて1~2時間の距離には、幾つか拠点が用意されており、テントの張られた地区があります。
ここまで来るとシャワーやトイレに期待は出来ません。テントですから、ベッドの寝心地に文句を言う事も出来ません。しかし、部屋の広さは無限大。果てしない砂漠を心行くまで探索し、夜には無限の星空を独り占めできます。時には氷点下になる砂漠の気温に耐える事が出来るなら、間違いなく思い出になる体験です。

サハラグルメ&お土産

SONY DSC
▲可愛くて美味しいラクダさんたち

現代においては、砂漠でも美味しい物が食べられてしまうのです。
見ての通り砂の海ですから、野菜にはちょっと自信がありません。水質が悪いので、生サラダはやめておいた方がいいでしょう(洗った際についた水でお腹を下す可能性があるため)。ここでのオススメグルメは何と言ってもラクダです。牛肉に似た癖の無い味わいですが、脂身の多い野生的な味。煮込み料理にすると美味しいです。
砂漠でしか買えないお土産もラクダ関連。ラクダの皮で作ったカーペットや、ラクダの骨のアクセサリーがオススメです。また、砂漠では無数の化石が発掘されます。真贋を見極める事は難しいですが、貴重な掘り出し物があるかも……?

おわりに

SONY DSC
 
砂漠には無限のロマンが詰まっています。朝日や夕日を眺める数時間だけでは、その魅力に迫るには足りないもの。折角なら、心行くまで砂の海を味わってみませんか。

 

ラクダって可愛いですよね

ラクダの値段はモロッコでは軽自動車1台分程度(10万円~)との事です。可愛くて、手間が掛からず、うるさく鳴きもしないし、非常時には食べる事も出来ます。骨はアクセサリー、皮は足拭きマットになると言う無駄の無さ。時代は軽自動車よりラクダではないでしょうか?

この記事を書いた人

華酉

華酉

ドイツ、フランクフルト在住です。古城巡り、修道院や教会を観光する事が趣味です。中世の香りがする所には何処にでも行きます。ドイツで好きなものは騎士とドラゴンと酒です。北海道出身ですので、暗くて寒いヨーロッパの冬も楽しいお過ごし方をご紹介出来ます。宜しくお願いします。