TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

友ヶ島を遊びつくす!ラピュタっぽい遺跡から魚介ランチまでてんこ盛り

友ヶ島 第三砲台跡

近頃大人気となっているスポットなので、Web上で見たことある方も多いかもしれません。この遺跡の写真。
このまさに「ラピュタっぽい」という形容が似合いすぎるスポットは、実は大阪から至近の場所にあります。
和歌山市・加太の海の先に浮かぶ島々「友ヶ島」。
私、また訪れたいと思っているのです。友ヶ島の魅力は然ることながら、なんといっても「加太」という土地の魅力! 一端の釣り師な私を惹きつける巨大堤防……も、もちろん魅力なのですが、なんといっても、地元に根づいた食堂の贅沢すぎる食事の数々が、また食べたい、食べたすぎるのです……。

魅力満載すぎて序文から勢いに乗っておりますが、この勢いそのままに「友ヶ島」「満幸商店」「淡嶋神社」をご紹介いたします!

まずは大阪から和歌山・加太へ

加太さかな線
大阪からは、なんば駅から南海電鉄「特急サザン」に乗り込み、終点・和歌山市駅まで約1時間。そこから加太線に乗り換えて、約20分。あっという間に目的地・加太駅に到着します。

加太駅から友ヶ島への船着場は、民家の間をくねくねと歩きまわることになります。それもまた、旅の一興なのですよね。

船は本数が少なめなので、注意が必要です。詳しくは、友ヶ島汽船のサイトを確認しましょう。

友ヶ島汽船株式会社 | 和歌山加太 友ヶ島(ともがしま)

そして他にも注意点が。

・船が小さめなので、波に弱く、欠航も多々あるようです
・最近人気の観光スポットということもあり、全員を一度に乗船させられず「整理券」を配ることが多いです。なるべく早く港に到着し、整理券を入手しておかないと、船に乗れません
・帰りも上記同様。ただし日帰りの人は波が荒れる前に必ず迎えに来てくれるようです。帰りの時刻と整理券に注意
・宿泊の人は、翌日天候不良だと迎えに来てくれないこともあるようです

しっかりと確認の上、いざ、乗船!

友ヶ島は服装注意!

そして約20分で友ヶ島「沖ノ島」に到着!
「友ヶ島」というのは、地ノ島、神島、沖ノ島、虎島の4島の総称で、沖ノ島と虎島は陸繋島。地ノ島と神島は上陸不可です。船が着くのは「沖ノ島」となります。桟橋は一箇所しかないため、大陸側からぐるりと迂回する航路となっているようです(桟橋は沖ノ島中央の北側)。

この友ヶ島・沖ノ島なのですが、“本気の”無人島です。道路がアスファルトで舗装されている箇所など見たところはありませんでした。路面状況の良いところで、土が固められているような道となっているのですが、ほとんどのウォーキングルートは土と岩が混ざったような不安定な足場が続きます。

こちらは良いほうの道。
友ヶ島
スポットとスポットの間は、岩が交じる土の道が大半です。
友ヶ島
森の奥で怪我でもしたら本当に取り返しがつかない事態となりますので、服装の準備は怠らないことに越したことはありません。
したがって、「履きなれた運動靴」「体温調節のしやすい服装」は最低限必要でしょう。島内にも桟橋付近に自動販売機がありますが、「飲み物」もお忘れなく。

島内は至るところがラピュタっぽい

こちらは、桟橋から徒歩10分ほどで着く、桟橋から最も近い砲台「第5砲台跡」。
友ヶ島
階段などは実際に登れます。ただし崩れかけている箇所もあるので、よく確認して登ります。
友ヶ島
立ち入り禁止の箇所も多々あるので注意が必要です。
友ヶ島
友ヶ島の砲台は、実戦には使われなかったようですが、明治時代から第二次世界大戦まで運用されていたそうです。実際に兵士がここで働いていたと思うと、一気に臨場感が高まってきました。

次ページ:最も「ラピュタっぽい」スポットへ! そして散策後はグルメも……

この記事を書いた人

春菜 由香(コロポン)

春菜 由香(コロポン)TRIP'S編集長

87年北海道名寄市生まれ、旭川市育ち。名古屋大学文学部を卒業後、ゲーム業界に就職し、数年で疲れて退職。派遣OLに転身したところ、個人ブログ経由で拾われ現在に至る。