賃貸マンションの中にミニショップが沢山!?クリエイターが集まる「space1-15」とは
日本

週末を中心にミニショップがオープンするspace1-15(スペースイチイチゴ)があるのは、シャトー・ル・レェーヴという賃貸マンションの中。元1DKの部屋をリノベーションして営業する21軒以上ものショップの総称です。

そのジャンルは実にさまざま。雑貨、洋服、ヴィンテージ家具、ジュエリー、レコードから、喫茶、軽食堂、などの飲食店。さらに、工房、和菓子教室、写真教室、整体……。

さまざまなジャンルのショップが点在する、ホビーファンにとってはたまらないスポットです。

始まりは小さな石鹸のお店


始まりは2009年。賃貸マンションのシャトー・ル・レェーヴは、札幌市営地下鉄西18丁目駅から徒歩3分という好立地にもかかわらず、築30年(当時)という古さがネックとなり、空き部屋が目立つようになっていました。

そこで空室対策のためよばれたのが、space1-15の発端となった助っ人プロデューサー。まだ世に出ていない新人の手作り作家に、工房とショップを併設した空間を”スタートのきっかけ”にするよう声をかけたのが最初でした。

こちらの空室を「自分の城を持ちたいクリエイター」に貸し出すということは、もともと住んでいる人もいる中で開業するということ……。住人に迷惑がかからないよう、住居スペースは上層階、ショップは低層階と大まかなすみ分けをし、「週末中心」で「主に午後から」という営業に関するルールができ上がりました。

フル・リノベーションした部屋にまずオープンしたのは小さな石鹸ショップ。それから、真鍮と銅を扱う作家の店、道内で唯一のモノを扱うショップと続き、どんどんミニショップが広がってゆきました。

こうしてスタートしたプロジェクトが、sapace1-15です。

オートロックのボタンを押して


普通のマンション内に点在するショップを訪ねて行くには、オートロックを解除してもらわなければなりません。目指すお店のボタンを押し、ドアを開けてもらいます。これが、どきどきする瞬間。少しの勇気が必要です。

入ってしまえば、館内のショップを次から次へと巡ることができます。

作り手であり売り手・教え手でもあるオーナーたちとの距離が近いミニショップは、ダイレクトなやりとりが最大の魅力。作品が作り手から直接買い手へと渡る「HAND TO HAND」のカタチがここにはあります。例えば、工房ならば、創る過程を観ることができたり、そこで創られたものを買うことができたり。つくり方を教わることだって!

また、飲食店では調理の場が近いのでライブ感まで味わえるし、セレクトショップの場合はオーナーの価値観がストレートに伝わってきます。

そんな、館内にあるミニショップの中から、ちょっとだけお店紹介をしますね。

207号室:yurarika(ゆらりか)―布雑貨とソーイング


yurarikaは、布製の雑貨を扱うお店。予約制でのソーイングクラスをメインに営業しています。

甘すぎない色と柄のお弁当袋や巾着、ポーチ、バッグなど布製グッズが、白を基調とした明るい店内の棚に並んでいます。これらはみんなクリエイターでもあるオーナーのオリジナル作品。あると便利なアイテムばかりです。

401号室:KITCHEN TOROIKA(キッチントロイカ)―軽食堂


シチュウとパン、サンドイッチ、ハヤシライス、ごちそうスパゲッティなどが楽しめる軽食堂。台所からつくられたものがテーマのKITCHEN TOROIKA。

小さな灯が照らしだすテーブルやカウンターに合わせてあるのは、学校で使っていた生徒用のあの椅子。その他にもアンティーク調のレジスターなどがあって、懐かしさ全開の雰囲気。

ケーキやクッキー、パン、ベーグルなども焼いているので、ガッツリ食べたい人や軽く食べたい人、お茶したい人にも嬉しいお店です。

502号室:アドナイチーズ―オコッペの手作りチーズ


チーズ工房アドナイ(北海道紋別郡興部町 もんべつぐんおこっぺちょう)のアンテナショップです。

すっきりとした部屋にぽつりとカウンターがあって、その上には、リコッタ、モッツアレラ、マスカルポーネ、ミモレット、カチョカバロなどイタリアンチーズ中心のラインナップ。酪農王国北海道での地の利を活かしたチーズ作りをしている工房の自慢の品々です。また、ヨーグルトや発酵バター、それらを使ったタルトやクッキー類も扱っています。

space1-15って……

「こんなところで、お店を?」や「こんなお店も!」とサプライズ感にあふれているspace1-15。またまたニューショップがオープンしたり、ギャラリーができたり、巣立ってゆくクリエイターやオーナーがいたり。どんどん楽しい進化を続けています。目が離せません。

こちらが入っているマンション名はシャトー・ル・レェーヴ(フランス語で「夢の城」という意味)。ついつい、誰かに教えたくなってしまう館です。

space1-15(スペースイチイチゴ)
公式HPはこちら

お部屋の変貌っぷりも見てほしい!

出始めた頃のオートロック付きで、「当時はかなりモダンだったんだろうな」と思えるワンルームマンション。そんな館内には、個性的なミニショップがいろいろあって、業種も仕様もさまざま。もと同じ間取りだとはとても信じられません。ショップ巡りは、まるで、リノベーションの展示会場を歩いているようでもありました。
お部屋の変貌っぷりも見てほしい!

この記事を書いた人

ちこ丸

ちこ丸調理師ライター

札幌在住の調理師ライター。名寄市生まれ札幌育ち。大学進学を機に首都圏で生活し、長く北海道から離れていましたが、最近Uターン。ふたたび札幌市民となったことで新たな北海道のよさが見えてきました。あふれ出る地元愛と好奇心、軽いフットワークを武器に、道内や札幌の魅力をレポートし、お伝えします。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る