台湾の人気お土産、パイナップルケーキ。本当に美味しいオススメのものだけ厳選!
台湾

台湾土産 The Nine 烘焙坊

台湾好きなら知っている台湾の人気お土産「鳳梨酥(フォンリンスー)」。日本ではパイナップルケーキとして知られるスイーツです。

台湾土産として購入を検討する人も多いのですが、なんせ種類が多いんです。結局どれがおいしいのかわからない!という人が大多数かと思います。

今回は数ある中でも、台北市内で買える、本当においしい鳳梨酥だけ厳選してご紹介します。

「鳳梨酥(フォンリンスー)」とは

クッキーの様なほろほろの生地にパイナップルで作ったジャムの様な餡が包まれた、台湾ではポピュラーな焼き菓子です。専門店のほかにベーカリーなどでも売られている様子が見られますね。甘いものが苦手な人以外には確実にウケるお土産。台湾のお茶にも、日本のお茶にもよく合います。

ここからは本当に美味しい鳳梨酥が買える5店を厳選してご紹介します。日本円でも金額を表示していますが、これは私が商品を購入した2017年2月での換算です。

李製餅家

台湾土産 李製餅家▲12個入りでも箱はコンパクト
台湾土産 李製餅家
生地のほろほろ感は5店の中で最も強く、甘さは控えめ。餡には水あめの様な粘り気がある割に、さっぱりした甘みであとからパイナップルの香りがします。基隆市にもあるのですが、台北市内のお店のほうが立地的に買いやすいと思います。個包装がレトロでお気に入り。

李製餅家
1箱12個入り 190NT$(約690円)
バラ売りあり

The Nine 烘焙坊

台湾土産 The Nine 烘焙坊▲箱が綺麗……! しっかりした作りで重みがあります。
台湾土産 The Nine 烘焙坊▲個包装もひとつひとつ違った柄で美しい!
台湾土産 The Nine 烘焙坊
生地は割としっとりで、ナイフで切ってもほとんど崩れません。餡は上品な甘さでパイナップルの酸味が感じられます。オークラプレステージ台北の1階部分にあるベーカリーで、日本語で対応してくれるスタッフさんが居ます。包装の美しさは断トツで、大切な人へのお土産に良いかもしれません。

The Nine 烘焙坊
1箱12個入り 480NT$(約1,750円)
バラ売りあり

Sunny Hills 微熱山丘

台湾土産 Sunny Hills 微熱山丘▲無料のサービス。太っ腹と言わざるを得ない。
台湾土産 Sunny Hills 微熱山丘▲10個入りでも箱はかさばらない。スマートです。
台湾土産 Sunny Hills 微熱山丘
生地は他と比べて硬さがあり、甘さ控えめ。餡は甘さ控えめで酸味が強め、まるでパイナップルをそのまま食べているような食感です。お店に入ると、まずは試食いかがですかと声をかけられ、お茶と鳳梨酥をサービスしてくれます。お土産に喜ばれそうなかわいい包装です。ちなみにこちらのお店は南青山にも店舗があります。英語可。

Sunny Hills 微熱山丘
1箱10個入りで420NT$(約1,530円)

ChiaTe 佳徳糕餅

台湾土産 ChiaTe 佳徳糕餅▲この箱は6個入りですが、もっと大きい箱もあります。
台湾土産 ChiaTe 佳徳糕餅
生地はバターの香りが最も強く、甘みも強い。餡も甘みが強く酸味はほとんどありませんが、パイナップルの食感はほんのりと感じます。とても人気のお店で、私が行った夕方頃にはお店に入るために10分ほど並びました。クランベリー、イチゴ、くるみ、メロンなど、様々なフレーバーを自分で選んで箱に詰められます。

ChiaTe 佳徳糕餅
パイナップルケーキ1個30NT$(約110円)
その他のフレーバー1個35NT$(約130円)
バラ売りあり

Amo 阿默 台北誠品捷運店

台湾土産 Amo 阿默▲8個入りの箱。
台湾土産 Amo 阿默
サクッとした生地で甘みも強め。餡は甘みがありますが、パイナップルの酸味・食感もしっかりと感じられます。対応してくれるスタッフさんによるかもしれませんが、英語可。数店舗ありますが、台北誠品捷運店は台北車站(台北駅)から直通の地下街の中にお店があります。

Amo 阿默 台北誠品捷運店
1箱8個入り 280NT$(約1,020円)

台湾のおいしいパイナップルケーキ

今回ご紹介したのはたくさんある鳳梨酥の中でも、これはおいしい!と感じた物だけをピックアップしました。ぜひお土産を選ぶ際の参考にしてください。

お店にもよりますが、今回ご紹介した鳳梨酥は賞味期限が2週間ほど。鳳梨酥なら職場で配る用にも便利です。お店によってばら売りもあるので、滞在中のお菓子としてもオススメしたいお菓子です。

中国語勉強中です!

台湾に来てから、必要に駆られて中国語を勉強し始めました。観光地だと日本語話せる人もそこそこ居るんですが、普通に暮らしてるとどうしても中国語が必要です。やっぱり使わないと上達しない!と思って、とりあえず中国語で注文できるように挑戦しています。
まだたどたどしいもので、おそらく台湾人の皆さんから見ると「コレ、イッコ、ホシイ」みたいな、話せるサルみたいな感じに見えてると思います。

もちろん、鳳梨酥買うときも第一声は中国語使いました! 細かい話をしなきゃいけないときは途中から英語も使ってしまいますが、かんばっています。
The Nine 烘焙坊で店員さんに「コレ、イッコ、ホシイ」って中国語で話しかけたときは、「12個入りでよろしいですか?」ってとってもきれいな日本語でお返事してもらえました。

この記事を書いた人

河野成美

河野成美海外在住ライター/酒好きトラベラー

1991年、広島生まれ。小学校の全校生徒は9人、素敵なド田舎育ち。 東京の大学を卒業後、日本脱出しました。様々な国を巡りながら生活中。海外旅行は自分のレベル上げだと思っています。 ビールは私の血液。ばっちこいプリン体!シュールで面白いものが好き。

チャンネル

チャンネルをもっと見る