• 台湾・高雄で行くべきスイーツ店3選!現地人からオススメされた店 | TRIP'S(トリップス)

    台湾・高雄で行くべきスイーツ店3選!現地人からオススメされた店
    台湾

    台湾といえば?と聞くと、多くの人が答えるのは”食べ物”。その中でもフルーツ・スイーツは人気を劣らず、地元民にも大人気だ。”でもどこにいけばそんな美味しいスイーツが食べられるの?”という疑問を解消すべく、スイーツを熟知した台湾人がオススメするスイーツ店を周ってみた。

    台湾のかき氷は規模が違う!「高雄婆婆冰」

    高雄_かき氷
    近日、日本でも流行っている台湾のかき氷。
    日本にもかき氷は存在するが、とにかく台湾のかき氷は、一言で言うと豪快である。
    特にここ、婆婆冰(ポーポーピン)は現地人の間でも有名であり、70年以上愛され続けている。

    化学調味料など一切使っていない安心なスイーツ。一つオーダーすると、 2,3人で分けて食べられるのではないかというボリューム。こんなにたくさん!?と驚かずにはいられない、てんこ盛りのフルーツ。
    サラサラと雪のようなアイス(雪花と中国語では言うようだ。)に、あまいソースとフルーツ、さらにアイスまでもが乗っていて、是非とも一度は高雄で試して頂きたい逸品である。

    筆者が頼んだのは、人気メニューの芒果牛奶冰/雪花ver.(マンゴーミルクかき氷)-120台湾ドル(日本円≒460円)
    高雄_かき氷_1

    友人はこちら。第一印象は”多っ!!”の超級水果冰/雪花ver.(フルーツかき氷)-100台湾ドル(日本円≒約384円)
    高雄_かき氷_2
    *レートは2015年8月現在

    メニューはすべて中国語なので、事前に調べて行った方が無難である。

    高雄婆婆冰
    住所:高雄市鹽埕區七賢三路98之12號
    電話番号:07-561-6567
    営業時間:9:00-24:00

    台湾といえばやっぱりタピオカ!
    美味しいバブルティはここ!「双妃奶茶」

    双妃奶茶_タピオカティ_1
    台湾に来たからには絶対に見逃したくないものがこれ。タピオカティー(バブルティ)である。
    お店に着いたらすでに列ができており、人は絶え間なくバブルティーを購入しに訪れる。
    双妃奶茶_タピオカティ_2
    またもや中国語でまったくメニューがわからない筆者は、台湾人の友人に説明してもらいながらやっとこさ購入。
    甘さが選べる様子で、台湾に来てから糖分づくめの私は、甘さ控えめの長春奶茶を選んだ。

    双妃奶茶_タピオカティ_3
    まさかの水道からティーを出す大胆なアイデア!!!

    大きさ小を選んだつもりだが、本当に小だったのかはわからない、この大きさ。これはもしやLサイズでは…と思いつつも、尋ねる勇気を持てずそのままトライ。
    思った以上に甘さ控えめでサッパリしており、飲みやすかった。が、やはり想像通りのタピオカティを試したいのなら、甘さを控えず飲むのが一番だと確信。
    双妃奶茶_タピオカティ_4
    台湾の面白い文化で、飲み物を頼んでもビニール袋をくれ、持ち運びしやすくしてくれる。

    双妃奶茶 ShuangFei Milk Tea
    住所:鹽埕區新樂街173號1樓
    電話番号:+886-7-521-8300

    お土産にも喜ばれる!
    餅好きに堪らないスイーツ!「阿綿麻米署」

    IMG_4418
    餅菓子が好きな人・甘いものが大好きな人は是非ここへ。これでもか!というぐらい身がたーっぷり入った餅菓子。台湾でかなり話題のお店のようだ。
    IMG_4416
    味はきなこやゴマ、抹茶などもあり、日本にもなじみ深い味。しかし日本の餅菓子と違うのは、きなこやゴマが周りにまぶしてあるだけでなく、中にも入っていることだ。
    IMG_4442
    一つずつ手作りで作られているところも魅力。腹もちもよく、たっぷりスイーツで満たされたい方にはピッタリのお菓子だ。

    阿綿麻米署
    高雄市鹽埕區新樂街198-27號

    みどころたくさんの台湾。そんな台湾を堪能すればきっと体は疲れているはず。
    そんな時のスイーツほど美味しいものはないが、上記の3店はそうでなくても美味しいので、是非参考にされてはいかがだろうか。

    この記事を書いた人

    Fujico

    Fujicoフリーライター/地域観光プロモーター

    2015年に独立。主にフリーライターとして活動している。専門としては、トラベルや観光地域プロモーション。そして英日の翻訳・通訳も行っている。独立前は畑違いの販売業で、店舗マネージャーを務め、大阪で日々汗を流していた。
    広く色々な場所にいくよりも、一つの場所を開拓するのが好きな性分で、今は月1以上のペースで東京の離島・伊豆諸島に通っている。趣味は「観光客がいない素晴らしい場所を見つけ出し、それを紹介して喜んでもらうこと。そしてその後どや顔する」ことである。音楽と英語をこよなく愛す、目指せボーダーレス女子。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る