歴史ある修善寺に、再現率の高いカナダ村とイギリス村がある
日本

カナダ村

SNS上に溢れる情報や写真の数々。数えきれないほどある今話題沸騰中のフォトジェニックスポットのうちどこが特別か探すのは至難の業だと感じているのは筆者だけではないはずです。

正直なところ綺麗だけれど見たことがあるような光景というのが圧倒的に多い中で、どうせならばオリジナリティの高い写真をアップしたいと思いませんか?

そんなインスタ女子のあなたにうってつけなのがここ、伊豆修善寺「虹の郷」です。

何がすごいって、ここ「虹の郷」にはかなり再現率の高い「イギリス村」と「カナダ村」があり、日本にいながらまるで海外にいるような気分が味わえてしまうんです。

もちろん写真映えだって期待以上。海外旅行が大好きな筆者にとっては、異国情緒溢れる最高の癒しスポットでした。皆さんも飛行機いらずの海外旅行で、夢のようなひとときを楽しんでみては?

夢のテーマパークへの入口

虹の郷
「虹の郷」に到着すると、入口前にさっそく雰囲気の良い撮影スポットを発見!
チケット売り場
チケットを購入して……
入口
いざ園内へ! 入場ゲートには、カナダと日本とイギリスの国旗が仲良く並んでいました。

「イギリス村」

美しい街並み

イギリス村
イギリス村
入場ゲートをくぐった先にあったのは、古き良きイギリスの街並みでした。
イギリス村
イギリス村
イギリス村
イギリス村
ここは紛れもなくヨーロッパです。自分が日本にいるという現実を一瞬にして忘れてしまいました。早速フォトジェニックな空間に巡り合ってしまいました。

「ペニーレーン」

ペニーレーン
ロンドンで活躍する2階建てバスをそのままの形で改造したファストフードのカフェ「ペニーレーン」はとにかくキュートでした。
ペニーレーン
2階席でも飲食可能なようです。

「15インチゲージレイルウェイミュージアム」

ミュージアム
イギリス鉄道や蒸気機関車の歴史、構造や動作原理などを解説したこちらのミュージアムはSLファンの方はもちろん、子供から大人まで幅広い世代の方が楽しめます。

鉄道にあまり興味のない私もすっかり童心をくすぐられてしまいました。
SL
イギリスで製造された本物の15インチゲージの蒸気機関車はかなりクールでした!
ジオラマ
ジオラマを見ていると夢が広がります。

「ロムニー鉄道」

ロムニー駅
約1kmほど離れたカナダ村「ネルソン駅」との間を結ぶ「ロムニー鉄道」の駅であるイギリス村「ロムニー駅」はこぢんまりとした素敵な駅でした。
ロムニー駅
「ロムニー鉄道」の切符は入場料とは別料金です。
ロムニー駅
他の鉄道同様ちゃんとチケットを購入して改札を通って蒸気機関車に乗り込みます。
ロムニー鉄道
私は迷わずオープン客車へ。ちなみに運賃は片道大人400円、子供200円です。運行時間は片道約7分。
ノーザン・ロックⅡ号
「ロムニー駅」に入線してくる「ノーザン・ロックⅡ号」。小さいながらも本物のSLに乗車できるなんて滅多にない機会なので胸が弾みます。
軌道
軌道
うわー、線路が細くて小さい。それもそのはず、実は15インチゲージ鉄道の軌道は現在世界で営業運行されている鉄道の中で最も小さく、「ロムニー鉄道」はそれに当たります。

そんな小さな軌道の上を英国製の本物のSLやDLが走っているというのですから、「ロムニー鉄道」はかなり希少価値の高い鉄道だといえます。
車窓
車窓
国内唯一の15インチゲージ鉄道の車窓から。風が気持ちいい~!
ロムニー鉄道
あっという間にカナダ村「ネルソン駅」に到着してしまいました。もう少し乗っていたかったな。

カナダ村

可愛らしい街並み

ネルソン駅
ビッグオレンジブリッジ
「ネルソン駅」で下車しふと目についたのが、「ロムニー鉄道」のオレンジの鉄橋でした。

カナダ村からイギリス村に鉄道で移動する際に渡るこの鉄橋は伊豆市の姉妹都市であるカナダ・BC州ネルソン市にある高速道路橋(ビッグオレンジブリッジ 愛称:ボブ)を模して造られたものなのだとか。
カナダ
そうそう、今年はカナダ建国150周年の年。カナダが大好きな筆者は実際現地に行ってお祝いしたいけれどできそうもないので、ここで密かにカナダという素晴らしい国がこの世に誕生した奇跡を神様に感謝しました。
カナダ村
カナダ村
ネルソン市の街並みをイメージしたカナダ村はとても可愛らしい街並みでした。まるで本当にカナダにいるみたいで、少し切なくなりました。
カナダ村
カナダ村
ここが本当にカナダだったらいいのになぁなんて思いつつ、小さな街を一周しました。お土産屋さんやカフェも充実しており、カナダならではのものが手に入ります。
カナダ村
カナダ村
私はここに住みたいぐらい、この場所が気に入ってしまいました(笑)。見ての通りフォトジェニックスポットも満載です。

「トーテム・ポール」

トーテム・ポール
カナダといえばやっぱり「トーテム・ポール」。私はカナダに住んでいたとき、この「トーテム・ポール」を追い求める旅をしました。

存在感のある「トーテム・ポール」が街の外れにそびえ立っていることからも、カナダ村の再現率の高さがうかがえます。

ちなみに「カナダ村」には他に、暑い夏に水で思い切り遊ぶことのできる「わんぱく水遊び広場」や万華鏡のミュージアムもあります。

他にも見どころいっぱい!

虹の郷マップ
実は途方もなく広い「虹の郷」の園内。

今回はとことん写真映えのするスポットにこだわり「イギリス村」と「カナダ村」をご紹介させていただきましたが、他にもおススメスポットがいくつかあるので、軽くご紹介させていただきます。
カフェ・ヴァン・ローゼス
まずは「フェアリーガーデン」にあるお洒落なカフェテラス「カフェ・ヴァン・ローゼス」。こちらではバラのソフトクリームが販売されています。どんな味なのか気になるところです。
フェアリー・ガーデン
ガーデンも綺麗ですね。

なお、「フェアリーガーデン」には「プリンセス・ローズ・ハウス」と「ロイヤル・ローズ・ガーデン」があります。「ロイヤル・ローズ・ガーデン」には100種2300株のバラが植栽されており、バラの時期には花々が優雅に咲き誇ります。

バラの開花時期は5月~6月または10月~11月とのこと。ただし気象条件等により開花時期が異なります。かなり壮大なバラ園なので、是非バラの時期にもう一度訪れてみたいです。
もみじ林
ところ変わって紅葉の時期には見逃せない「匠の村」と「伊豆の村」を結ぶ緩い坂道にある「もみじ林」。もみじの見頃は11月中旬から12月上旬にかけてです。
日本庭園
四季折々の花々が咲き乱れる本格的な日本庭園までありました。こちらの日本庭園ですが、かなり立派で見応え抜群です。

園内はとても広いので、「ロムニーバス」&「ロムニー鉄道」の活用がおススメ

ロムニーバス
小洒落たヨーロッパの街並みにポップなカナダの街並み、ロマンチックな雰囲気が漂うガーデンに心を和ませてくれる和の空間。修善寺「虹の郷」の園内をぐるりと一周すると、様々な世界に巡り会えます。

せっかくだから全制覇したいという方もいらっしゃるとは思いますが、先ほども申し上げた通り園内の広さは皆さんが想像している以上です。歩いて園内を周るならば、半日では足りないぐらいでしょう。

また「虹の郷」は修善寺の大自然をそのまま活用したテーマパークなので、歩いていたら蛇に遭遇なんてことも。

整備されている山道とはいえ歩くとかなりハードなので、「ロムニーバス」や「ロムニー鉄道」を活用しない手はないでしょう。

「ロムニーバス」は「イギリス村」から「カナダ村」、「匠の村」を経由し、「日本庭園」まで約2kmの距離をのんびり運行しますよ。

修善寺「虹の郷」
アドレス 〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺4279−3
アクセスはこちら


公式HPはこちら

写真って楽しい!

どこを撮っても絵になる「虹の郷」にて、すっかり写真にハマってしまいました。美しい景色をより精度の高いカメラに残したいという願望が芽生え始め、現在とても危険な状況です。

なぜなら私は物事にハマってしまうとかなり深いところまで突き詰めてしまうタイプだからです。カメラにハマったらと想像するだけでも恐ろしい……。

でもライターだからカメラの技術も必要だし、いいカメラを1つぐらい持っててもいいかと思い始めています。新しいカメラを購入したらもう後戻りはできませんが、思い切って買っちゃおうかな!

この記事を書いた人

Makiko Suga

Makiko Suga海洋生物の素人スペシャリスト/動物&自然オタク/世界中の秘境地&穴場スポットマニア

幼少期に有名なイルカの研究家と運命的な出会いを果たす。以来海洋哺乳類に魅せられ、海洋生物学者への道を志すが挫折。その後は海洋生物とは無縁の生活を送っていたが、2015年に海洋生物の宝庫であるカナダに留学。あるクジラとの出会いが自分の人生を変える。子供の頃の夢を追い続けながら世界に目を向けている永遠の旅人。得意分野は自然、動物関連だけにとどまらず、多岐にわたる。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る