イルカなのに犬が大好き!ペット同伴可の「京急油壺マリンパーク」でイルカのジャンボと戯れる
日本

ジャンボ

神奈川県三浦半島に位置する「京急油壺マリンパーク」。お得な「みさきまぐろきっぷ」の加盟施設でもあるこちらの水族館には、TV出演を果たした有名なイルカがいます。

イルカの名前は「ジャンボ」。一見どこにでもいる普通の愛らしいバンドウイルカのように見えますが、「ジャンボ」が他のイルカとは大きく違っている点、それは無類の犬好きだということです。

私が初めて「ジャンボ」×犬の動画を見たとき、様々な疑問が浮かび上がりました。なんでこんなにも犬に興味を持つのか? 人間には興味がないのか? 犬のぬいぐるみでも反応するのか? etc……

とにかく寝ても覚めても「ジャンボ」のことが気になって仕方がない私は、ちょっとした小道具を持って「ジャンボ」に会いに行くことを決意しました。

海洋生物好きにはまたらない「京急油壺マリンパーク」

京急油壷マリンパーク
「ジャンボ」のことを語る前に、まずはこちらの水族館の魅力や見どころを皆さんにお伝えさせていただきます。「京急油壺マリンパーク」は私のような海洋生物好きにとっては夢のような空間です。

規模は大きくないけれど、展示内容や展示方法が興味深いものだらけであっという間に時間が過ぎてしまいます。正直なところパーク内をくまなく見るのに1日では全然足りません。
サメ
サメの歯
入口を入るとすぐに面白そうなものを発見しました。「魚の国」の入口前にあったサメのタッチプールと「ムカシオオホホジロザメの顎歯(復元模型)」で私は早くも大興奮です。
チョウザメ
チョウザメ
チョウザメ
アリゲーターガ―
うわー、これはかなりやばい! 最高すぎます。「魚の国」に入ったばかりなのに、一番最初の水槽に釘付けになってしまって動けません。恐らく人生初対面であろう「チョウザメ」と「アリゲーター・ガ-」にご挨拶。

その神秘的な姿にすっかり心奪われてしまいました。古代からの姿や形を現代に伝えるチョウザメ類ですが、種類によっては生息数が著しく減少しているようです。そんな希少価値の高い魚に出会うことができるなんて、私はとてもラッキーです。

それにしても見た目がサメそっくりの「チョウザメ」がサメの仲間ではないなんて驚きです。まだまだ知らないことだらけだな……。
コバンザメ
「コバンザメ」
イトヒキアジ
「イトヒキアジ」
カエルアンコウ
「カエルアンコウ」
サカサナマズ
「サカサナマズ」
ハコフグ
「ハコフグ」
コクテンフグ
「コクテンフグ」

「魚の国」にはユニークな魚たちが沢山展示されていて、テンションは上がりっぱなしです。高ぶる気持ちが抑えきれず、ついつい独り言が出てしまいます。誰か私を止めてください。このままだと「ジャンボ」のところへ行く前に閉園時間になってしまいそうです。

と思ったら、運良くいるか・あしかパフォーマンスが始まる時間になりました。かなりディープに魚の世界に入り込んでいた筆者ですが、実際は大の海洋哺乳類のファンです。いるか・あしかのパフォーマンスは絶対見逃せません。

海の生き物たちのショータイム!!

いるか・あしかパフォーマンス

いるか・あしかパフォーマンスは、「ファンタジアム」の中で行われます。屋内劇場のため、雨でも快適にパフォーマンスを楽しむことができるのがいいですね。
イルカショー
イルカショー
イルカショー
イルカのダイナミックなジャンプは何度見ても鳥肌ものです。
アシカショー
今回のアシカショーは観客参加型でした。もしもアシカに指名されたら何をするのかはお楽しみに。
演奏
演奏
演奏
ショー中にはアシカとイルカが一緒に私たちに曲を演奏してくれる場面も。素敵な演奏にすっかり聞き惚れてしまいました。

魚のパフォーマンス

どうやら「魚の国」ではかなり珍しい魚のパフォーマンスが行われるようです。”魚の学校の授業風景”をテーマにしたストーリー仕立てのショーの始まり始まり。
登校
ちゃんと登校風景から始まり
授業
授業
授業
授業風景では魚が難問をどんどんクリアしていきます。ここでは魚に光のサインを出して訓練されているということでしたが、それにしても驚きの連続です。
下校
下校途中に魚が寄り道をして帰宅するところまで見守って、ショーは終了しました。

こちらのショーですが、他の水族館では見ることができないということもあり、大変興味深かったです。「京急油壺マリンパーク」を訪れた際はいるか・あしかショーと合わせて必見です。

「回遊水槽」がすごい!

回遊水槽
さて、ここで再度「魚の国」の展示に話を戻します。今度は「魚の国」2Fへの階段を上ってみましょう。

そこには視界360度のパノラマの海を再現した「回遊水槽」が一面に広がっていました。そして嬉しいことに全長3mのサメ「シロワニ」を筆頭に、沢山のサメが展示されています。
ノコギリザメ
こちらはサメではなく「ノコギリエイ」
ネコザメ
「トラフザメ」
サメ
「レモンザメ」
サメ
「オオメジロザメ」
サメ
「シロワニ」

こんなにスリル満天な水槽、そうそうありません。サメを間近で見てゾクゾクしながらも、私は幸せを噛みしめていました。やっぱりサメってかっこいいなぁ。
ノコギリザメ
「回遊水槽」では魚の餌付けガイドも行っています。私は偶然居合わせた魚の餌付けガイドで、サメたちが摂食する光景を見ることができて大満足。

お食事タイムで動物たちの至福の瞬間に遭遇

カワウソのお食事タイム

カワウソ
今やイルカに匹敵するほどの水族館の人気者となったコツメカワウソは、「かわうその森」で飼育されています。ここは大人のカワウソたちが暮らす「かわうその住み家」。

カワウソが思いっきり遊べるように工夫した作りになっているこちらの展示室は「かわうその遊び場」です。姉妹カワウソたちが追いかけっこをしている姿を観察していると、微笑ましくてついニヤニヤしてしまいます。

写真はカワウソのお食事タイムのときの様子。見た目の可愛さとはうらはらに、豪快な食べっぷりです。

イルカのお食事タイム

ジャンボ
ここでいよいよお待ちかねの「いるかプール」で暮らす「京急油壺マリンパーク」のアイドル「ジャンボ」の登場です。
ジャンボ
ジャンボ
ジャンボ
ジャンボ
ジャンボ
トレーナーのお姉さんと「ジャンボ」は息ピッタリ! お食事の時間なのにも関わらず、華麗な芸を何度も披露してくれた「ジャンボ」。楽しませくれてありがとう! それにしてもお姉さんを見つめる「ジャンボ」の目があまりにも優しくてキュンとしてしまいました。

「ジャンボ」にメロメロになってしまいました

ジャンボ
犬が大好きなイルカ「ジャンボ」に犬を見せようとペット同伴で入園してくるお客さんが非常に多い「京急油壺マリンパーク」。

水槽の窓枠に小型犬が乗っかったときの「ジャンボ」の反応は想像以上のものでした。よほど犬が気になるのでしょう。かなり至近距離でジロジロ犬を見つめていました。

私は残念ながら犬を飼っていないので犬のぬいぐるみで試してみましたが、それでもちゃんと反応してくれました。ただ本物の犬のように動かない上に小さいので、「ジャンボ」がその存在に気が付くまでに多少時間はかかりました。

「京急油壺マリンパーク」はペット同伴が可能な水族館です(1頭につき500円の入園料がかかります)。ただしペット同伴にはいくつか条件がありますので、詳しくはこちらをお読みください。

ジャンボ
あれ、すごい見てますね。もしかして結構気に入ってくれてる?
イルカ
ジャンボ
イルカは頭が良いのでこのぬいぐるみが本物の犬ではないことに気付いているとは思いますが、興味を示してくれていることは確かです。
ジャンボ
そして今度はさりげなく犬のぬいぐるみとイルカのぬいぐるみを差し替えてみました。

「バンクーバーアクアリウム」で働いていたとき、イルカのトレーナーさんが水槽越しにイルカにイルカの写真を見せたら、どうやら自分の姿だと分かったようですごく興奮していたという話を思い出したのです。
ジャンボ
ジャンボ
ジャンボ
このぬいぐるみが自分と同じバンドウイルカだと知ってか知らずか、イルカのぬいぐるみにも随分食いついていた「ジャンボ」。とても好奇心旺盛な性格のようです。

そうこうしているうちに、もしかしたらぬいぐるみ抜きでも「ジャンボ」と仲良くなることができるのでは?と考えた私は、心の声で「ジャンボ」に話しかけました。
ジャンボ
実はイルカという動物に”好き”以上の特別な感情がある筆者は、人間と近い距離にいる特定のイルカたちとなんとなく心を通わせることができます。「ジャンボ」がそのうちの一頭であるということは、接しているうちに分かりました。
ジャンボ
ジャンボ
ジャンボ
ネット上では”「ジャンボ」は犬にしか興味を示さない”などという書き込みも目にしましたが、とんでもないです。時間をかけてゆっくり距離を縮めていけば、こんなにも仲良くなれるんですから。

幸いにもこの日は雨の降る寒い1日で園内は空いていたので、私は「ジャンボ」と2人きりの時間をたっぷりと堪能しました。追いかけっこをしたり、おしゃべりをしながら「ジャンボ」と過ごす時間はあっという間に過ぎていきました。

こんなに気の合うイルカと出会えたのは久しぶりのことだったので、不意に訪れたこの奇跡的な出会いに感謝せずにはいられませんでした。
ジャンボ
閉館時間が近づき、おしゃべりで懐っこい「ジャンボ」に別れを告げ水槽を離れると、寂しそうに私の姿を見つめる「ジャンボ」の姿がありました。その姿が遠く「バンクーバーアクアリウム」にいる友達のオキゴンドウクジラの姿と重なり、胸が締め付けられました。

またすぐに「ジャンボ」に会いに来よう、そう心に決めて「京急油壺マリンパーク」を後にした私の心は外の寒さなんて気にならないぐらいポカポカでした。

すっかり趣旨が変わってしまいました

実は今回は「ジャンボ」と犬の関係性に焦点を当てた記事を書く予定でした。でもそれは「ジャンボ」に出会う前の話。

「ジャンボ」と運命的な出会いを果たしてしまった今となっては、”犬が好き”という「ジャンボ」の性質は、私にとって彼のチャームポイントのほんの一部に過ぎません。

日本の水族館全制覇を狙っている筆者ですが、運命のイルカとの出会いなんてそうそうあるものではありません。あまりにも感動的な出来事だったので、この”熱い”想いをありのままに皆さんにお伝えさせていただきました。

ちなみにパーク内でイルカのトレーナーさんと話す機会があったのでなぜ「ジャンボ」は犬が好きなのか聞いてみたところ、理由は不明ということでした。「ジャンボ」がなぜ私に興味を持ってくれたのか、正確な理由は分かりません。

けれどひとつだけ確かなこと。それは「ジャンボ」の優しい目で見つめられると誰もがとてもハッピーになれるということです。巷で噂の犬が大好きなイルカ「ジャンボ」は、皆の心を虜にしてしまうハート泥棒でした。

「京急油壺マリンパーク」
神奈川県三浦市三崎町小網代1082
公式HPはこちら

イルカはイルカ好きな人が分かるのか?

特定のイルカとなんとなく会話ができるようになったのは「バンクーバーアクアリウム」であるオキゴンドウクジラと仲良くなって以来ですが、イルカも犬や猫のように自分のことを好きな人が分かるのでしょうか?

私が「ジャンボ」と一緒に遊んでいる間中、彼はかわいらしい鳴き声を出し続けていました。アニマルコミュニケーターではない私は彼の鳴き声を自分の都合の良いように解釈することしかできませんでしたが、お互い確かに気持ちが通じ合っているのが分かりました。彼も随分と私に心を許している様子でした。

やはりイルカは自分のことを好きな人間が分かるのか、たまたま「ジャンボ」が勘の鋭いイルカだっただけなのか、真実は分かりません。ただドルフィントレーナーでもない私のような人間に深い興味を示してくれる「ジャンボ」のようなイルカは他のイルカとは違う何か特別な能力を持っているように思えてなりません。いつかイルカと本当に話せたらいいのになぁ。
イルカはイルカ好きな人が分かるのか?

この記事を書いた人

Makiko Suga

Makiko Suga海洋生物の素人スペシャリスト/動物&自然オタク/世界中の秘境地&穴場スポットマニア

幼少期に有名なイルカの研究家と運命的な出会いを果たす。以来海洋哺乳類に魅せられ、海洋生物学者への道を志すが挫折。その後は海洋生物とは無縁の生活を送っていたが、2015年に海洋生物の宝庫であるカナダに留学。あるクジラとの出会いが自分の人生を変える。子供の頃の夢を追い続けながら世界に目を向けている永遠の旅人。得意分野は自然、動物関連だけにとどまらず、多岐にわたる。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る