マレーシアの少し変わったかき氷、アイスカチャンが病みつきになる理由
マレーシア

アイスカチャンは、暑いマレーシアでローカルの人に人気なスイーツです。

みんな食べ物と飲み物をオーダーする代わりに、食べ物とアイスカチャンをオーダーするほどに、日常に浸透しています。

このアイスカチャン、私たちがイメージするかき氷とはちょっと違うものです。食べているうちに意外と病みつきになってしまうアイスカチャンについてお伝えします。

アイスカチャンって?

アイスカチャンとはマレー語で直訳すると「氷豆」という意味になります。小豆のような豆が入っている「かき氷」のことになります。

小豆は、アンコのように甘く似てあるタイプのものと茹でているものをそのまま入れているタイプのものがあります。

アイスカチャンに入っているのは、豆だけではありません。チェンドルという緑色の寒天(これを虫の幼虫のようだという人もいます)や、グラスジェリーという黒い色の寒天、コーンまで入っていることがあります。

シロップが入っている入れ物

 

そこに赤いシロップ(ローズシラップと言われる赤いバラのシロップ)や茶色い黒糖シロップ(グラマラッカ)をかけたり、練乳をかけたりします。

綺麗な見た目というより、ごちゃごちゃ色々なものを乗っけてしまったなというイメージを受けます。

アイスカチャンの種類

アイスカチャンにも種類があります。お店によって、アイスカチャンのメニュー表を掲げているところもありますが、本当にたくさんの種類があることに驚きます。

正直なところ、私はまだ全てにチャレンジしたわけではありません。代表的なチェンドルチャンポとABCをご紹介します。

チェンドルチャンポ

チェンドルを中心に豆などの具が入ったシンプルなアイスカチャンです。

多くの場合、グラマラッカ(黒糖シロップ)がかかっています。夫はこのチェンドルチャンポが好きでアイスカチャンを食べに行く時には必ずといっていいほど、チェンドルチャンポを注文します。

 

チェンドルの食感がたまらないのだそうです。緑色の物体がうようよ浮いているように見え気持ち悪いという人もいますが、マレーシアらしいデザートだと思います。

ABC

ABCは色々なものをミックスしたアイスカチャンです。もともとマレーシアでは色々なものをミックスする時に「ABC」という表現を使います。例えば冷蔵庫のあり合わせの野菜を入れて作ったスープのことを「ABCスープ」と表現したりします。

 

ABCアイスカチャンは店によって使う具材は異なりますが、色々な具材がミックスされています。共通しているのはほとんどのものに小豆とコーンが入っていること。

そのほか、缶詰の果物が入っている場合や、チェンドルが入っている場合などがあります。

「この店のABCアイスカチャンにはどんなものが入っているかな?」と思いながら注文する楽しみもあります。

 

私はABCにアイスクリームを乗っけた「ABCアイスクリーム」が大好きで、好んで注文します。

アイスクリームとアイスカチャンの氷がマッチしていて、そこに色々な具が入っているので面白い食感を楽しむことができます。

気になるお味は?

右がABC、左がチェンドルです。

 

色々なものがごちゃごちゃと入っているので初めはすごく当惑しました。アイスカチャンを食べていると日本のシンプルなかき氷が懐かしくなったのも事実です。

しかし面白いことに、食べていくうちにそのごちゃごちゃと色々なものが入っている食感が楽しくなってきたのです。

 

特に私のお気に入りの食感はコーンです。

「かき氷にコーン?」と意外な組み合わせなのですが、マレーシアにはコーン味のアイスクリームがあるなど、コーンはスイーツとして普通に存在しています。

そんなコーンは意外にも味や食感がアイスカチャンとマッチしているのです。慣れてくると病みつきになる食感です(中にはいつまで経っても好きになれないという友達もいます)。

 

今や日本に帰ってかき氷を食べると、コーンの食感がないのが寂しく感じるほどになってしまいました。

どこで食べることができるの?

アイスカチャンは大抵、フードコートのドリンク売り場で注文することができます。またアイスかちゃん専門のお店を出していることもあります。その場合、かき氷の機械と練乳の間を高々と積み上げられたコーナーがあるので、「アイスカチャンの店だ!」ということがすぐに分かります。

お腹は大丈夫?

アイスカチャンに使われている氷やその他のものは絶対に安全なのか? これはなんとも言えません……。

氷のせいでお腹を絶対に壊さないと断言することはできません。発展途上国のマレーシアは水道水を飲むことができず、フィルターを通した水やミネラルウォーターを飲むようにしているからです。

 

そしてお店の人がどの氷を使ってアイスカチャンを作っているのか私たちには分かりません。お腹が心配な人は、やめたほうがいいかもしれません。

ちなみに私たちは、アイスカチャンを食べてお腹を壊したことは一度もありません。

 

代表的なチェンドルチャンポとABCにチャレンジすると、マレーシア気分を味わうことができます。お腹に自信があり、興味がある人はぜひ挑戦してみてください!

 

暑いマレーシアにぴったりです

マレーシアは暑いのでとにかく、冷たく甘いものが食べたくなる時があります。
それで、アイスクリームやアイスカチャンをよく食べます。
特にアイスカチャンは色々な具が入っているので意外とお腹がいっぱいになります……小腹が空いた時にもぴったりなおやつ?です。

この記事を書いた人

yazu

yazu

九州出身です。
今はマレーシアに住んで数年になります。旅行も大好きでマレーシアを拠点に、東南アジア周辺の旅行にもよく出かけます。

マレーシアで、夫と共に、発展途上国ならではの思いがけないハプニング満載の生活を送っています。そんなことをしていたら、段々たくましくなってきました。東南アジア旅行では、いろいろな文化の違い、食事、地元の人との出会いを楽しんでいます。

そんな中で、自分たちが経験したこと、感じたことを記事にしたいと思います。だれかに楽しんでもらえたら嬉しいです。

チャンネル

チャンネルをもっと見る