地球で月面旅行ができる?その名も「月の谷」に行ってみた
ボリビア

5,000mを超えるアンデス山脈を擁し、南米内でも独特の景観と絶景を誇る国ボリビア。上空から見ても、雲を突き抜けてそびえたつアンデス山脈の迫力は圧巻です。

そんなアンデス山脈の窪地に造られたのが、世界一標高が高い首都と言われるラパス。ここにはアンデスの大自然が育んだ、地球のものとは思えない光景が広がる場所があります。

非地球体験、月面旅行気分を楽しめる場所。ボリビア在住5年のZICがこの観光スポットをご紹介します。

世界一高い首都ラパスの郊外にある月面旅行スポット


ボリビアの首都ラパスは標高3,800mを誇ります。すり鉢状の町になっていて、すり鉢の頂上付近は4,000mを超えます。そして、高くそびえる5,000m級の山々が見えます。よくぞ、ここに町をつくったなと思わずにはいられません。

そんな山岳地帯に囲まれ、富士山の頂上と同じ場所にある町ラパス。その郊外には、アンデス山脈の歴史を刻み込んだ注目スポットがあります。

まるで地球の景色ではない光景。その場所を人は、月の谷と呼びます。

月面旅行の旅へ! ラパスの郊外にある月の谷

世界一高い首都ラパスの市内からミニバスで30分ほどの場所に、月の谷と呼ばれる観光スポットはあります。長い長い時間をかけて、雨によって削り出された岩が独特の変化を遂げて、まるで月面の様な景色になったそうです。

私が見学に行ったとき、入場料がボリビア人が10ボリビアーノ(約160円)、外国人が30ボリビアーノ(約480円)でした。ボリビア人の友人と行きましたが、「なぜ入場料がこんなに違うんだ。同じ人間だろう」と、彼が怒っていたのが懐かしいです。

ボリビアでは外国人からお金を取ろうとする傾向があることを、この時初めて知りました。そんなこんなでゲートをくぐると、そこはまさに神秘的な光景でした。

地球のものとは思えぬ光景。確かに月面をほうふつとさせる景色でした。切り立った岩の中に通路があり、その谷を進んでいくことができます。

雨で削られた岩々が独特の景色を構成します。地球にもこんな場所があったのかと感慨深いです。

そして、通路を進んでゆくと、いくつかのスポットがあります。これは悪魔の帽子と呼ばれる場所です。確かに岩の上に帽子があるように見えます。

これは月の母と呼ばれる場所で、月のような形に見える岩があるという事でしょうか。

進んでゆくほど、奥に行くほどもうどこにいるのかわからなくなります。まるで、本当に月面に迷い込んだようなそんな気分になります。

また、岩の先端にサボテンが生えているものもあります。しかし、この環境でどうやってここまで大きくなったのでしょうか。

改めて、月の谷と呼ばれる理由がわかります。本当に月面旅行に行った気分になります。アンデスの山々が育んできた独特の絶景です。

アンデス山脈の神秘と迫力! 一度は行きたい月の谷


長い地球の歴史を経て、少しづつ削り出されてできた月の谷、それだけでも地球の偉大さを感じられます。そして、その月の谷の向こうにはさらに巨大な山々がそびえます。

アンデスの雄大さを存分に感じられる場所かつ、地球の神秘。そして月面の光景を楽しむことができる観光スポット月の谷。もし、ボリビアにラパスに来られた際は来てほしい、そんな場所です。

アンデス山脈の雄大さ

飛行機でボリビアに到着するとき、上空からアンデス山脈を見ることができます。雲の多い時には、雲を突き抜けて山があるその迫力に感動します。

そんなアンデス山脈の中にある、不思議な場所月の谷。世界一高い首都ラパスを訪れたなら絶対に行きたい観光スポットです。

ぜひ、地球でこの南米のボリビアで月面旅行を楽しんでください。
アンデス山脈の雄大さ

この記事を書いた人

ZIC

ZIC

南米ボリビア在住。ウユニ塩湖以外にも見どころはたくさんあり、現地から見つめた旅の情報を楽しくお伝えできればと思います。また南米各地の魅力あふれる情報もお伝えしたいと思います。

チャンネル

チャンネルをもっと見る