世界で一番標高が高い首都、ボリビア・ラパスを健康に旅する方法
ボリビア

こんにちは! 南米大陸の真ん中の国、ボリビア在住のZICです。ボリビアといえば、TVやCMでよく取り上げられるウユニ塩湖が有名ですが、他にも魅力的な観光地や様々な文化を垣間見れるスポットが満載です。

そんなボリビアの首都ラパスは、世界で一番標高が高い首都としても知られています。ラパスの観光を楽しむなら、どんな事ができるでしょうか? 今回は、ボリビアの首都ラパスについて取り上げたいと思います。

世界一標高が高い首都! ラパス


ボリビアの首都、ラパスの標高はなんと3,600m。日本が誇るあの富士山と同じくらいの高さです。富士山の上に街があり、人が住んでいるとイメージしてみてください。

ラパスはすり鉢状の地形になっていて、すり鉢の頂上部分にあたる街、エルアルトはなんと標高4,000mほどにもなります。そして周辺には標高5~6,000m級の山々が連なります。まさに、雲の上の山岳地帯にある世界一高い首都、それがラパスです。

どうやっていくの?


日本から見てほぼ地球の裏側にあたる国ボリビアは、日本から1番遠い国といっても過言ではありません。飛行機でアメリカ乗り継ぎならば約30時間のフライトになります。空港はエルアルトにありますので、標高約4,000mの大地に直接トリップすることになります。

ボリビアの別都市から長距離バスでラパスを目指されるなら、標高2,500mほどの観光都市であるスクレやコチャバンバで1泊されてから、ラパスに向かうことをおすすめします。標高が高い環境に体を馴染ませることができます。

なお、ボリビアの道路事情は悪く、バスに乗っているだけでも体力を使うこともあるので、あえて標高の低い経由地をチョイスして体を休めてからラパスに向かうのもいいと思います。

健康管理も大切


ラパスは標高が高いので、くれぐれも高山病には注意しましょう。ボリビアにはソローチェピルと呼ばれる高山病用の薬が市販されています。1粒4ボリビアーノ(65円)ほどと手軽なので、いざという時には服用するのもいいでしょう。

気候の変化が激しく朝晩は冷え込み、昼間は太陽が出れば暑いですが、風は冷たいという不思議な気候です。体調を崩しやすいので、着いた初日は絶対に無理はしないこと。宿について町に繰り出したくなりますが、ゆっくり休養を取ることも大切です。

また、ボリビアの食事は脂っこいものがおおいので、標高の高い場所では胃に負担がかかります。ですので、レストランなどでは野菜スープといった消化の良い食べ物を選びましょう。到着までの移動の疲労と標高を考えて、初日はゆっくり休みましょう。

ラパスを街歩き!


移動の疲れを癒し、休息をとれ標高にもなじんできたなら、ラパスの街へ出かけましょう。山岳地帯にありながら高層ビルも立ち並ぶ街並みは圧巻です。そして山々に建てられた見渡す限りのレンガ造りの家々は、よくぞここに街を作ったなと感心させられます。

すり鉢状の大都市ラパスと頂上部分にあたる街エルアルトを結ぶロープウェーがあります。地元の人はそれをテレフェリコと呼びます。ラパス観光に来たなら、ぜひ乗りましょう! 上空からラパスの街を見渡すことができます。

頂上から見るラパスの夜景は本当に綺麗です。世界一高い首都ラパスの絶景をイルミネーション付きで見ることができます。ただ、治安に関してラパスとエルアルトは注意が必要ですので、夜の1人歩きは避けてください。グループか地元の人と行動することをおすすめします。

さいごに

世界一標高が高い首都ラパスは魅力満点の観光都市です。しかし、その標高の高さと過酷な気候で、体調を崩される旅人も多いです。ですから、しっかり体調管理をして無理をせず旅行しましょう。そして、ラパス観光を存分に楽しんでくださいね。

ラパス

ボリビアとラパスを楽しむにあたって

南米のボリビアは面白さ満点です。魅力的な町や陽気で明るい人々、もちろん日本に比べるなら不便ですが、それを補って余りある魅力があります。世界一高い首都ラパスも同じように魅力満点です。
ただ、その標高と気候で体調を崩してしまうのはもったいないので、体調管理だけはしっかりして、無理せず旅行を楽しんでくださいね。

この記事を書いた人

ZIC

ZIC

南米ボリビア在住。ウユニ塩湖以外にも見どころはたくさんあり、現地から見つめた旅の情報を楽しくお伝えできればと思います。また南米各地の魅力あふれる情報もお伝えしたいと思います。

チャンネル

チャンネルをもっと見る