ウミガメ見るなら東京・八丈島!90%以上の確率で出会える、その方法とは。
日本

海に入るのならやはり見たいと思うのが、ウミガメ
海の中を大きな体で泳ぐウミガメに、海でちょっと遊んでいるだけでは出会うのは、なかなか至難の業だが、90%以上の確率で出会える場所があった。そこが、八丈島である。

八丈島ってどんなところ?

Hachijojima1
東京都・八丈島。
ヤシの木のストリートと比較的温かな気温が南国感を表し、壮大な2つの山の間を中心に町は発展し、トロピカルな雰囲気と、山の広々とした雰囲気が独特な八丈島らしさを出す。
島……というと一瞬とても遠いのではないかと思うが、羽田空港からANAを利用し片道45分。だと10時間ほどかかるが、行きは夜行便なので船の中で寝ていれば着くし、往復1万5千円~2万円と、お手頃な価格で行くことが出来る。
八丈富士
南国リゾート感、漁業が栄える島ならではの豪快な魚料理、海に山とアクティビティ三昧、疲れた肌を癒やす温泉……と、あなたの休日をパーフェクトに仕上げてくれる、魅力満載の島だ。
そんな南国リゾート感満載の八丈島。なんと嬉しいことにウミガメが、なんと90%以上の確率で見えてしまうのだ。

どうやったらウミガメを90%の確率でみれるの?

それでは、どのように八丈島ではウミガメが見れるのか。それはこの2つ。
八丈島 体験ダイビング
シュノーケリング体験ダイビングだ。
正確に言うと、夏はシュノーケリングと体験ダイビング、冬は体験ダイビングでウミガメを高い確率で見ることが出来る。
冬でも水温は20度以上ある八丈島。ダイビングのライセンスを持って潜らないとウミガメに見れないところが多いが、八丈島ではライセンスがなくても出来る体験ダイビング、または子どもでも出来るシュノーケリングでウミガメに出会えるのだ。

ウミガメに出会えるポイントなどもあるので、確実に見るためには、インストラクターと行くことがオススメ。

八丈島シュノーケリングガイド→八丈島観光協会
金額:4,000~7,000円
八丈島ダイビングガイド→八丈島スキューバダイビング事業者協会
金額:10,000円~15,000円

シュノーケリングはガイドをつけずとも、行うことは可能だが、高い確率でウミガメを見たかったり、海なれしていない人は、ガイドと一緒に行くと安全だ。

体験ダイビングなら写真を撮ってくれるショップも!

ウミガメに出逢えば、心のアルバムにももちろん残すが、写真として残っているとさらに嬉しいのでは。
体験ダイビングに参加すれば、ショップによってはウミガメと写真を撮ってくれ、無料でデータをくれるショップもある。
ウミガメ 八丈島
今回筆者が体験ダイビングで利用させて頂いたダイビングショップはアラベスク
10年ぶりにシュノーケリングを1回だけした年に体験ダイビングをしたので、もちろんガタガタドキドキ。しかし事前講習をしっかり行い、海の中でも安全にかつ筆者が怖がらないように着いていてくれ、徐々にウミガメと泳いだり、トロピカルで可愛い魚を見たり、何よりこの青い海の中にいるという、不思議な体験を楽しむことができた。
八丈島 体験ダイビング
ウミガメとの海の中の写真はすべてアラベスクさんから頂いたもの。とっても綺麗に撮ってくれて、大満足だった。

時期を気にせずウミガメに会いに行こう!

八丈島
週末旅行にでもふらっといける八丈島。他にも熱帯植物や、時期によっては光るキノコ、山登りに温泉など、十二分に満喫できる島。
ぜひ、今週末にでも足を伸ばしてみてはいかがだろうか。
八丈島植物園
ゆったりとウミガメや自然と触れ合う旅をぜひ楽しもう。

八丈島アクセス情報
・ANA-飛行機の予約はこちら
・東海汽船-船の予約はこちら

八丈島宿泊情報
・八丈島観光協会-宿を探すならこちら

ダイビングおよびシュノーケリングショップ情報
・ダイビングショップ-こちら
・シュノーケリングショップ-こちら

島内交通手段
・レンタカー一覧はこちら
・電動自転車-予約方法はこちら

飲食情報
・郷土料理から飲み屋まで-一覧はこちら

正直最初は海の中に興味がなかったんだ。

正直最初は海に入ることなど興味がなかった。しょっぱくてベトベトして、せっかくシャワーで流したのにその後またビーチの砂が足に絡みつき、水浴びした意味ないじゃん! という一連の流れがどうも苦手で躊躇していた。
しかし夏に初めてシュノーケリングをし、縁ありダイビングのインストラクターの人と出会い、「地球の70%は海である」ことを再認識した。
そうだ。海に入らない人々よ。君は地球のほとんどを知らないのである。地球の殆どを知らず生きているのだ。そう思ったら、海に入らずにはいられなかった。
最初はそこまですごい興味があったわけではないウミガメも、出会ってみたら、「これがウミガメ!でかっ!」と彼らの大きさに衝撃をうける。テレビや雑誌、インターネットでみてる限りでは伝わらないこの迫力。
「百聞は一見にしかず」、昔の人はうまいことをいったものだ。その通りで何も言えない。また、海に潜ろう、今年はダイビングのライセンスを取ろう、そう決めた体験であった。
正直最初は海の中に興味がなかったんだ。

この記事を書いた人

Fujico

Fujicoフリーライター/地域観光プロモーター

2015年に独立。主にフリーライターとして活動している。専門としては、トラベルや観光地域プロモーション。そして英日の翻訳・通訳も行っている。独立前は畑違いの販売業で、店舗マネージャーを務め、大阪で日々汗を流していた。 広く色々な場所にいくよりも、一つの場所を開拓するのが好きな性分で、今は月1以上のペースで東京の離島・伊豆諸島に通っている。趣味は「観光客がいない素晴らしい場所を見つけ出し、それを紹介して喜んでもらうこと。そしてその後どや顔する」ことである。音楽と英語をこよなく愛す、目指せボーダーレス女子。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る