• ポカポカ陽気の中を滑る!東京から約1時間で「春スキー」を楽しむ方法 | TRIP'S(トリップス)

    ポカポカ陽気の中を滑る!東京から約1時間で「春スキー」を楽しむ方法
    日本

    神立ゲレンデ

    晴れる日が多くなりポカポカ陽気の中スキー・スノーボードを楽しめる春スキー。真冬のようにふわふわのパウダースノーとはいきませんが、吹雪の中リフトに乗ることもないので寒いところが苦手な人にもおすすめです。

    GWまでOK! アクセス楽々の神立高原スキー場

    神立リフトより
    東京から新幹線で約1時間の越後湯沢。その年の気象状況にもよりますが、標高が高いスキー場ではGWまで滑ることができます。

    越後湯沢駅からシャトルバスで10分のとことにある神立高原スキー場は、駅から近いのに雪が豊富でGWまで営業予定です。湯沢ICからも3分と車でのアクセスも楽々。雪の山道を走る必要がないので、雪道に慣れていない人でも安心です。

    春スキーに持っていきたい物

    春スキーに持参するのは日焼け止めとサングラス、キャップ、指なしの手袋、レインウェア、ワックス。特に、溶けてゆるくなった雪の上は板が滑りにくいのでワックスは必須です。暖かくなると薄着で滑りたくなりますが、溶けた雪や雨で濡れることがあるのでやはりウェアは必要。
    春スキーに持っていく物
    気温が上がると手袋もいらなくなりますが、板のエッジで手を切らないように一応指なしの登山用手袋をします。帽子もケガ防止のために暖かくても着用したいです。晴れると照り返しで暑くなるので、通気性の高いゴアテックのレインウェアを着るのもおすすめ。

    スキー場内に大浴場もあり、週末は仮眠室もオープン

    駐車場の前にあるリゾートホールには仮眠室もある大浴場を完備。チケット売り場、レンタルもこちらにあり、平日もオープンしているレストランがひとつと週末にはフードコートも営業します。
    神立ゲレンデ
    リフトを1本乗ると初心者から上級者まで楽しめる広いゲレンデが広がっています。

    本格デザートも楽しめるスキー場グルメ

    神立ギャラリア
    リフトを降りたところにあるギャラリアにはフードコートやカフェ、キッズスペースがあります。
    神立フードコート
    広いフードコートにはラーメン、うどん、そば、カレー、どんぶり、定食などなんでもあります。
    神立ゲレンデレストラン
    ドリンクバーもあるので、滑り疲れたらのんびりひと休みもできます。
    神立天ぷらそば
    かき揚げと大きな舞茸の天ぷらそば。これで800円はお得! 食事と一緒に頼めばドリンクバーは200円になります。
    リマークのアップルパイ
    運動すると甘いものが欲しくなる! そんな時はcafe ReMarkのケーキがおすすめです。ガトーショコラとアップルパイがあり、どちらもアイスがトッピングされていて、スキー場の中なのに贅沢なティータイムが楽しめます。

    キッズ連れのファミリーにもおすすめの春スキー

    神立キッズスペース
    神立なら靴を脱いで遊べるキッズスペースもあるので安心です。春スキーは、子どもがまだ小さいのでウィンタースポーツはお休み中というパパママにもぴったりです。

    神立高原スキー場
    新潟県南魚沼郡湯沢町神立4121-1
    公式HPはこちら

    神立なら春ナイターも楽しめる

    春は晴れると雪が溶けて冬と比べて滑りにくいことも多いですが、春は気温が下がり溶けた雪が少し締まるナイターが意外と滑りやすい! 3月でナイターが終了するスキー場が多いですが、神立スキー場なら4月もナイター営業します。

    スキーやスノーボードが楽しめる時期もあと少し。せっかくなら越後湯沢に宿泊して夜まで雪を満喫しませんか? 滑り疲れたらポカポカの温泉とおいしいコシヒカリが待っています。

    この記事を書いた人

    石沢みずほ

    石沢みずほ旅行ライター

    東京の生活に疲れ現実逃避のため、マレーシアに2年間のロングステイした経験があります。マレーシアやタイなど暑い国も好きだけれど、真冬に韓国や中国に行き極寒体験をするもの好きです。他にはウィンタースポーツをしたり、ときどき山に登ったりもします

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る