ソウル→釜山へドライブ!KTXでは味わえない韓国を発見できます
韓国

皆様こんにちは。韓国在住のMELEKです。

今回は、ソウルから釜山まで車で弾丸ドライブ旅行に挑戦してみました。

ドライブは好きでしょうか? 海外旅行で、ドライブをするのが好きという方は一度試してみては!?

ソウルから釜山は東京から大阪と同程度

東京から大阪に行く時に新幹線に乗る様に、韓国でも、通常ソウルから釜山まで旅行に行く場合はKTXで行くことがほとんどです。

東京駅から新大阪駅まで新幹線で「約2時間33分」、ソウル駅から釜山駅までKTXで「約2時間15分」程度で到着なので同じくらいの国内旅行だということがわかります。

 

新幹線とKTXでの乗車時間は、ほぼ一緒であっても違いはあります。

それは値段です。新幹線で、東京から新大阪まで片道「13,620円」のところ、ソウルから釜山の片道は「59,800ウォン(≒5,989円/2018年9月現在)」なのでとてもリーズナブルとなっています。

韓国でドライブ旅行へレッツゴー!

KTXで行くと、約2時間15分程度とあっという間に到着出来てしまう釜山まで、あえて車で行くと果たしてどうなるのか気になりますよね。

時間にして、なんと約5時間40分かかりました! 夜中だったので、渋滞もなく思ったよりも早く到着しました!

 

夜の20時にソウルを出発し、釜山の海雲台に到着したのが、AM2時くらいでした。

海雲台は、橋のイルミネーションが有名なのですが、朝の2時と暗かったので、残念ながら早朝すぎて橋のイルミネーションは見ることが出来ませんでした。

 

ソウルから釜山は走行距離にして、415.7kmでした! 途中でパーキングにより休憩しながらのドライブだったので、安全に無事到着することが出来ました。

パーキングエリアでいろいろ食べながら移動出来るので、KTXとはまた違った楽しさがありました!

調べたところ、東京から大阪までは、498.3kmで時間は6時間程度かかるそうです。

24時間のお店

釜山の海雲台に到着したので、ご飯を食べることになったのですが、AM2時。

しかし、心配ご無用です! 韓国には、24時間営業のお店がたくさんあるので何時に到着しても食べ物に困ることはありません!

釜山は、海鮮が有名なので、さっそく24時間のお刺身屋さんで、「鯛のさしみ」と「コプジャンオ(ヌタウナギ)」を食べました。

海沿いには、お刺身屋さんはたくさんあるので、適当に入ってもどこも美味しいです!

『国際市場で逢いましょう』

韓国映画『国際市場で逢いましょう』を見た方はいらっしゃるでしょうか?

釜山の市場と言えば「国際市場」です。ここでは、昔ながらの韓国の市場を見ることが出来ます。

もし映画を観た方がいれば、『国際市場で逢いましょう』で出てくる市場がこちらの市場になっています!

釜山旅行の前に一度観てみてもいいかもしれません!

絶壁に建つ「龍宮寺」

海東龍宮寺は、海沿いの絶壁に建つお寺です。

海東龍宮寺は、高麗時代1376年に、공민왕(コンミン王)の時に建てられたと言われているお寺です。

 

海沿いに見えるお寺は、まさに絶景です! 韓国では、釜山旅行の際に行かなければいけないスポットに必ず入っている、今や観光名所となっているお寺となっています。

SNSが大好きな韓国では、SNS映えすると大人気のスポットとなっています。

海東龍宮寺
부산광역시 기장군 기장읍 용궁길 86
駐車場代は、3,000ウォン(≒300円/2018年9月現在)

釜山ではこれを食べるべし!

釜山と言ったら「テジクッパプ(豚のスープ)」と「ネンチェチョッパル(冷菜チョッパル)」です。

 

特に、「ネンチェチョッパル」は釜山旅行に行った際には、是非とも食べてほしい料理です。

この「ネンチェチョッパル」は、通常のチョッパルと違い冷たいスープに浸されているチョッパルとなっています。

 

チョッパルについては、ソウル三大チョッパルの記事をご覧ください。

食べた瞬間に、おっ!どこかで食べたことのある味だ……と感じる方も多くいるお味です。

それもそのはず。味は……冷やし中華のような味です。

 

からしの効いた冷やし中華の汁に、野菜とチョッパルが和えられているさっぱりとしたお味で、食が進む料理でした。

個人的に冷やし中華は大好きなので大満足の味でした。

元祖釜山チョッパル
부산 중구 광복로 17-1
電話番号:051-245-5359

ドライブ旅行の結果は?

ソウルから釜山までのドライブ旅行は、釜山に到着してからの車をレンタルする必要がないので、いつでも何時でも自由に移動できるというのも大きなポイントだと感じました。

 

また、KTXの乗車時間なども気にしなくて良いので、気ままに行きたいところに行くことが出来る自由な旅行をすることが出来ました。

ソウルから釜山までの間にあるパーキングエリアも思いのほか充実していました。

美味しいものもあり、KTXで行く時とはまた違った楽しさがありました!

注意点!

注意点としては、釜山市内での運転は少し注意が必要だと感じました。

韓国は、日本に比べて少し運転が荒い&せっかち?な方が多い印象ですが、釜山市内はソウル市内よりもさらに運転が荒い&せっかち?な方が多いように感じました。

釜山市内を運転する場合は普段よりも周囲をしっかりと注意して運転することをオススメします。

国際市場で逢いましょう。

釜山の国際市場は、「国際市場で逢いましょう」の映画場所だと説明させて頂きましたが、泣きたくない方にはオススメしない映画です!
この映画をみて涙を流さなかった方はいないのではというくらい、私は号泣した映画でした。(個人的な意見です。)
涙腺の弱い方は、一人で見ることをオススメします。
内容も、なかなか考えさせられる内容で老若男女問わずオススメの映画です!

この記事を書いた人

Melek

Melek自由を夢見る通訳士

現在韓国在住の28歳通訳士です。韓国の美容皮膚科で2年間コーディネーターを経て現在は、フリーランスに。化粧品に美容が大好きです!
とにかく旅行!食べ物!コスメ!が大好きです。
私が実際に目で見た物、使ってみた物を、皆様にも見て頂き何か感じて頂けたらと思います。

チャンネル

チャンネルをもっと見る