タイ王国の特集

最近の大学の学食はオシャレ&グルメ!?実際に行って確かめてきました
日本

大学の学食

学食といえば、どんなイメージでしょう? 
安くて、ボリューム満点! 高校生や大学生といった食べ盛りの学生たちの胃袋を満たす場。
皆さんはきっとそういうイメージを持っているのではないでしょうか。

しかし! 最近の学食事情は違うのです。
「食べざかりの君たちへ」だった学食は姿を変え、コスパはそのままに、オシャレかつグルメなスポットになっているそう。

これは確かめねば……。ということで、就活がそろそろ本格的に始まる、そんな緊張感を持った文学部4年生の気持ちで、学食へ潜入してきました!
(一般に開放されているため、筆者のようなマインドで行く必要はありません)

立教大学

まず、やってきたのは池袋駅西口から約7分の「立教大学」。
大学の学食
大学の学食
ご覧下さい、ガヤガヤした池袋の喧騒はどこへやら、ヨーロッパのどこぞの国に瞬間移動してしまったかのようです。
ちなみに、ここは12月に展示されるクリスマスツリーが有名なキャンパスでもあります。デートスポットとして、大学生の間では人気があるそう。
大学の学食
▲立教大学の第一食堂。外にはテーブルと椅子があるので、暖かい日には外でご飯もアリ。

そして、正門から入ってまっすぐ、つきあたりの建物がお目当ての学食です。
大学の学食
西洋風な建物の中は、海外にきてしまったのか、と思うほどオシャレな造り。まるで「ハリーポッター」シリーズに登場する魔法学校ホグワーツに迷い込んでしまったよう。

雰囲気だけでもバッチリな立教大学の学食ですが、肝心のお料理はいかがでしょう。
大学の学食
メニューを見ると「シェフのおすすめ」「カポナータのリゾット」「ボンゴレロッソ」など普段ラーメンと牛丼が主食の私にはあまり馴染みのない言葉ばかりです。
大学の学食
あ、でもカツ丼やたぬきうどんなどのメニューも発見しました。

今回はせっかくなので、シェフのおすすめ「ベーコンとカポナータのリゾット モッツアレラチーズとフライドポテト添え」を頼んでみようと思います。
シェフ、全幅の信頼をあなたに。
大学の学食
▲「シェフのおすすめ ベーコンとカポナータのリゾット モッツアレラチーズとフライドポテト添え スープ付き」(500円)

こちら、スープが付いて500円。やはりどんなにオシャレでも学食ですね。コスパに優れています。
気になるお味は、モッツアレラチーズの濃厚な酸味とトマトの爽やかな酸味が絶妙。大きめのベーコンとナスがゴロゴロ入ってました。量も申し分ありません。これなら学生たちも満足できるはずです。

リゾット以外に「本日のスペシャルA ブラックペッパーマヨネーズ豚丼 温玉のせ」(460円)、「本日のスペシャルB 懐かしい洋食屋のハンバーグステーキプレート」(500円)もとっても美味しそう。どの料理も手が込んでいますね。

立教大の学生さんたちが本当に羨ましいです。

立教大学
東京都豊島区西池袋3丁目34−1
公式HPはこちら

東洋大学

お次にやってきたのは都営三田線白山駅から徒歩5分ほどの場所にある「東洋大学」です。
大学の学食
こちらはリオ五輪で金メダルを獲得した、水泳日本代表の萩野公介選手が在籍しています。

お目当ての学食は「6号館」にあるとのこと。行き方が駅から「白山通り」と「旧白山通り」の二通りあるので、両方ともご紹介します。

「白山通り」からの行き方

大学の学食
白山通りを池袋方面に歩くと右手にこの建物があります。
こちらの地下が紹介している学食です。

「旧白山通り」からの行き方

大学の学食
旧白山通りはこちらから。
階段を上ると正面に井上記念館が見えるので左に行きましょう。
大学の学食
井上記念館すぐ左手にこちらのエスカレーターがあるので、こちらを下ります。
さらにまっすぐ進んで、6号館地下に降りましょう。

ちなみに、「私は東洋大学4年生ですよ」顔で学食を目指したのですが、なかなか学食が見当たらず……。あたりをキョロキョロ、若干涙目と不審人物丸出しだったと思いますので、行かれる方はこの写真を手掛かりに探してみてください。

学食に到着!

大学の学食
学食に無事たどり着くと、その広さに圧倒……。もはや学食ではありません。地方都市にある大型ショッピングモールのフードコートです。下手したらそれよりも大きいかもしれません。

私の母校は小ぢんまりとした、よく言えばコンパクトな大学だったので、学校によってこうも違うのかと本当に驚きでした。
基本的には学生の数が多いですが、中にはスーツを着たサラリーマンの方がいたり、主婦の方がいたりしました。

お店の数も多いんです。インド料理や韓国料理、ラーメンにケバブなど計7店舗。さらに、学食といえば「あんた、身体大きいねぇ。ほらいっぱい食べな」とちょっぴり大盛サービスしてくれるおばちゃんを想像するものですが、インド料理のお店にはなんとインド(系?)の人が。なんともグローバルです。
大学の学食
▲「manta(マントラ)」はカレー専門店
大学の学食
お店が多く、迷ってしまいますがインド料理の「mantra(マントラ)」に決めました。カレーのスパイスの香りが食欲をそそります。
大学の学食
今回注文したのは「ハーフ&ハーフ」のBセット。6種類のカレーの中から二つ、ライスかナンを選びます。さらにサラダ・ラッシー付きです。

私はココナッツカレーとチキンカレー、そしてナンを選びました。これで500円、ワンコインなのですからお得ですよね。ココナッツカレーはスパイシーなカレーのスパイスにココナッツの甘み、まろやかさが加わって甘口。チキンカレーは大きめのチキンがごろっと二つ入っていて、食べ応え抜群です。

そして何よりもこのナン! 写真では伝わりにくいかもしれませんが相当ビックです。これはお腹いっぱいになります。

東洋大学
東京都文京区白山5丁目28−20
公式HPはこちら

ご馳走様でした。

今回は立教大学と東洋大学の2校に行ってまいりました。
もう大学を卒業してからは5、6年経つのですが、楽しそうに学食で話をしたり、勉強したりしている彼らを見ていると、なんだか懐かしい気持ちに。

美味しいごはんを味わうのはもちろん、そんな大学の雰囲気を味わってみるのもいいかもしれませんね。

もっと、キャンパスライフを楽しめばよかった

大学に通っていたのは、もう6年も前のことになります。

母校は成城大学という世田谷区のはずれだったのですが、学食よりも、近くの下北沢で安いランチを発掘することに執心していました。
さらに授業が終わればすぐアルバイトに精を出していたため、大学生活よりもアルバイトをしていた記憶の方が強く残っています。

今回、楽しそうな学生諸君を眺めながら学食取材をおこなってみて、しみじみと、もっと学校にしっかり行ってればよかったな、と思う、今日この頃です。

この記事を書いた人

冴島友貴

冴島友貴フリーライター/フリー塾講師

1986年千葉県生まれ、栃木で塾講師として正社員を経験したのち東京でライター業をスタート。エンタメやタウン情報など手広く取材をおこなっています。これまで東京~青森の下道ドライブ旅や四国一周18切符の旅、大阪までのヒッチハイク旅などを経験。過酷な旅だけでなくのんびり旅行を楽しみたいな…。

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集