都会にツリーハウスカフェ!?「椿森コムナ」に行ってみた
日本

ディズニーランドのアトラクション「スイスファミリー・ツリーハウス」を知ってますか? 地上19mの巨大な木の上に作られたツリーハウスですが、非日常間のある空間がワクワクしますよね。

そんな非日常が味わえるツリーハウスのカフェが、千葉公園の近くに出来たという情報を入手! 早速、どんな場所なのか取材に行ってみました。

ツリーハウスは見ているだけでワクワク! オシャレなキッチンカーも

千葉駅から歩いて約9分のところにツリーハウスカフェ「椿森コムナ」はあります。目の前は人気アニメ「オレの妹がこんなに可愛いわけがない」の作中で何度も登場した千葉公園です。

中に入ってみると、両端にツリーハウスが。見ているだけでワクワクが止まりません!

はしごで登ることもできます。

「椿森コムナ」にはカフェ・バンビが常設されています。シルバーのキッチンカーがなんともオシャレ!

オーガニックコーヒー(290円)やソーセージと有機ケチャップのホットドッグ(300円)、油淋鶏(680円)、ガパオライス(680円)があってメニューが豊富。季節限定メニューもあります。

一番人気はバンビバーガー(780円)。シャキシャキ新鮮なレタス、オニオン、トマトに加えて、牛肉100%のジューシーなパティが150g! 男性でもお腹いっぱいになるほどボリューミーです。女性だったらお友達とシェアしてみてもいいかも。

常設のバンビ以外は日替わりでお店が変わって、クレープやピザのお店が出店されるそう。取材に訪れた日はカレー屋さんでした。行くたびに違ったお店が楽しめるのも「椿森コムナ」ならでは。

担当者の方に色々聞いてみた!

ところで、どのようなきっかけで「椿森コムナ」は誕生したのでしょうか?

「この土地は家を建てる目的で購入したのですが、そこには立派な銀杏と樫の木が生えていたんです。この木を有効活用できないかということで、ツリーハウスを作って、地域のコミュニティースペースにしよう、となったのがきっかけですね」

このように語ってくれたのは拓匠開発・石倉武留さん。構想が決まると、すぐさま「全米で住みたい街No.1」のポートランドに視察に。実際に「椿森コムナ」はポートランドの雰囲気や「人と環境に優しい街」を再現しているんです。

「木で作るおもちゃ作りのワークショップや朝ヨガといったイベントも随時実施していますし、ハロウィンやクリスマスなど季節ごとのイベントもやっています」

今後も楽しそうなイベントが盛りだくさんのようです。さらに、月・水・金曜日には千葉県佐倉市の牛久農園から朝採れ野菜を取り寄せて、直売コーナーを設置。朝から行列ができるほど人気なのだとか。

「椿森コムナ」はついつい長居しちゃいたくなる素敵な空間。千葉を訪れた際には是非とも足を運んでみてください。

椿森コムナ
千葉県千葉市中央区椿森1丁目21-23
公式HPはこちら

こんな場所で仕事がしてみたかった!

なんと「椿森コムナ」はWi-Fi完備! 今度はPCと本を持っていってコムナで仕事をしてみたいなと。これがフリーライターの醍醐味ですよね。

ちなみに、毎週金曜日はアルコールが500円で飲める“バル”が開催されるとか。金曜日はコムナで仕事して、そのまま乾杯!なんていうのもアリかも……。

この記事を書いた人

冴島友貴

冴島友貴フリーライター/フリー塾講師

1986年千葉県生まれ、栃木で塾講師として正社員を経験したのち東京でライター業をスタート。エンタメやタウン情報など手広く取材をおこなっています。これまで東京~青森の下道ドライブ旅や四国一周18切符の旅、大阪までのヒッチハイク旅などを経験。過酷な旅だけでなくのんびり旅行を楽しみたいな…。

チャンネル

チャンネルをもっと見る