イタリア人から妙に愛されるチェコ・プラハのカフェやグルメを、イタリア目線でお伝えします。
チェコ

チェコの首都プラハは、美しいヨーロッパの街並みと、殺伐とした社会主義の雰囲気が残る街です。
そして、多くのイタリア人が「プラハが好き」と答える不思議な街でもあります。イタリアではほとんど廃れてしまったのに、プラハにはオーストリアのカフェ文化が残っています。イタリアだと、立ったままクイッと飲んで終わってしまうコーヒータイムも、この国では座ってひと息。
今回は、ガイドブックに載っている有名な場所から普通の人々が行く場所まで、プラハに行ったら試してみたいカフェやグルメを検証してみました。

プラハのカフェで朝食を

カフェインペリアル CAFE IMPERIAL

IMG_2971
ホテルインペリアル内のカフェインペリアルは、言わずと知れた有名カフェのひとつ。見るからに値段も敷居も高そうな雰囲気です。たまたまなのか、食べている人はお金持ちそうな外国人ばかり。
IMG_2826
IMG_2828
ビビらないように(?)ネットでメニューを確認した上、朝食を食べに行ってみました。モーニングがコンチネンタルや、イングリッシュで235コルナ(約1,100円弱)でビックリ。人気のビュッフェ形式で345コルナ(1,550円位)。同じクラスのホテル朝食はイタリアだと倍以上します。ビュッフェをチョイスしましたが、給仕のサーブしてくれるコーヒーや紅茶も美味しくお腹いっぱいに。ランチメニューもありますので、チェックしてみてくださいね。
フランス、イタリア、スペインなどのラテン系の人々は、朝は軽くクロワッサンなどの甘いパンとカフェが多いですが、プラハのカフェの朝食は色々選択の幅がありました。ラテン系の少食では物足りない日本人にもピッタリだと思います。

カフェルーブル CAFE LOUVRE

次にご紹介するのは、滞在中のアパートのレセプションの人おすすめのお店です。このお店はガイドブックにも必ず載っていて有名だけど、イタリアだと観光客相手はあくまで観光客相手な場所が多いので、このカフェがおすすめされるのは何故?と逆に興味を持って行ってみました。でもレセプションの人によると、プラハは観光地だから、どこもほぼ観光客の行くようなところよと言われました。
IMG_3108
カフェルーブルは、1902年から続く老舗のカフェ。レストランもありますが、カフェでも食事が可能です。レトロな雰囲気の中で食事や飲み物を楽しめます。
IMG_3109
観光客やカップルで賑わっていて雰囲気も良いです。
IMG_3111
こちらではチェコ料理のランチをいただきました。ひと皿199コルナ(約900円)。

フードストーリー FOOD STORY

IMG_3193
こちらはチーズやハムなどの食料品も売るカフェです。若い人たちがテキパキ働いていて、気持ちが良い店でした。地元の人が朝食やカフェを楽しんでいました。
IMG_3188
朝食セットも安価で800円前後です。スムージーなどもありヘルシーフード好きにはピッタリの店です。地下がパブになっているので、夜は全く違う雰囲気になりそうです。

カフェイェドナ CAFE JEDNA

IMG_3055
こちらのカフェは国立美術館ヴィレトゥルジェニー宮殿内にあります。片側全面窓の開放的な雰囲気で、広い店内にセンスよく配置された席。イタリアやフランスだと、この倍以上の椅子やテーブルで店内を埋めてしまいそうです。
コーヒーや紅茶で50コルナ前後(約230円)。
IMG_3057
ほとんど地元の学生でしたが、静かに話しているところがイタリア人学生と随分違います。勉強している学生や、ビジネスマン風の人も。美術館見学の後にほっとひと息するのにピッタリです。こちらの美術館には、クリムトやエゴン・シーレなどの作品も所蔵しています。アルフォンス・ミュシャの大作群「スラヴの叙事詩」はこちらに展示してあります(スラヴの叙事詩は2017年3月~6月は日本のミュシャ展覧会へ行く予定なのでご注意下さい)。

ロフコビッツパレスカフェ LOBKOWICZ PALACE CAFE

IMG_2933
IMG_2932
沢山歩いたプラハ城見学の後、ちょう良い場所にあるカフェ。貴族であるロフコビッツ宮殿内にあり、パノラマテラスがあります。場所柄、観光客が多いです。プラハのカフェには、この地方ならではの温かいワインや、アップルパイもあります。

エマ エスプレッソバー EMA ESPRESSOBAR

IMG_2981
学生や通勤客などの地元の人に愛される居心地の良いカフェ。マサリヴォナードラジー駅からすぐ横。常連さんや、打合せをする人も多数。
IMG_2978
朝食の甘い焼き菓子などは自家製で、おもわず迷ってしまいました。コーヒーも紅茶も美味しく、使われている椅子がパイプと木で出来ている日本の小学校の物と同じでした!

 

いかがでしたか? 既にパリやロンドンなど主要ヨーロッパの街には行かれた方にも、プラハはおすすめの街です。日本の地方都市のように市電も走っていて、何だか親しみやすい街でした。街の中心もほぼ歩いて行けるため、とても便利です。歩き疲れたらカフェでくつろいで下さい。

座ったら高いイタリアと比べて……。

イタリアからだと乗り換えると5、6時間かかります。近くて遠い街でした。
プラハの色々なカフェに行きました。価格は実際には日本と同じか、少し高いぐらいではないでしょうか? イタリアだと座ると値段が3~4倍位に上がりますが、プラハでは豪華そうな場所でも値段が良心的に思えます。逆に言えば日本の飲食類の値段が安いのですが。
イタリアはコーヒーは美味しいのですが、紅茶は正直ヒドイです。ぬるめのお湯にティーバッグを入れただけ。紅茶は具合が悪いときに飲むものと思っているイタリア人が多いです。プラハは紅茶もじっくりいれたものが多かったです。
イタリア人から妙に愛されるプラハの意味も少しわかってきたような気がします。また戻ってみたい街のひとつです。

この記事を書いた人

ゆきとさな

ゆきとさなフィレンツェ県公認ガイド

旅行業界で20年以上働いています。旅行の度にコロコロシステムが変わるイタリアですが、できるだけ最新の情報を心掛けます。歴史と魅力が沢山の国イタリアに来て下さいね!

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る