• ニューヨークの住宅地に佇む醸造所のビールが、ここでしか飲めない味だった。 | TRIP'S(トリップス)

    ニューヨークの住宅地に佇む醸造所のビールが、ここでしか飲めない味だった。
    アメリカ

    NYも30度越えの日が増えつつあり、喉越しにシュワッとガツンと来るあの味が、一段と恋しくなってきた今日この頃。

    そういえば、「喉越し」ってアメリカでは言わないようだ。説明したら「なるほど! そういう考えもあるのか!」との事。うん。文化の違いだな。

    ビール醸造所(=マイクロブリュワリー)で飲むって一体何がいいの?


    ビール好きであるならばアメリカに来てやるべきはたったひとつ。ビール醸造所巡りである。

    ただ、NYには醸造所は極めて多く、味が良いところ悪いところが入り乱れている。じゃあ僕らは一体どこに行けばいいのやら?

    結局、どのガイドにも乗っている有名なブルックxxブリュxxーに行き、「まあこんなもんだろうなあ」など満足してしまうに違いない。

    そして、「有名だから行ったけど、大したことないね」なんて言われた日には、涙が出てしまう。

    誰かさんの歌のようだ。チガウチガウそうじゃない。そうじゃない。そうじゃないっていう話。

    上記の写真の通り、非常に有名なそのビール醸造所は「とても有名」で「ブランド力がある」「自慢できる感じ」な為、それだけで物凄く人が来る。

    飲みたいビールも少しお高い。長い列に並んでスーパーでも買えるお酒を飲むだけと言う、ビール好きには若干不満足な状況を醸し出す。

    ウィリアムズバーグだし観光地としては確かに最高であるがしかし。これでは、ビール好きとして、NYでビール醸造所行っちゃった!とは言えない。

    味にもこだわりたい、そんなビール醸造所、やはりブルックリンにある。

    さて入り口はどこだ。


    そこで、フォルクスビアー(FOLKSBIER)だ。ブルックリンの中でもぶっちぎりに安全であり、まだまだ多くの隠れ家的な有名店の揃っているこの場所。

    少し補足するがビール醸造所は大抵、看板もない。案内もない。知っている人しか分からない。この3拍子である。いやいやいやー、って思うだろう。


    参考までにコレ。だ 入り口どこだ?! 目の前に行かないとわからない。

    あった! 近づくと分かる、テイスティングルームの文字。

    フォルクスビアー。中に入ると、いかにもビールの醸造所のお兄ちゃん達が待ち構えている。

    なんかデートに来てもいいんじゃないだろうか。

    そして、この空間。

    なんて居心地のいい場所だろうか。

    バーの人が黒いパグと白いパグを飼っており、たまに犬がウロウロしている。キュン死である。

    NYのビールはしつこいようだが美味しい。だけど、味が濃いのも沢山あるのが事実。美味しいんだけど、コロナやバド、クアーズじゃない (コレらはビールと認めたくない)サッパリしたビールも飲みたい。

    ここフォルクスビアーには、cider(サイダー=アメリカ版のシャンパンみたいなもの) もある。ビールが苦手な人にはオススメである。

    サイダーと言うのも結構ポピュラーである。だけど、このフォルクスビアーのサイダーはFarm Coat。である。これはここのサイダーではなく、NYのサイダーワイン醸造所から取り入れているようである。

    こちらはGraft Cider “Fur Coat” (グラフトサイダー ファーコート)。グラフトと言うワイナリーが作っているサイダー、アルコール度数が6.9%な割にはなかなかすっきりと、そして甘いもの嫌いには最高のさっぱり感である。


    いや、ビールが苦手女子を連れて行くには最高である。私も彼此アメリカにて何十杯、いや何100杯のビールを飲んだことか。よく聞くのだ。いや、日本でも聞いた。

    「僕の奥さん(GF) 全然ビール飲まないから、一緒に来れないんだ」と。

    「いやいやいや、ここは大丈夫。シャンパンみたいのがあるよ!」
    とワイフか彼女にオススメし、自分だけはビールを堪能したい。そんなビール醸造所。スイーツ好きには向かない。絶対だ。

    また、雰囲気がもう! もう! NYブルックリン!!なのである。

    ワイフや彼女は
    「キャ〜!カッコいいね。流石xx君は色々知ってるね。なんかちょっと見直しちゃった。私…。酔っちゃったかも」
    なんて甘いセリフを言うに違いない。

    味が独特、爽やかなんだけど、決して安くない。でも珍しい。

    そして味。どれを試してもおすすめである。

    ほとんど同じに見えるが、Apricot-peach Glow UPと言う、サワー(すっぱめだが少しだけ)のビールとCucumber-lime Glow UPと言うサワーだ。

    すっきりしており、飲みやすい。アルコール度数が実は5度以下という、嬉しいポイントもある。

    通と近所の人のみ訪れるこの場所。近所にはうまくて有名な店もあるので、レストランの帰りや前に、軽く一杯。そんなつもりで探検してみてもらっても楽しいかもしれない。

    FOLKSB101 LUQUER ST – BROOKLYN, NY 11231IER
    営業時間
    月曜日 4-11pm 
    火曜日・水曜日 定休日
    木曜日 4-11 pm
    金曜日 4-12 am
    土曜日 12pm-12am
    日曜日 12pm-10pm
    公式HPはこちら

    歩いてそばのところにも別の醸造所があります。

    このエリアは、ワリナリーやブリュワリー(ビール醸造所)が多いエリアです。平日の昼間、海岸線の方に足を延ばすと海沿いのワイン工場を訪れることもできます。また、その近所にはウィスキーの醸造所も! 酒浸りになれること、間違いなし! あと、ここ食べ物もありますよ。タパスと一緒にゆっくりどうぞ!

    この記事を書いた人

    アルカリ

    アルカリさすらいの呑人

    面白いNYのバーシーンを紹介していきます。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る