• ニューヨークで150年以上やっているゲイバーに行ってみた。 | TRIP'S(トリップス)

    ニューヨークで150年以上やっているゲイバーに行ってみた。
    アメリカ

    NYは人もBARも多い街だ。道を歩けば、BAR BAR BAR。そういえば、ベトナムのビールの名前も333(ベトナムの発音がバーバーバー)。本題から逸れてしまった。

    さて、NYも完全に夏を迎えた。まだ観ぬ個性あふれるBARを探して今日も街を散策。

    西暦1850年代からあるバー??

    老舗のゲイバーは以前より興味があったのだが、所変われば品変わる。新宿2丁目は誰でも歓迎してくれるが、こちらはどうか。ゲイでなくとも行っていいのかどうなのか? アメリカ人の友人に聞くと全く問題無いとの事。

    早速訪問。老舗のゲイバーである。外からも明らかにわかる、ロゴの上にレインボーのマーク。レインボーマークはLGBTの印である。

    ドアは一見固く閉ざされており、オープンしているのか分からない。窓から覗くとうっすらと見えるライト。そして人。なんとなく入りにくさを感じさせる雰囲気。

    だがそんなものは関係ない。第二の故郷を求めるというテーマのもと、世界中に居心地のいいバーを探す為、今日も私はここにいるのだ。

    ガタン。ドアを開けるとバーテンダーと目が合う。いつも言うこの言葉。

    「入ってもいいですか?」
    「モチロン。好きな席に座ってね。」

    中に入る。壁に飾られている写真が素晴らしい。古いNYの歴史を感じさせてくれる。

    いやいや、そんなの解らないだろう日本人なのだから。と思うかもしれないが解るのだ。このバーには確かに歴史がある。

    カウンターにはタンクトップのマッチョが離れて2人。おしゃれだけど、線の細すぎる男性が1人。バーテンダー以外、誰も私に目すら向けない。彼らは静かに飲んでいる。

    さておき私も早速ビールをオーダーする。Lagunitas IPAだ。Langunitasと言うビールは比較的どこのレストランにも置いてある。

    味は王道ながらも苦みがあって、かけつけ一杯にちょうどいい。更にハッピーアワーで、安い。通常7~8ドルのものが4~5ドルになる。

    ※店によっては、ハッピーアワーの対象ビールと非対象ビールもあるので、必ず確認を。

    昔のハリウッド映画のスター? この写真その時からあるの?

    店内の写真を撮っていると、「いい写真撮れた?」と店の人が話しかけてくれた。バーテンダーではない。オーナーだろうか?

    「はい。あまりにも1つ1つの写真に歴史があって。私のようにNYに来る人に知って貰いたくて。」と答える。

    すると「ここは古いからねえ。1850年代からあるんだよ」「そうすごく古い」「古いねえ」などと周りの人も口々に答え始めた。

    彼らはカウンターの右端に座っている。私は左端だ。私の側には誰も座ってこない。入った時から他の客との間に薄々距離感を感じていたのだが、そうではない?!

    嬉しくなったのもつかの間、話終わると皆そっぽを向いてしまう。くっ。少し寂しくもあるが、でも来たばかりの私の発言に答えてくれたのだ。私は写真を撮り続ける。

    ふと気が付くとバーテンダーとオーナーが撮りやすいように少しかがんでくれていた。優しい!

    NYらしい空間に身をゆだね、味わう

    ゲイバーだからか、今日は客も男性しかいなかった。

    NYに来たならマンハッタンのエンパイヤステートビルを巡るのもいい。でもそれはみんなが知っている事。

    酒好きならばこういうバーに来るのも1つの思い出となる。素晴らしく良い。NYらしさを感じさせてくれ、ビールの味わいに浸らせてくれる。

    壁の新聞の切り抜きを見ていると、アメリカの古い映画を観ているような感覚に陥った。そしてグラスが空になる。

    写真に写っている人たちがゲイなのかそうでないのか? 聞きたいが、何と無くまだ失礼だと思い、聞くのをためらってしまった。

    2杯目はブルームーン。苦みのないビールであり、ほのかに甘く、女性におすすめである。飲みながら、そっと1ドルをカウンターに置く。

    暫くするとバーテンダーが気がつき、私にサンキューといってウィンクを。グレーヘアーのダスティンホフマンに良く似た彼だ、店の雰囲気ともマッチしており、非常にセクシーである。残念なことに。

    小腹が空いたので、チキンウィングをオーダーする。「食事は僕じゃないよ。彼に言って、彼にお金払ってね」と言われる。

    振り向くと食事担当の小さいキッチンが後ろに。なんと! 食事と酒が別会計だ。渡す人が異なるというのも面白い。食事担当の彼?はかなり大きい男性であり、マッチョではないが、タンクトップにエプロンである。

    揚げたてのチキン。ソースは沢山あるようだった。首をかしげながらどれにしようかと選んでいると、彼が説明してくれる。「これは、マスタード。これはバーベキュー。あ、ブルーチーズのレンチもあるよ。」

    私はレンチが好きなのである。レンチとはこちらではポピュラーな、チキンと良く合うフレンチドレッシングとマヨネーズとタルタルソースをブレンドしたような味のソースである。

    これにスパイスを加えたり、チーズを加えたりしてその店ごとに味が違う。

    「レンチで!」ぽんっと出てきた。

    チキンはアツアツ。それもその通りである。今私の後ろの席で、作ったのだから。ブルーチーズのレンチと良く合う。のど越しに通るジューシーなチキン。先ほど頼んだビールは甘みのあるビールである。マッチする。

    かけつけ2杯を結構なスピードで飲んだせいか、今日は酔いのまわりが早いようだ。※アメリカのビールはアルコール度数が高いのでゆっくり飲むのをお勧めする。

    バーを堪能した私はそっと店を出る。彼らもまた静まり返って飲んでいるからだ。その場所に来た人だけが味わえる、表現しがたい阿吽の呼吸。それがバーである。

    Julius
    159 West 10th Street, New York, NY 10014
    公式HPはこちら

    ゲイバーって言いますが、おネエはいませんよ

    アメリカは、LGBTに優しい国です。ゲイバーと言ってもここの魅力は何といっても歴史のあるバーと言う事です。地震のない国だからこそ出来る1850年代からある老舗のバー。アメリカの歴史に触れる、いつもとはちょっと違ったNY旅の参考にしてもらえると嬉しいです。
    ゲイバーって言いますが、おネエはいませんよ

    この記事を書いた人

    アルカリ

    アルカリさすらいの呑人

    面白いNYのバーシーンを紹介していきます。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る