• 現地在住者がおすすめする、絶景しかもリーズナブルなモルディブのレストラン | TRIP'S(トリップス)

    現地在住者がおすすめする、絶景しかもリーズナブルなモルディブのレストラン
    モルディブ

    maldives

    モルディブといえば、なんといっても世界屈指の美しさを誇る海!
     
    環礁の国ならではのブルーが幾重にも重なる海が目の前に広がり、静けさのなか聞こえるのは波の音だけ。そんな最高のシチュエーションに癒される極上のひと時を……というのは高級リゾートでは約束された過ごし方ですが、ローカル島でとなると変わってきます。
     
    ローカル島とは現地の人々の生活が営まれている島。特に首都マーレは世界一人口密度が高い都市と言われているだけあり、車もバイクも人も多く行き交い、真っ直ぐ道を歩くことも難しいほどです。
     
    マーレでも、ゆっくり海を眺めながらお茶したい!
     
    そんなあなたに、おすすめのお店を紹介したいと思います。

    手を伸ばせば海に届きそう!オーシャンフロントの絶景

    CITRON
     
    手を伸ばせば届きそう!なくらい、すぐ目の前に海が迫るレストランがあります。その名は”CITRON(シトロン)”。晴れた日の海の色はため息がでるほどの美しさです。
     
    向こうに見える島はマーレ国際空港。飛行機や水上飛行機の離発着もゆっくり眺めることができる、飛行機好きにはたまらない穴場です! 運が良ければ、水族館さながらのイルカがジャンプが見られることも!
     
    首都マーレは歩いて1周2時間ほどのサイズ。外国人観光客が訪れるエリアは限られており、空港発着フェリー乗り場から徒歩15分圏内が観光エリアです。この観光エリアには、外国人向けのお洒落なカフェやレストランが数軒あります。その中には海が見えるレストランやカフェがあるのですが、バイクや車が多く行き交う大通りに面しているため、静かな雰囲気からはほど遠い感じ。
     
    ”CITRON(シトロン)”はそんな観光エリアからは少し離れていますが、徒歩で気軽に立ち寄れる距離にあります。首都マーレに住む私にとっても、海を静かに眺めながらお茶したい……と思った時に足を運ぶ、一番お気に入りの場所です。
    CITRON
    店内は広々としており、2階席もあります。ランチの時間帯は少々混み合いますが、それ以外の時間帯はほぼ貸切状態になることも!

    うれしい!リーズナブルな価格と充実したメニュー

    CITRON
    こんな絶景のレストランならば、お値段も高いんじゃ……と思いますが、意外にもリーズナブル。モルディブではお馴染みLAVAZZAブラックコーヒーが、2米ドルほどです。これで(少しスピードは遅いですが)無料Wi-Fiも使えるというのですから、観光客のみならずビジネスで滞在の人達にも人気があるのは頷けます。
    CITRON
    気になるお食事メニューも品揃え豊富。タイ料理やBBQ、イタリアン、どれも味に定評があり、こちらもまたお一人様15~18米ドルほどです。
     
    私の一押しは、曜日でテーマが変わるディナービュッフェ。オープンテラスの解放的な雰囲気のなか、遠くライトアップされた空港と、行き来する船を眺めながらのディナーは最高です。

    空港発着フェリーから徒歩3分の好立地

    CITRON
    CITRONのすぐ隣にあるSea House Maldivesの左側にある船マークが、マーレ国際空港と首都マーレをつなぐフェリーの発着場です。CITRONまでは徒歩で約3分。
    ドドーンと大きな店構えがすぐに見えてくるので、マーレが初めての方でも迷わずに行くことができますよ。

    CITRON(シトロン)

    日本から友人が来たら絶対に連れて行きたい場所

    首都マーレは世界一の人口過密都市と言われているだけあり、人も車も多く、土地も家賃も高騰。こんなに美しい海に囲まれた島に住んでいるというのに、海が見えるマンションに住むのは難しいのが現状です。
     
    そのため海が目の前に広がるレストランやカフェは、観光客のみならずマーレに住む外国人にとっても貴重な空間。
    喧騒を離れ、モルディブの真っ青な海と静かな雰囲気に癒されたい時に自然と足が向く、そんなレストランです。
    日本から友人が来たら絶対に連れて行きたい場所

    この記事を書いた人

    たまてばこ

    たまてばこモルディブ ローカル旅アドバイザー

    モルディブに住んで、気付けば6年目。
    一定の場所に長くいられない気質。ご縁とチャンスがあればどこにでも飛んでいくフットワークの軽さは自他共に認めるところ。それもあって、いろいろな場所に出没中。豚骨ラーメンが大好きな福岡っ子ながら、イスラム教の国モルディブで豚肉もビールもない禁欲生活の日々を送っている。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る