TRIP'S(トリップス)

【トリップス】全て現地取材
本物の旅人のための旅Tips

元在住者が伝授!人気のベトナム・ダナンリゾートを格安で楽しむ裏ワザとは?

現在人気急上昇中のベトナム・ダナンのリゾート。白浜のビーチがまっすぐ続く美しい海辺には海外資本の一流リゾートホテルが林立しています。もちろんどれも4つ星、5つ星クラスですから、宿泊には「なん万」単位の費用が必要です。バックパッカーや周遊で訪れる観光客には敷居が高く、どこか別世界のように思えるかもしれませんね。でも、実はリゾートホテルはビジターにも開かれていることが多く、低予算でリゾートの雰囲気に浸ることが可能だったりします。宿泊先がドミトリーであろうと、エコノミーホテルであろうと、いつもよりちょこっとだけおめかしをしてリゾートホテルに足を踏み入れたら、疑似リゾート客体験ができちゃうんです。

疑似リゾート客体験について

ベトナム・ダナンのリゾートの疑似リゾート客体験では、具体的にどんな方法があるかご紹介しましょう!

朝食ビュッフェ

入り口で「ホテルのゲストではない、ビジターです」と伝えればビジター料金でホテルの豪華ビュッフェが楽しめます。食後は休憩もかねて、ホテル内のラウンジやソファに腰かけてリゾート気分を味わってみて。

スパ&マッサージ

スパ&マッサージもビジターに門戸が開かれていますよ。
ユルワの経験ではダナンのマッサージはなかなかのハイクオリティ。街中にある小さなスパでも満足できるところが結構見つかるので、リゾートホテルのスパとなればそれ相当のものが期待できるはず。
ダナンには日系旅行会社のオフィスもあり、リゾートでのスパのパッケージも用意されています。「可能な限り割安で」という事であれば、気になるリゾートホテルのサイトで直接申し込んでもいいかも。

アクティビティ

宿泊客のために各リゾートが開催するアクティビティの中には、ビジター歓迎のものもあります。ベトナム料理のクッキングクラスを開催するリゾートもあるので要チェックですね。

上記3つの要素で楽しめるリゾートホテルをピックアップしてみました。

フラマダナン Furama Resort Danang

フラマダナン
ベトナムで最初に5つ星を獲得したフラマは、ダナンのリゾートホテルの中でも老舗株。コロニアルスタイルの内装が、レトロな感じで王道リゾートの風格を漂わせています。そんなフラマでは朝食ビュッフェがおススメ。ユルワも週末の朝、マキシ丈ワンピースという少しだけおしゃれをして友達と訪れたことがあります。
フラマダナン
フラマは大人気のリゾートなので、朝食の時間も非常に込み合います。そのせいか私たちは通常のビュッフェ用のダイニングではなく、臨時に開設されたお隣のイタリアンレストランに通されました。もちろん同じメニューのお料理が並んだビュッフェスタイル。しかも、人でごった返すダイニングより、サンルームのようなお洒落なレストランだったので、のんびり優雅な週末の朝食を楽しむことができました。

気になるお値段はだいたいVND550,000~600,000(2,700~3,000円)ほど。日本のホテルのビュッフェとほぼ同レベルですが、5つ星リゾートの朝食ビュッフェがこのお値段なのですからお得と言えますよね。食後はホテル内のソファに腰かけてまったりと過ごしてもよし、敷地内のお庭やプライベートビーチを散策してもよし。思い思いの過ごし方をして、風格のあるリゾートの雰囲気に触れるとなんだか自分までレベルアップした気分になったりして。

フラマダナン Furama Resort Danang
Khuê Mỹ, Ngũ Hành Sơn
公式HPはこちら

プルクラ Pulchra Resorts Danang

プルクラ
プルクラ
ダナンのビーチをホイアン方向に進むと、ダナン随一のパワースポット「五行山」が見えてきます。その「五行山」の近くにあるのが日系高級リゾートのプルクラです。ダナン近郊の世界遺産ミーソン遺跡をイメージした館内は、エキゾチックモダンな雰囲気に包まれリラックスできます。また、日本人経営ならではのきめ細やかなサービスが受けられることもあって、高い評価を受けているリゾートなのです。

そんなプルクラではビジターにも朝食ビュッフェのほか、終日ダイニングが解放されており、気軽にリゾート気分が満喫できるようになっています。朝食ビュッフェはピーク時以外はメニューから好きなだけ選べるオーダービュッフェスタイル。お値段もVND486,000(2,500~2,700円)ほどで開放感あふれるリゾートのダイニングでお料理が堪能できます。
またプルクラには、ベトナム料理のクッキングクラスという目玉がもう一つ用意されています。プルクラのベトナム人シェフから直接教わるフォー、ミークワンなどのベトナム料理はきっと絶品に仕上がるはず。レシピを押さえて帰国後も一流シェフの味を自らの手で生み出せるようになったら旅の思い出にもなりますね。スタッフ一押しのアクティビティということでビジターの参加も大歓迎ということです。参加費はVND580,000(3,000円)ほどと、リゾート価格とは思えないかなりリーズナブルな設定だと思うのですが、いかがでしょう。

プルクラ Pulchra Resorts Danang
Trường Sa, Hòa Hải, Ngũ Hành Sơn, Đà Nẵng
公式HPはこちら

アラカルテ  A La Carte Danang Beach

アラカルテ
上でご紹介したホテルはどちらも5つ星の超高級リゾート。予算をもっと押さえてリゾート体験を希望するツーリストにぴったりなのが、比較的カジュアルなアラカルテです。アラカルテもダナンのミーケービーチの目と鼻の先にそびえ立つ高級ホテルで、ガラス張りの館内はナチュラルテイスト×マリンスタイルのインテリアで統一されています。フラマやプルクラと比べると、かわいらしいイメージなので女性の心をぐっとつかみます。
アラカルテ
2階のダイニングの朝食ビュッフェはユルワも在住中に何度も足を運んだことがあります。ビジター価格はたったのVND200,000(約1,200円)と、非常にお得。しかもお料理はベトナム料理はもちろん、ウエスタン、中華、韓国と幅広いラインナップ。新鮮な南国フルーツもたくさん揃っていて、中でもユルワのおススメはフレッシュフルーツジュースです。
アラカルテ
お腹が膨れたら、そのまま屋上へ。ダナンのビーチが展望できるラウンジ&バーは居心地のいい空間が広がってます。ユルワは平日の仕事後にふらりと立ち寄って気分転換をしたものです。またこちらのラウンジ&バーは夕方から夜にかけての眺めがきれいなので、その時間に訪れてもいいですね。個人的にはガラス張りのおトイレを試してもらいたいかも。ダナンの街を見下ろし、解放感に浸ってみるのも一興?(笑)
アラカルテ
アラカルテホテルでは飲食のほか、スパも利用可能となっています。アラカルテホテルのSpice Spaは在住日本人から「一度は試す価値あり」と高評価を得ています。数あるメニューの中でユルワが受けたのはボディマッサージ。施術前にお茶をいただきながら、3種類のハーブオイルから好きなものを選べます。それから漢方生薬入りの足湯とスクラブを経て、マッサージへ。うつ伏せになった時に顔がつぶれないようにベッドに穴が開いているのですが、その穴の下にもいかにも「効きそう」な香りの漢方生薬が置かれていました。
丁寧なマッサージの後のお楽しみはロビーでいただく温かいお茶とヨーグルトのサービス。VND790,000(4,000円)ほどの60分のマッサージコースで、これだけのサービスなのだからかなりコスパが高いですよね。リーズナブルにリゾート体験ができるアラカルテホテルはユルワ的にもかなりおススメなのです。

アラカルテ  A La Carte Danang Beach
Corner of Vo Nguyen Giap Street & Duong Dinh Nghe Street, Sơn Trà, Đà Nẵng,
公式HPはこちら

ザ・ブロッサムホテル The Blossom Hotel

ブロッサム
最後にご紹介するリゾートは今までのリゾートとは違って、ダナンのビーチ沿いではなく、街中を流れるハン川の中州「グリーンアイランド」にある日系リゾートホテルです。海辺とは異なりダナン中心部に近いことから、空港や鉄道駅間の移動や、街中にあるローカル飯のおいしい店にも好アクセスの、隠れ家的リゾートになっています。
ブロッサム
そんなブロッサムホテルの目玉は何といっても日本式の露天風呂。ベトナム国内はもちろんですが、東南アジア各地を周遊しているとホテルにはシャワーしかないため日本のお風呂が恋しくなりませんか? たまには湯船にお湯を張って旅の疲れを癒したくなったりしますよね。そんな時に訪れてほしいのがブロッサムホテルのお風呂なんです。
ビジターでもVND220,000(1,100~1,200円)で露天風呂とサウナが使い放題な上に、日本のスパとほぼ同レベルのアメニティも揃っているので手ぶらでもOK。ただ個人的には体洗い用に薄手のタオルか手ぬぐいと洗顔フォームを持参したほうが便利だと思います。

ザ・ブロッサムホテル The Blossom Hotel
Lô A1, A2 khu đảo xanh mở rộng, Đà Nẵng
公式HPはこちら

雨季のダナンは日本の真冬並みに冷え込むこともあるので、そんなときに暖を取るべく在住日本人も利用したりする穴場スポットで、私も雨季に限らず体をしっかり温めたいときには時々訪れていました。また街中よりお値段は高めですが、マッサージのレベルも高く奮発してお風呂とマッサージをセットにして疲れを癒したことも。リゾートの露天風呂でゆったりくつろいで、旅の疲れを癒していただきたいものです。

(記事内で紹介されている価格は2016年時点のものです。価格変更の可能性があるのであらかじめご確認の上お出かけください。)

ダナンでの予定にリゾートで過ごす時間を入れてみよう!

いかがでしたか? 3~8月はダナンは乾季となり、リゾートを満喫できるベストシーズンですが、朝食ビュッフェなどは雨季も乾季も関係ないので一年中足を運んでいただけますよ。元ダナン在住者であるユルワがお伝えしたリゾート利用術を使って、ダナン滞在を充実したものにしてくださいね。
ダナンでの予定にリゾートで過ごす時間を入れてみよう!

この記事を書いた人

ユルワ

ユルワベトナム/ダナン専門家

「女一人でどこへでも乗り込む」アラフォーのトラベルライター。主にベトナムの中で大人気のダナンを掘り下げて情報発信しております。 幼少のころから東京都内を転々とし、更に家族と札幌へ移住。そんな生い立ちからついたノマド癖。 モノはないけど海が超絶きれいな太平洋上の島国と激安激ウマのベトナム・ダナンで通算3年間に及ぶ海外暮らし経験有。次はどこで暮らそうかなと思案中です。