ロンドンファッションウィーク2017!おしゃれすぎる現地レポート!
イギリス

プライベートガーデンのクロッカスが咲き始め、ようやくロンドンにも春の気配が感じられるようになった2月下旬。2017年もいよいよ開幕しました、LONDON FASHION WEEK FESTIVAL! (※以下、略してLFWFとします)2月23日(木)から26日(日)まで4日間に渡り開催されたロンドン最大のファンションイベントの模様をお伝えします。

LFWF in the new venue

LFWF02
会場となったのはリニューアルしたばかりの「The Store Studios, 180 Strand」。エントランスからテンション上がります! 会場スタッフがポラロイドカメラで撮影してくれるのですが、目一杯おしゃれしたロンドナー達が、思い思いのポーズでレンズに収まっていましたよ。どうしてもカメラを向けられると条件反射でピースをしてしまうTHE・日本人の私は、この時点ですでにちょっと気後れしつつ、いざ潜入!

Welcome to LFWF!(LFWFへようこそ!)

LFWF03
エントランスを抜けると、笑顔が素敵な会場スタッフの女の子がポップコーンとホットコーヒーをサーブしてくれました。日本だと飲食禁止の会場が多いですが、コーヒーやお酒を飲みながら楽しむのはこちらでは普通のスタイルだったりします。
 
そして、会場のあちこちに休憩スペースが設けられているのですが……如何せん、おしゃれすぎて逆に落ち着かない! 本当はこのレポートも写真のおしゃれスペースでタイプする予定だったのですが、ちょっと居た堪れなくて結局持ち帰り決定。

ファッションアイテムが主役のイベントなので、会場内は至ってシンプルに壁から何から全て白で統一されています。そんな中、無造作に置いてあるカラーチェアがポップでキュート!

Let’s enjoy shopping!(ショッピングを楽しもう!)

LFWF05
ファッションショーというと、ランウェイを颯爽と歩くモデルたちのキャットウォークを思い浮かべる方が多いと思いますが、実は楽しみはそれだけじゃないんです。ざっくり分けると、LFWFは「CATWALK」「TALKS」「SHOPPING」という3つの要素で構成されています。この中から、まずはお得がたっぷり詰まったショッピングエリアをご紹介!

ラグジュアリーブランドがとってもお買い得!

日本でも人気の高いブランドが半額かそれ以下でゲットできちゃいます。店頭ではもう手に入らないレアアイテムもあって、完全にトレジャーハント状態! 買いすぎ注意です。
LFWF06
▲PRADA(プラダ)/£1,800→£795 ※£=ポンド
LFWF07
▲CHANEL(シャネル)/£610→£350
LFWF08
▲VIVIENNE WESTWOOD(ヴィヴィアン・ウエストウッド)/£275→£250
LFWF09
(左)▲AQUASCUTUM(アクアスキュータム)/£79→£35、(右)BURBERRY/£295→125
LFWF10
▲LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)/£355→£250

(下)WILBUR & GUSSIE(ウィルバーアンドグッシー)/£175→£79

日本未上陸のUKブランドをチェック!

まだ日本に上陸していないロンドン発ブランドを発見! これこそファッションイベントの醍醐味ですよね。

HELENE BERMAN LONDON(ヘレン・バーマン・ロンドン)

LFWF12
店員さんにモデルになってもらいました。このままショーに出られそうなクオリティ……! ロンドンらしい遊び心あるデザインと上質な生地がレディライクな、大人女子向けブランドです。

Miss Patina London(ミス・パティーナ・ロンドン)

LFWF13
とにかくすべてがキュート! 猫モチーフ、パフスリーブ、丸襟など、可愛いをぎゅっと詰め込んだようなお洋服が並びます。甘くなりすぎない絶妙なバランスなので、大人の休日スタイルにも簡単に取り入れられますよ。スモールサイズが揃っているのも、日本人女子には嬉しいですよね。

アニヤ・ハインドマーチCBEによるトークショーも!

ファッション業界のセレブリティによるトークショーもあるんです。初日の夕方は、日本でも人気のロンドン発バッグブランド「ANYA HINDMARCH(アニヤ・ハインドマーチ)」の、功績が国に認められた人に与えられる勲章CBEを持つANYA本人によるクリエイティブトークショー! ここ最近で衝撃的だった目玉焼きやモンスターのモチーフを始め、デザインのインスピレーションやアイデアについて語ってくれました。

いよいよメインイベントのキャットウォークへ!

 
メインイベントには「DESIGNER SHOWS」と「TREND SHOWS」の2種類があり、「DESIGNER SHOWS」は個々のデザイナーのショー、「TREND SHOWS」は今シーズンのトレンドアイテムを紹介するショー、という感じで分かれています。
 
初日の「DESIGNER SHOWS」は、ロンドンを代表するブランド「OSMAN」でした!(OSMANはショッピングエリアにも出店しています)個人的に、形がすごく綺麗でニュアンスのある色使いが大好きなブランドです。
 
LFWFでは、ランウェイとオーディエンスの間に境がないんです。だから、前列に座れば本当にモデルの目の前で、同じ視点でキャットウォークを見ることができますよ。

This is LONDON!

LFWF14
会場内のカフェで休憩中に、これぞロンドン!という素敵な2人組を見つけたので、日本のメディアで紹介させてー!とお願い。快くOKしてくれて、こんなラブリーな笑顔を見せてくれました。2人とも真っ赤なドレスが本当に似合っていて、心からおしゃれを楽しんでいるのが伝わってきました。Thank you so much!!

宴の後は……

LFWF15
やっぱりお酒!ということで、思わずビールに手が伸びそうになるところをぐっと堪えて、ここはおしゃれにシャンパンで締めてみました。

番外編

シャンパンバーでの一幕。ちょうどお客さんが誰もいなかったのでカメラを向けたところ……分かりますか? バーテンダーのお兄さんがお茶目にポージングしてくれています。
番外編

この記事を書いた人

Yuki

Yuki

横浜生まれ。大学卒業後、制作会社勤務を経て現在はフリーランスのDTPデザイナーをしています。ロンドン在住をいいことに、日本の第二都市は横浜だと吹聴してます。歴史と文学と美術にまつわる旅をビール片手に一人で楽しむのが至福。こちらでは、歴史好きと飲兵衛さんに有益な情報をお伝えしていけたらと思っています。

チャンネル

チャンネルをもっと見る