• イギリス最果ての地「Land’s End」に行ってみた | TRIP'S(トリップス)

    イギリス最果ての地「Land’s End」に行ってみた
    イギリス

    landsend01

    “End”という言葉には、始まりと終わりという2つの意味があります。イギリス最果ての地Land’s Endは、その名の通り「始まりと終わりの地」。

    どこか冒険心をくすぐる「最果て」を目指して、いざ出発!

    ソクたびソクたび

    St Ivesの車窓から

    landsend02
    ロンドンからLand’s Endへは、起点となるPenzanceという町まで電車で行くことが出来ます。

    そして、ここからLand’s End行きのバスに乗ることになるのですが、私は海沿いの町St Ivesから出発したので、まずはローカル線の旅でスタートです。

    St Ives

    landsend03
    車窓からは、こんな素敵な景色を楽しめます。若いアーティストが集まるSt Ivesは、インスピレーションを刺激する美しい海岸線と、港町ならではの開放感ある街並みが人気のリゾート地でもあります。
    landsend04
    お供は、駅までの道中にゲットした地元ブルワリーのラガー! 圧倒的にエールが美味しいイギリスですが、爽やかな飲み口が海辺の景色にぴったりです。
    landsend05
    景色とビールを堪能しつつ、一度乗り換えを挟んで、Penzance駅に到着。ここからは、ひたすらバスで最果てを目指します。

    ちなみに、バスからの眺望がかなり素敵なので、座席は2階の前列がおすすめです。長閑な田園風景とレトロな街並み、海外線沿いの鮮やかな色彩……イギリスの田舎町の魅力をハイライトで楽しめますよ。

    (※帰りのバスは夕方にはなくなってしまうので、必ず時刻表のチェックをお忘れなく。時刻表は、バスターミナルにあるインフォメーションで入手できます。)

    《St Ives – Penzance》Great Scenic Railways
    《Penzance – Land’s End》First Bus

    イギリス最果ての地”Land’s End”

    長閑な田園風景を通りすぎること1時間半。Land’s Endに到着です! バスを降りるとすぐ目の前にビジターセンターがあり、ギフトショップやファミリー向けの施設が立ち並んでいます。

    ここまではかなり観光地テイストが強いですが、ショッピングエリアを過ぎてどんどん崖を目指して歩いていくと……。
    landsend06
    真っ白な外壁が眩しい最果てのレストランや……、
    landsend07
    年季の入った最果てのポスト!
    (※稼働していないので注意。日本へエアメールを出したい時は、途中で通ったビジターセンターで投函することができます。)
    landsend08
    “Land’s End”サインの前で記念撮影を忘れずに!

    フォトサービスは夕方に終わってしまいますが、その後も撮影は自由にできます。
    (※フォトサービスの時間は季節によって変わります。)
    landsend09
    そして、ビール! サインのすぐそばのホテル1階にあるパブは誰でも利用できます。

    また、外で飲みたいと伝えれば、専用のプラカップに注いでくれますよ。眼下に広がる大海原に、旅の開放感と達成感が高まります。

    旅の終わりは……

    landsend10
    達成感とほろ酔い気分を抱えて帰路に着くと、St Ivesではこんな素敵な日没が待っていました。

    夕暮れのグラデーションに染まる水平線が港町を彩ります。昼間は若いアーティストや観光客の活気に満ちた街が、夜へと変わるこの一瞬だけは心地よい静けさに包まれます。

    ちなみに、時刻はなんと21時過ぎ! サマータイム万歳! イギリス、特に田舎に行くなら断然夏がおすすめですよ。

    まとめ

    日本と同じ島国のイギリス。ロンドン近郊のブライトンやフランスとの玄関ドーバー海峡など、海を臨む名所はたくさんありますが、どれも表情が全く異なります。

    ここLand’s Endの開放感はまた格別。そして、何も考えずにのんびりと海を眺めながらのビールもまた至福!非日常の冒険がしたくなったら、ぜひ、この最果ての地を訪ねてみてください。

    Land’s End
    Informationはこちら

    番外編

    コーンウォール地方のパブに行くと大体あるのがこの2つ。イギリスらしいペールエール(左)と、喉越し爽やかなラガー(右)。どちらも地元ブルワリーが造るコーニッシュビアです。飲兵衛さんはぜひお試しあれ!
    番外編

    この記事を書いた人

    Yuki

    Yuki

    横浜生まれ。大学卒業後、制作会社勤務を経て現在はフリーランスのDTPデザイナーをしています。ロンドン在住時は、日本の第二都市は横浜だと吹聴してました。現在一時帰国で日本満喫中!歴史と文学と美術にまつわる旅をビール片手に一人で楽しむのが至福です。こちらでは、歴史好きと飲兵衛さんに有益な情報をお伝えしていけたらと思っています。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る