建築家・隈研吾氏が設計した建物で、気軽にランチを楽しめる場所がある!
日本

ラカグ 内観

こんにちは、monaです!

今回は建築×カフェということで、建築も楽しむことができるカフェ・お店を紹介したいと思います! それでは早速行ってみましょう~!!

ソクたびソクたび

Q1.ここはどこでしょう?

ラカグ 外観
さて、最初の問題です。ここはどこでしょう?

写真をよくよく見ると住所の手掛かりとなるものがありますね……まあそこは置いておいて、写真奥に見える建物が今回紹介する場所です。見たことがある方もいるのではないでしょうか?

正解は……
ラカグ 看板
じゃ~ん! 神楽坂にある「la kagu」です! トタンの冷たい素材感がクールな印象を与えています。

Q2.この建築の設計者は誰でしょう?

ラカグ 外観3
続いて第2問。la kaguは誰が設計したでしょう? ヒントはとっても有名な建築家の方です。最近だと、東京オリンピック関連で話題になりました。

正解は……

隈研吾さん! 隈さんは「新国立競技場」で話題になった建築家の方です。元の設計者であったザハ・ハディドさんに代わって設計することになったのです。

そんな有名建築家の作った建築がこんなに近くにあるなんて……! そうなんです。実は都内には、意外なところに有名な建築が多くあるのです。

中に入ってみよう!

それでは、そんなla kaguの中に入ってみましょう!
ラカグ 天井
こちらの建物は、1960年代に建てられた新潮社の書庫をリノベーションしたものです。倉庫らしい雰囲気がちらほらと残っています。
ラカグ 内観
2階のスペースはこんな感じ。ゆったりとくつろげそうな雰囲気です。

お目当てのカフェへ

さて、お目当てのカフェへと行ってみました。ここで名物となっているのがこちら!
ラカグ サンド
じゃじゃ~ん!『コロナのたまごサンド』!

断面のインパクトがすごいですね、たまごの分厚さが異常(笑)。量的にもボリューミーで満足できるものになっています。

たまごは優しい甘さで、ふわふわの食感。ケチャップは市販のケチャップよりもトマトの存在感が強いです。たまご、パン、ケチャップ、それぞれの存在感はしっかりと残っています。
ラカグ カフェ
座った席から見えた、注文カウンターの様子。シンプルなデザインと色づかいで、心地いい空間を演出する手助けになっています。

2階から見る景色、意外と開放的でいいのです。

ラカグ 階段から
2階の出入り口からの景色。この建築で特徴的でもある長い階段の部分ですが、ここで自由に座ってくつろげるようにと、あえてこういう風に設計されたんです。

でも意外とそういうような使い方をする人は少ない……この意図を知ることで、ここでくつろいでくれる人が増えたらいいなと思いました。
ラカグ 外観2
駅近、おしゃれ。あなたも、la kaguへ行ってみてはいかが?

la kagu
東京都新宿区矢来町67
SHOP 11:00 ~ 20:30 / CAFE 11:00 ~ 20:30
公式HPはこちら

シンプル×おしゃれ

素材がそのまま形になったような外観と、白を基調としたシンプルな内観。かといって地味なわけでもなく、シンプルなものの良さを改めて知ることができるような、そんな空間でした。駅から出てすぐというアクセスの良さもまた魅力だなと思いました。

この記事を書いた人

mona

mona

建築マニア。建築とカフェとスイーツとお散歩の専門家。
明日ふらっと出かけたくなるような場所を紹介していきます。

チャンネル

チャンネルをもっと見る