グロ可愛い…!スイーツビュッフェ「ハロウィーン・モンスターの舞踏会」に参戦!
日本

今年も始まったヒルトン東京お台場の「ハロウィーン・モンスターの舞踏会」に早速行って来ました。

会場内で聞こえてくる「こわかわいい」「グロかわいい」「きもかわいい」という黄色い声。聞き馴染みのない形容詞ですが、実際に見たら納得してしまいます。

「目玉美味しい~」って聞こえて来た時には吹き出しちゃいました(笑)。さっそくご紹介します。

ありがたい、食事前の写真タイム。

ヒルトンハロウィンスイーツ
会場は、2階のシースケープ テラス・ダイニングです。予約時間の20分前に到着するも、既に行列が。

予約のみなのになぜ?と思いつつとりあえず並んでみたら、10分前から案内が始まりました。着席しドリンクを注文すると、食事スタート時間までの間は写真OKという事でした。
ヒルトンハロウィンスイーツ
スタッフさんたちが並べている横から恐縮しつつ、バチバチ撮らせて頂きました。
ヒルトンハロウィンスイーツ
ブッフェは写真が撮りづらいのでありがたい気遣いですね。SNS映えを狙って訪れた方はここが勝負所かもしれません。

お化け屋敷のような、白黒基調のハロウィン空間。

ヒルトンハロウィンスイーツ
大きな窓のある明るい雰囲気のレストランですが、ブッフェコーナーは今にもお化けが出てきそうな雰囲気。飾りも食事も白・黒が多いので暗~い怖~い感じが漂っています。
ヒルトンハロウィンスイーツ
店内かテラスかは予約の時点で選ぶシステムです。おひとり様の筆者は、窓に向かった席に通して頂けて、人目を気にせず充実した時間を過ごせました。

侮るなかれ“こわかわいい”こうもり?唇?おばけ?

ヒルトンハロウィンスイーツ
筆者のお勧めは「マミーマミー ブラウニーロリポップ」です。
ヒルトンハロウィンスイーツ
とっても意外な組み合わせで、包帯は求肥、ミイラはブラウニーでした。モチッという求肥に包まれたしっとりめのブラウニーは、食感まで計算された構造ばっちりの和スイーツ。可愛いだけでなく、さすがホテルスイーツです。

聞くと、総料理長・水口雅司さんのもと展開しているそうです。水口さんと言えば、日本で数々の賞を受賞され、スイスの5つ星ホテルでの経験もあるお方。和も洋も得意とする総料理長ならではのハロウィンスイーツですね。

お口直しは“グロ可愛い”目玉で?

ヒルトンハロウィンスイーツ
全部異なる目玉のスイーツです! 写真手前の「ひと思いに食べて目玉のフロマージュブランタルト」も筆者のお気に入りです。

ふわふわ~としたフロマージュの優しい甘味の後、レモンクリームの酸味がふわ~と広がり、お口直しに適任です。
ヒルトンハロウィンスイーツ
「甘酸っぱい 眼球ごろごろ スープ ハニー&レモン」も眼球自体の甘さは控えめで、合わせるスープの甘みで調整出来るのであっさり頂けます。
ヒルトンハロウィンスイーツ
目玉を相方と見立てての食事も可能ですよ(笑)。

「ひと思いに切って 目玉のタルト」も杏仁でさっぱりしている為、お口直しになります。が、土台が厚めなので、満腹になる前に食べる事をお勧めします。

「墓石のタルトガナッシュ」「モンスターこうもりキャラメルタルト」等、海外ハロウィンを彷彿とさせるようなガツンと来る甘さのスイーツが数多くあるので、目玉シリーズを間に挟む流れがいいのでは?と思います。

実は、旬な楽しみもある?!

ヒルトンハロウィンスイーツ
写真奥の「シロクロシマシマ マロンロール」はまさに秋。マロングラッセがゴロゴロ入ったロールケーキなんです。
ヒルトンハロウィンスイーツ
想像を超える栗の量で、ホテルでこのクォリティのスイーツを食べたら1皿だけでも充分なお値段がしそうです。食べ放題だなんて!

「モンスター紫色モンブラン」「モンスターかぼちゃモンブラン」や「キスミーパンプキンシュー」も秋を感じられます。
ヒルトンハロウィンスイーツ
いよいよ満腹になり始めたので「血だまりの壷 ハイビスカスゼリー」で休憩をはさみました。

“きも可愛い”芋虫? 血? ゴースト?!

ヒルトンハロウィンスイーツ
最後は気になっていた「くるくるくるくる 芋虫ケーキ」をとりました。「芋虫美味し~」と近くに座っていた方が言っていたので。濃厚なので、最初の方で食べるべきでした。
ヒルトンハロウィンスイーツ
筆者的にかなり気になりつつ後回しにしてしまったのは「ブラッドオレンジ 血の海 ファウンテン」です。ブラッドオレンジ風味のホワイトチョコって珍しいですよね。

これ以上濃い色だったらリアルだったな~なんて思い少しギョッとしましたが(笑)。
ヒルトンハロウィンスイーツ
そして、「ゴーストキャラメルプリン」でしめました。食べ過ぎて立ちあがるのが苦しかったですが、スイーツだけで約30種類あるので、これだけ食べても全制覇ならず(泣)。

その他、セイヴォリーも約10種類あります。筆者は途中「スープ」を飲みました。「パンプキンソルティープレッツェル」もしょっぱい系だったので間に挟みました。

ハロウィーンコスチュームで行くと嬉しいサービスが!

ヒルトンハロウィンスイーツ
ハロウィン当日じゃないしお台場だし恥ずかしいかな~?なんて不安になりましたが、結構いましたよ、ハロウィーンコスチューム。

着ていくと「色が変わる不思議なドリンク」をプレゼントしてもらえます。限定品なので色がどう変わるかはあえて書きませんが、こんな感じのドリンクです。

まもなく満席かも……

世間で「予約が取れないブッフェ」の1つと言われているだけあり、やはり週末はほぼ満席だそうです。平日も急速に埋まって来ているようなので、予約するならもうラストチャンスかもしれません……。

筆者自身も出来れば早く行き書きたかったのですが、予約サイトを開いた9/1には、早くも9/9付近は全て満席でようやく20日過ぎに行けました。

ヒルトン東京お台場
東京都港区台場1-9-1
15:00~17:00(10月31日までの開催)
公式HPはこちら

家でもハロウィンスイーツを楽しめます!

入口にショップがあり、ハロウィンシーズンのスイーツがありました。「目玉のブラックモンブラン」です。筆者、こちらも食べちゃいました。

サクッサクのタルト生地はまさにホテルスイーツ! 柔らかいモンブランの上に目玉って、重量的にどうやって乗っているのか?と不思議に思いましたが、食べる事で判明する楽しさもありました。

他に、ブッフェのハロウィンスイーツ9種を入れたテイクアウトBOXの販売もあるので、ホームパーティ等に良さそうです。こちらも10月31日までの期間限定だそうです。
家でもハロウィンスイーツを楽しめます!

この記事を書いた人

木村彩乃

木村彩乃アナウンサー/スイーツコンシェルジュ

NHKでのキャスターを経て、フリーアナウンサーに転身。スイーツコンシェルジェとしても活動中。 趣味は旅で23カ国へ。旅のメインは“食”です。韓国でマッコリソムリエ、ベトナムでベトナム料理検定を取得。日本では、スイーツ・チョコレート・ダイエット等の資格を取得。“旅×食”彩り豊かな情報をご提供致します!

チャンネル

チャンネルをもっと見る