• 「箱根スイーツコレクション2017秋」フォトジェニックなスイーツ達をハシゴしてきた! | TRIP'S(トリップス)

    「箱根スイーツコレクション2017秋」フォトジェニックなスイーツ達をハシゴしてきた!
    日本

    毎年春と秋に行われ、今回で記念すべき20回目を迎える「箱根スイーツコレクション」。毎回楽しみにしている方も多いこのイベント、早速筆者がハシゴして参りましたのでご紹介したいと思います!

    今回は主にホテルのハイクオリティスイーツをメインに食べ歩きました。開催期間は11月12日(日)まで。どれを狙うか迷っている方は参考にどうぞ!

    ザ・プリンス 箱根芦ノ湖(エリア:芦ノ湖)


    「ザ・プリンス箱根芦ノ湖」でいただけるスイーツはこちら! 真っ赤なリンゴに白いリボンがかわいらしく、今回かなり人気を博している「りんごの贈り物」。

    テレビでも取り上げられたらしく、12時の提供スタートと共にあっという間に完売してしまう日もあるのだとか。

    りんごのふたを開けてみて、二度目の「わぁ♪」。中にはキラキラしたコンポートが。甘すぎず、上品なお味。りんごのふたを取る時は白いりぼんのあたりからそっと開けてくださいね。

    筆者はツルの部分をもってしまって、ツルがポキッと折れちゃいました(笑)。外側のりんごもチョコレートでできているからこそ、こんなアクシデントも。ちなみに葉っぱはミントです。

    とにかく見た目も味も写真映えも大満足のスイーツなので、時間がなくて沢山ハシゴできない人はこちらの「りんごの贈り物」に狙いを定めるのもいいかもしれません。人気の上に、限定数15皿! 売り切れには気を付けてくださいね。

    ザ・プリンス 箱根芦ノ湖
    神奈川県足柄下郡元箱根 箱根町元箱根144
    公式HPはこちら

    小田急 山のホテル(エリア:芦ノ湖)


    「小田急 山のホテル」でいただけるスイーツはこちらの「秋季箱」。オトナな和のスイーツです。筆者もかなりのお気に入り。1日限定20皿ですので狙っている方はお早めに。

    他の施設のスイーツは「和」よりも「洋」のほうが多いので、ハシゴ予定の方はこちらではドリンクはコーヒーではなく、あえて緑茶をチョイスするのがおすすめ。

    箱を開けた瞬間に「うわぁ~!」という繊細な美しさ!

    かぼちゃのプリン、にんじんカステラ、くるみもち、お口直しの甘くない蓮根、いちじくペーストの羊羹に赤ワインで赤富士を表現、梅酒羹、栗茶巾、サツマイモのきんつばにシナモンの衣、クリームチーズを合わせた干し柿。

    筆者の感覚では、この中ではくるみもちと栗茶巾が甘みが強めな感じで、かぼちゃプリンは素材の自然な甘みな感じでした。

    小田急 山のホテル
    神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80
    公式HPはこちら

    ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ(エリア:強羅)


    「ハイアットリージェンシー箱根」でいただけるのは、濃厚なショコラムース「レガート」。削りたてのフレッシュトリュフといただく贅沢な一皿です。

    このシンプルな見た目に「タダモノではない!!」というオーラを感じてこちらのスイーツをチョイスさせていただきましたが、期待を裏切らない流石のハイアットクオリティ!

    カカオ、トリュフ、柑橘、ナッツの絶妙なハーモニー。複雑な味と食感がお口の中で広がります。

    「レガート」は限定20皿ですので、こちらも早めの訪問がベター。写真を撮影するなら窓際の自然光が入る席がおすすめ。

    ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ
    神奈川県 足柄下郡箱根町強羅1320
    公式HPはこちら

    富士屋ホテル(エリア:宮ノ下)


    130年以上の歴史を誇る富士屋ホテルには、明治、大正、昭和と時を刻んだ素晴らしい建物がいくつもあります。今回のスイーツは、富士屋ホテルの敷地内の建物を9種類のプチガトーで一皿に表現した「エスキス」。

    本館はミルフィーユ、食堂棟はタルトモンブラン、フォレスト館はレアチーズムース……といった具合に、どの建物がどのケーキかを想像しながら楽しめる至極の一皿!

    1日30皿提供可能ですが、富士屋ホテルのティールームはすべてのお席が眺めのいい窓際のため、席数が少な目。多少の待ち時間が発生するかもしれませんので、その辺りも考慮に入れてスケジュールを立てると良さそう。

    富士屋ホテル
    神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
    公式HPはこちら

    湯本富士屋ホテル(エリア:箱根湯本)


    「帰る前に最後にもう一品!」な際に立ち寄りたいのが湯本富士屋ホテル。箱根湯本駅の目の前なのでアクセスも良好。

    「Bitter Sweet」は、マロンムース、かぼちゃムース、フランボワーズソルベなど、たくさんのスイーツがグラスの中に入っていて、チョコレートの蓋を温かい抹茶ソースで溶かしていただきます。

    お腹にずっしりとこないので最後にペロリといただけちゃいますよ。〆にどうぞ!

    湯本富士屋ホテル
    神奈川県足柄下郡箱根町湯本256-1
    公式HPはこちら

    箱根スイーツコレクション
    公式HPはこちら

    オトナはホテルスイーツ中心のスケジューリングがおすすめ

    「箱根スイーツコレクション2017秋」では37種類ものスイーツがラインナップ! かなり狙いを絞って訪れる必要がありますが、ホテルスイーツは味も見た目もクオリティが高く、オトナにはぴったり!

    ただし、1日に提供できる数に限りがありますので、競争率の高そうなホテルから攻めるなど、作戦が重要となってきます。お目当てのスイーツに狙いを定めて上手にハシゴしましょう!

    この記事を書いた人

    ヒイラギ

    ヒイラギトラベルライター

    国内中心に飛び回るトラベルライターです。心に残る風景、注目のグルメ・イベントを中心にお伝えします。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る