八丈島でランチを食べるならここ!何度も通っている厳選スポットをご紹介
日本

東京から最短約50分で行ける南の島、八丈島! 東京の島である八丈島は、八丈ブルーと言われる美しい海に囲まれた豊かな場所。ここで約2週間滞在し毎日外食した筆者がリピーターになるほど美味しかった、絶対行ってほしいおすすめのランチスポットを4つお伝えしたい。

①お魚三昧!「藍ヶ江水産」


島と言えば魚! 特に八丈島は年間水揚金額が約9億円という、漁業が盛んな島。ということで、八丈島にきてまず味わっていただきたいのが魚介類である。

それを思う存分楽しんでもらえるのが、藍ヶ江水産。藍ヶ江水産では、海鮮がたっぷり入った定食を1,500円前後で食べることができるのだが、それが驚きのクオリティなのだ。都内だったら2,000円は軽く超すのではないかという素晴らしいコスパ。島バンザイと胃袋で感じられること間違いない。

筆者が食べたのは、朝取地魚の漬丼定食! 八丈島に来たならば絶対食べてほしいのが漬丼である。島によって、また店によってちょっとずつ違うので、お気に入りの漬丼を見つけてみるのも一つ。その他、キンメダイの煮付け定食などもあり、海の神に感謝したくなる。

また、ここは元々伊豆諸島での名物・くさやを販売するお店。その日採った魚をくさやにしているとても丁寧で、マイルドな味わいのくさや。おみやげにもオススメの品である。くさやのような、匂いの強い食べ物はちょっと苦手……という方でも試しやすい、マイルドな味わいだ。

その他のメニューはこちら

藍ヶ江水産
11:30~14:00(ランチ・お土産店)/14:00~16:00(お土産店のみ営業)
17:00~21:00 火曜・日曜定休
東京都八丈島八丈町大賀郷2333
公式HPはこちら

②八丈島ならではの明日葉うどん「名代 一休庵」


見よ! この美しい明日葉天ぷら。明日葉は伊豆諸島や半島などよく食べられるもので、近年健康食品としても人気を高めている食材。便秘の人などにおすすめらしい。

さらに、そんな明日葉がうどんにも入っている! 明日葉を練り込んだうどんに明日葉の天ぷらが乗った、自家製手打ち麺が人気のうどんだ。ヌードル好きな筆者は、約2週間滞在中、ランチで4~5回行ったほど、ちょうどよく美味しいうどんである。

明日葉参考資料:(有)大島明日葉研究所

名代 一休庵
東京都八丈島八丈町大賀郷2473 
木曜定休
11:30~14:30/17:30~20:00(19:30LO)
公式HPはこちら

③八丈島で出来たチーズを使ったピザが絶品「ピッツァ パラディッソ」

島にきてイタリアン? と思われるかもしれないが、なんとここでは、八丈島産モッツァレラチーズを使用したピザを味わうことができるのだ。

その名も「ドラータ」。

濃厚なチーズの味が、柔らかい生地とマッチし、とってもジューシー。筆者はディナーに、なんと1人で食べに来たのだが、誰にもあげたくない!と思うほどおいしい。

釜で丹念に焼き上げられた、焼き立てホヤホヤの本格的ピザ。八丈島のチーズをお土産に買いたいな……と思うほど。こんな濃厚なチーズが東京で作られているなんて! 驚きである。

ピザだけ食べて帰るのも味気ないと思い、サラダを適当に頼んだ……しかしこのオシャレな盛り付け。生半可な気持ちで頼んで申し訳ございません。八丈島産無農薬のルッコラサラダは、ちょうどいい上品な味付けで、生野菜のクセもなくペロっと食べれる美味しさだった。

ちょっと違ったものも食べたいけど、八丈島らしいものを食べたい……という方にオススメ。満腹に幸せも付けてくれるイタリアンレストラン、それがピッツァ パラディッソだ。

PIZZA PARADISO
東京都八丈島八丈町大賀郷4981-1
11:30~14:00/17:30~22:00 水曜定休
公式HPはこちら

是非行ってほしいレイトランチスポット「トリスタン」

トリスタン 八丈島
たくさんの本が置いてあったり、楽器が置いてあったり……道路沿いにあるお店ながらも、まるで外の音が聞こえず、ゆったりとした時間が過ごせるトリスタン。

14時からオープンなので、レイトランチやカフェ利用におすすめ。21時までやっているカフェなので、特に何もすることがない夜、ゆったりとトリスタンで時を過ごすのもいいかもしれない。

トリスタンの看板メニューは、ナポリタン。

カフェはありふれているかもしれないが、このような雰囲気の場所はなくなりつつある。ちょっとコーヒーを1杯飲むだけでも心癒される場所、トリスタン。

地元の人から教えてもらった、おすすめカフェである。

トリスタン
東京都八丈島八丈町大賀郷7647-2
14:00~21:00 火曜定休

食材豊かな八丈島では、地魚からイタリアンまで、舌を唸らせることができる場所がいくつもある。

その他にも海が見える見晴らしの良いカフェや、地元の人おすすめの居酒屋など、多くの飲食店があり、毎日食べるものに迷ってしまう八丈島。

せっかくの島旅。是非美味しいものをたらふく食べていただきたい。

山があり海があり温泉があり、美味しいものがある。贅沢な島旅。

伊豆諸島などの島に行くと、なんて日本は豊かな国なんだろうと再認識する。

山があり、海があり、温泉があり、美味しいものがあり……。東京で生まれ育った筆者は、それらとは程遠い生活をしていたが、例えば福岡の友人はそんなことを自慢げに話していたのを思い出した。

それを体験してこなかった筆者は、その時はピンと来ていなかった。しかし島に行き始めるようになってから、自然が隣にあり、さらに日本の心・温泉もあり、美味しい食事があり……なんて贅沢な場所なんだろうと心から思い、そうだ、日本の本来の形はこうなのだと再認識した。

もちろん、都会にもいいところはたくさんある。オシャレをすると女子でよかった!って思ったりとか、乗り物に乗れば様々な場所に行けたりする。都会とは、先祖が作ってくれた努力の結晶。

しかし本来の日本の形である山や海はずっと大切にしていきたいものだな、と改めて感じるのだ。自然は先祖が守り抜いた努力の結晶であるということを、伊豆諸島から改めて学ぶことができた。
山があり海があり温泉があり、美味しいものがある。贅沢な島旅。

この記事を書いた人

Fujico

Fujicoフリーライター/地域観光プロモーター

2015年に独立。主にフリーライターとして活動している。専門としては、トラベルや観光地域プロモーション。そして英日の翻訳・通訳も行っている。独立前は畑違いの販売業で、店舗マネージャーを務め、大阪で日々汗を流していた。 広く色々な場所にいくよりも、一つの場所を開拓するのが好きな性分で、今は月1以上のペースで東京の離島・伊豆諸島に通っている。趣味は「観光客がいない素晴らしい場所を見つけ出し、それを紹介して喜んでもらうこと。そしてその後どや顔する」ことである。音楽と英語をこよなく愛す、目指せボーダーレス女子。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る