• 鍋いっぱいのムール貝が食べたい。シャンゼリゼでたらふく食してみた! | TRIP'S(トリップス)

    鍋いっぱいのムール貝が食べたい。シャンゼリゼでたらふく食してみた!
    フランス

    ムール貝

    何これ!? こんなにたくさんのムール貝、見たことないし、食べたことない! 筆者はこの料理を初めて見たとき、そう思いました。

    ヨーロッパでこの料理に出合うまで、ムール貝というとパスタの上に2、3個のっていたり、パエリアにちょこっとのっていたり、というイメージだったんです。

    それが……! すごいですよね、これ! 1年分(一生分!?)のムール貝が目の前に~!

    今回行ったLÈONは、ベルギーから来たチェーン店ですが、パリ市内に何店舗かあり価格も高くなく入りやすいです。メトロの駅に大きな広告があったり、お店の名前を見かけることも多い有名店。

    さて、食べに行きましょうか! 鍋いっぱいのムール貝を!

    観光地にもあるので入りやすい

    私は今回、シャンゼリゼ店へ行きました。
    レオン店舗
    小さめの入り口ですが、中に入ると……
    レオン店内
    奥行きがすごい! 広かったです! そして店舗の場所がらか、スタッフさんがたくさんいました。

    お手洗いの場所をスタッフさんに尋ねると「ごめん、今日は閉まってるんだ。また明日来てね」と冗談を言われるほどフレンドリーでした。

    ムール貝にはフリットをセットにするのが定番

    レオンテーブル
    テーブルにつくと、紙でできたランチョンマットがあって、これがかわいかった!

    カトラリーの位置が書いてあって、フリット(フライドポテト)とビールの位置までちゃんと書いてある~! ムール貝には 必ずフリットとビール!というベルギー風のこだわりが、ここからも伝わってきますね。

    ココット(鍋)に入ったムール貝を食べる!

    メニュー
    お昼に行ったので、ランチメニューを頼みました。メニュー表は、フランス語と英語が裏表になっていました。

    メインとデザートはそれぞれ選べましたが、メインはもちろんムール貝(定番の、追加料金がかからない味)にしました! この鍋いっぱいのムール貝は、400gと表記が……! 期待が高まります。

    ムール貝メニューのほかに、お肉やフィッシュ&チップスもありましたよ。お酒、とくにビールの種類が充実していてさすがだな~と思いました。

    注文すると……

    レモンおしぼり
    料理の前にウェットティッシュが来るので安心。これで心置きなく、多少手を使ってムール貝が食べられます。
    サラダ
    まずはサラダがきました。次にメインのムール貝!
    ムール貝
    大きめのココットに入っているもの、全部全部、底までムール貝です! それと当たり前のようにフリットがついてきます。ベルギー風ですね~。
    ムール食べ終わり
    食べ終わるとこんな感じ。ちょっと積み重ねてみました。
    ムール食べ終わり
    鍋からやっとムール貝がなくなりました。これにご飯を入れてリゾットにしたい! パスタもおいしそう! ……私、まだまだ食べられそう。

    この残り汁?(表現がなんだか汚くてすみません)かなり塩気がありましたが、バゲットをつけて食べちゃいました。
    フロマージュブロン
    最後にデザートも来ました。ムール貝の量に満足して、忘れてた……。私はフロマージュブランを頼みましたが、お店としてはワッフルがおすすめのようですよ。

    貝の旬のおもしろい覚え方

    フランスでは、ERが月名につく月は貝の旬だと言われているそうです。9月(septembre)、10月(octobre)、11月(novembre)、12月(décembre)、ですね。

    寒い時期と貝料理、そしてお酒!? ……なんだかピッタリな気がします。

    Léon シャンゼリゼ通り店
    63 Av. des Champs-Élysées, 75008 Paris, フランス
    月~木: 11:45~24:00
    金・土: 11:45~翌1:00
    日  : 11:45~24:00
    公式HPはこちら

    フランス人直伝 通の食べ方!?

    以前、北フランス出身のフランス人にムール貝の食べ方を教えてもらいました。それから、通っぽい?と勝手に思い 実践している食べ方があります。

    まずは、「ムール貝、君に決めた!」ということで、最初にひとつの貝を決めて、その子を食べて空にします。それからは、その子が食事中の相棒になります。

    その子で挟んで他の貝の中身を取って食べる。他の貝の中身を挟んで取り出して食べる、挟んで取り出して食べる、挟んで取り出して食べる、の繰り返し。

    フォークなどは使いません! 慣れちゃうと、意外に食べやすいです。
    フランス人直伝 通の食べ方!?

    この記事を書いた人

    チカさん

    チカさん日本語教師

    1年のフランス生活も終わり、日本へ帰ってきました!
    言葉が全部通じるのってすばらしい!と実感している今日この頃。
    気になることがあるとどんどん質問しちゃう癖が、帰ってきてからひどく(?)なっているようにも感じます。

    車好きの父の影響で、自分もサーキットを走ってみたい!と思うようになり、最近はサーキットに行ってちょろ~っと練習しています。
    本当にちょろ~っと走っているので、もっと練習して、せめて邪魔にならない程度になることが今の目標です!

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る