新江ノ島水族館、2017年のクリスマスイベントで夢心地に!大人も楽しめる魅力を現地取材!
日本

急激に寒くなってきた今日この頃。みなさんはいかがお過ごしですか? クリスマスシーズン到来で街はすっかり浮かれ気分。クリスマスの雰囲気が大好きな筆者は、毎年この時期になるとイベントにイルミネーションに大忙しです。

昨年は都内の有名イルミネーションスポットを見て回ったので、今年はもう少しディープにクリスマスを楽しみたいということで、やってきました”えのすいクリスマス”。そこにはクリスマス一色に彩られた幻想的な世界が広がっていました。

大好きなクリスマスと海の生物のコラボレーションに終始大興奮だった筆者は、久々に童心に返ってはしゃいでしまいました。”えのすい”の生物たちは私に、夢がいっぱい詰まったクリスマスをプレゼントしてくれました。

大人になると忘れてしまう大切な”何か”を思い起こさせてくれる”えのすいクリスマス”はとにかく見どころ満載&イベント盛り沢山。とびきりかわいいサンタさんがあなたをお出迎えしてくれるかも?!

“えのすい”自慢のクリスマスツリーをご紹介

待ち合わせにも利用できる「えのすいアクア・ツリー」

クリスマスツリー
“えのすい”入口前「湘南お祭り広場」には高さ約6mのアクア・ツリーが設置してありました。このツリーの最大の魅力はなんといってもツリーを囲むかわいい海洋生物たちのオーナメント。
クリスマスツリー
16時からはイルミネーションも点灯されます。LEDライトで優しく光る海の生物たちと、「ナイトワンダーアクアリウム 2017」のテーマと連動した満天の星たちがツリーの美しさを一層際立たせます。
クリスマスツリー
「ニモ」と「ドリー」を発見! インスタ映えもバッチリの「えのすいアクア・ツリー」はフォトスポットに最適です。

イルミネーション点灯時間
11月24日(金)~12月22日(金)、25日(月)16:00~20:00
12月23日(祝・土)~12月24日(日)16:00~21:00

環境にやさしい「デンキウナギのecoツリー点灯」

デンキウナギツリー
入場してすぐの「ウェルカムラウンジ」でまず目に飛び込んでくるのは、白いツリーと水槽です。水槽にいるのはそう、捕食や身を守るために電気を出したり、弱い電気を使って電場を作り周囲を探るといった興味深い生態を持つ「デンキウナギ」です。

実はこちらのツリーを点灯させるのに、「デンキウナギ」が発電するエネルギーを活用しているんです。この発想はかなり画期的で素敵です。さすがは”えのすい”。環境にやさしい取り組みにも抜かりがないですね。

ちなみに「デンキウナギ」は名前にウナギと入っていますが、ウナギの仲間ではありません。
デンキウナギツリー
辺りが暗くなるとツリーが点灯しているのが良くわかります。

※17時からは「ナイトワンダーアクアリウム 2017」パート3に合わせ、演出が変更されます。

大人なムード、「幻想的なクラゲのグラスツリー」

グラスツリー
グラスツリー
小さな「ミズクラゲ」が入った59個のワイングラスを6段に重ね、美しい照明で演出した”えのすい”の冬の風物詩「幻想的なクラゲのグラスツリー」は「クラゲサイエンス横」に設置されています。照明のカラーバリエーションはとても豊かで、つい見とれてしまいました。写真は私のお気に入りの照明2色です。
ミズクラゲ
小さな「ミズクラゲ」はたまらなくキュート。

※17時からは「ナイトワンダーアクアリウム 2017」パート3に合わせ、演出が変更されます。

「相模湾大水槽前」でクリスマスの奇跡が起こる!?

壮大なスケールで楽しめる「相模湾大水槽クリスマス演出」はロマンチック

相模湾大水槽
「相模湾大水槽前」で魚たちの魅力を紹介している2つの大人気ダイビングショー「フィンズ」、「うおゴコロ」では期間中、ショー開始直前の5分間、水槽内に気泡と雪の結晶が舞うクリスマス演出を楽しむことができます。
相模湾大水槽
相模湾大水槽
相模湾大水槽
私はこのとびきりロマンチックな光景を目の当たりにして、言葉を失いました。じわじわと感動がこみ上げてきます。海の生物たちも心なしか、いつもと違うクリスマスの雰囲気に浮足立っているように見えます。

ミラクルな「アクアンのクリスマスコンサート♪」

アクアンコンサート
アクアンコンサート
アクアンコンサート
イルカショー「ドルフェリア」に登場するイルカと交信できる能力を持った種族アクアンが、今年も「相模湾大水槽前」でコンサートを開催します。クリスマスムードを盛り上げてくれるコンサートは、ピースフル&ハートウォーミング。そしてファンタスティックです。
プアツリー
アクアンのクリスマスコンサート開催日には、「なぎさの体験学習室 2F」でワークショップを開催。アクアンと一緒にコンサートを楽しむアイテム、「光って奏でる♪プアツリー」を制作することができます。

私は制作風景を見学させていただいたのですが、鈴やビーズ、ヒトデなどの素材を使って作るアクアンカラーのリボン付きオリジナルツリーは、音が鳴ったり光ったりと、子供心をくすぐる優れものでした。

ワークショップにはもちろん子供だけでなくどなたでも参加できるのですが、いくつか注意事項があるので参加する予定の方はこちらをご確認ください。
アクアンコンサート
滅多に交流することのできないアクアンと一緒に歌ったり踊ったりする子供たちの表情はとても生き生きしていました。アクアンに憧れている子供たちにとって、この瞬間はまさに奇跡。どんなクリスマスプレゼントにも勝る最高の思い出になるでしょう。

素敵すぎる「アクアンのクリスマスコンサート♪」は、これから先大混雑が予想されます。少なくとも開始10分前には会場の「相模湾大水槽前」に集合することをおススメします。

「アクアンのクリスマスコンサート♪」開催日時
12月2日(土)~12月25日(月)までの土・日・祝日と12月25日(月)に開催
・12月2日(土)、12月3日(日)、12月9日(土)、12月10日(日)、12月16日(土)、12月17日(日)
 13:30~13:50
・12月23日(祝・土)~12月25日(月)
 13:15~13:35/16:30~16:50 (2回 開催)
※既に終了してしまった日程も含みます

遊び心にあふれたクリスマスマジックのかかったテーマ水槽「”えのすい”でクリスマス!」

テーマ水槽
筆者の大のお気に入りの”えのすい”テーマ水槽は「ペンギンプール前」に位置しています。今回のテーマ水槽では、クリスマスにちなんだ生き物たちを展示したり、クリスマスらしい飾り付けがほどこされているのですが、とにかく凝っているの一言。

皆さんには素通りせずにまじまじと見ていただきたいです。隅々まで観察すると面白い発見がいっぱいありますよ!
ヒトデ×ウツボ
ツリーのてっぺんの星をイメージした海の星「ヒトデ」。色んな形の「ヒトデ」がいますが、基本はすべて五角形みたいです。おやおや、ミニチュアトナカイもいました。
ウツボ
トナカイの顔部分は空洞の細い筒になっており、そこから顔をのぞかせている目がくりっとしたチャーミングな生物の正体はというと……体の色が錆色であることが名前の由来となった「サビウツボ」でした。
ウツボサンタ
世界一ユニークなウツボサンタにも運良く出会うことができて大満足。あまりのかわいらしさについ笑みがこぼれてしまいました。
モズクショイサンタ
ふと別の水槽に目を向けると、また別のサンタさんを発見! 色んなものを体に付け、身を隠す習性のある「モクズショイ」がサンタに変身しちゃいました。なんだかどの生物も絵本の中の世界から飛び出てきたみたいです。
ネコザメクリスマス
ネコザメの卵をクリスマスツリーに見立てるという発想には参りました。言われてみれば確かにクリスマスツリーに似ています。
サザナミヤッコ
イナズマヤッコ
海のエンゼル(天使)たちが優雅に泳ぐ姿に、つい釘付けになってしまいました。上の写真は「サザナミヤッコ」、下の写真は「イナズマヤッコ」という種類の「エンゼルフィッシュ」ですが、どちらも幼魚と成魚では模様が異なるようです。
キンチャクダイ×ナメラヤッコ
他にもクリスマスの街並みをせわしなく駆け回る「キンチャクダイ(大)」や「ナメラヤッコ(小)」がいたり……
ホンヤドカリサンタ
ホンヤドカリサンタ
ホンヤドカリサンタ
なんと、またもやサンタの登場です。プレゼントを背負ったホンヤドカリサンタたちはいつになく忙しそう。一ヶ所に集合したヤドカリたちは、プレゼントの配達先でも相談しているのでしょうか?

大人にとっても子供にとってもスペシャルなクリスマスという存在の魅力をたっぷり詰め込んだテーマ水槽「”えのすい”でクリスマス!」を見ていると、ワクワクドキドキが止まりません。

小さな水槽の中にある架空のクリスマスの街並みは、子供の頃に思い描いた理想的なクリスマスのイメージととても良く似ていて、なんだか懐かしくなりました。

“えのすい”のプラネタリウム、「海月の宇宙(そら)~クリスマス~」は癒し効果抜群

海の宇宙
「クラゲファンタジーホール」全体が潜水船となり、クラゲのすむ海の世界を旅することができる”えのすい”オリジナルクラゲショーも例にもれずクリスマス仕様になっていました。
海の宇宙
こちらのクラゲショーですが、私は”えのすい”に来るたびに毎回見ているのですが、何度見ても新鮮で大きな感動が味わえるのが不思議です。期間中はホール内に光の雪が舞ったりと、よりドラマチックな演出もあり見応えたっぷりです。
サンタ
ショーのクライマックスには、江の島の夜空の上をみんなの夢をのせて軽快に走るサンタさんが登場してくれました。
ミズクラゲ
流れに身を任せ水槽をゆらゆらと漂う「ミズクラゲ」を見ていると、とても心が落ち着きます。私にとってはこの場所でクラゲショーを見ている時間が、この上ない癒しのひとときです。

“えのすい”でメリークリスマス!

期間中は他にも、人気児童書「動物と話せる少女リリアーネ」と新江ノ島水族館がコラボレーションした「リリアーネといっしょ Happy X’mas(ハッピークリスマス)英語でワクワク☆えのすいスタンプラリー」が開催。

また、クリスマス仮装したスタッフに「メリークリスマス♪」と合言葉を言うとお菓子がもらえるなど、楽しいイベントが盛りだくさん。

クリスマスならではのワークショップやオーシャンカフェのクリスマス限定メニューも気になるところです。海の生物たちと迎える特別なクリスマスは、あなたの心を満たしてくれること間違いなし。

覚めない夢はないけれど、忘れかけていたピュアな心を取り戻せるクリスマスの”えのすい”は、まるで夢のネバーランドでした。

「新江ノ島水族館」
神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目19−1
アクセス 
・小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」 徒歩3分
・江ノ島電鉄「江ノ島駅」 徒歩10分
・湘南モノレール「湘南江の島駅」 徒歩10分
「メリークリスマス in 新江ノ島水族館2017」開催概要はこちら
※開催期間は2017年11月24日(金)~12月25日(月)
「ナイトワンダーアクアリウム2017 ~満天の星降る水族館~」パート3開催期間も同上

遂にパート3に突入した「ナイトワンダーアクアリウム2017 ~満天の星降る水族館~」もお見逃しなく。

いよいよ最終章となる「ナイトワンダーアクアリウム2017 ~満天の星降る水族館~」パート3のテーマは、江の島のクリスマス。昼間とは違う神秘的な雰囲気が漂う「相模湾大水槽前」に映し出されるのは、聖なる夜に煌めく光が舞う、宇宙と深海の壮大な物語。幻想的なデジタル映像とロマンチックな音楽に酔いしれてしまいます。

人々が宇宙や深海、それから夜の海といったミステリアスな空間に強く心惹かれてしまうのは、なぜなのでしょうか? 決して足を踏み入れることのできない未知の世界に思いを巡らせながら何度も作品を見ていると、クリスマスの魔法にでもかけられたかのように夢見心地になっている自分がいました。
遂にパート3に突入した「ナイトワンダーアクアリウム2017 ~満天の星降る水族館~」もお見逃しなく。

この記事を書いた人

Makiko Suga

Makiko Suga海洋生物の素人スペシャリスト/動物&自然オタク/世界中の秘境地&穴場スポットマニア

幼少期に有名なイルカの研究家と運命的な出会いを果たす。以来海洋哺乳類に魅せられ、海洋生物学者への道を志すが挫折。その後は海洋生物とは無縁の生活を送っていたが、2015年に海洋生物の宝庫であるカナダに留学。あるクジラとの出会いが自分の人生を変える。子供の頃の夢を追い続けながら世界に目を向けている永遠の旅人。得意分野は自然、動物関連だけにとどまらず、多岐にわたる。

チャンネル

チャンネルをもっと見る