• クルーズのプロは船旅をどう思ってる?スタッフに直接聞いてみた! | TRIP'S(トリップス)

    クルーズのプロは船旅をどう思ってる?スタッフに直接聞いてみた!
    日本

    近年、話題になりつつあるクルーズ旅行。筆者も世界一周の船ピースボートに乗船したことがあります。また、バックパック旅行や陸のツアー旅行も経験してきました。

    今回は、スタークルーズ社の広報担当者である荒深さんに、スタークルーズ社が運航する、東京ドーム約1.5倍の大きさを誇り、現在日本発着クルーズをお届けしている旗艦船スーパースター ヴァーゴの魅力と、船旅の魅力についてお話をお伺いしました。

    お伺いした内容と、クルーズ旅行経験がある筆者の考えも踏まえて、船旅のメリットをお伝えします。

    体に優しい


    ヴァーゴ:図書館

    クルーズ旅行、最大の魅力と言っても過言ではないのが、身体に優しい旅であることです。旅行中に体調が優れないような事があっても、すぐに部屋へ戻り、休憩を取ることが出来ます。また、身体を横にしている間に寄港地へ到着するのに加えて、部屋に荷物を置けるので、目的地に手ぶらで遊びに行けます。

    そして、「心」にも負担がかかりません。船内では治安等の心配をする必要が無いので、常にリラックスして旅を楽しめます。筆者は、妻とピースボートに乗船しましたが、陸の旅行に比べると、治安の心配事がなかった分、心に余裕が生まれました。

    タイムロスがない旅


    船内にはクルーズ各社、様々なエンターテイメントを用意されています。ヴァーゴではマジックショーやアクロバットショー、その他多種多様なイベントやアクティビティなどが行われています。その為、目的地に到着するまでの道のりも楽しみながら過ごせます。

    また、宿泊場所が変わらないので、荷物のパッキングを行う必要もありません。クルーズは寄港地に寄るのが旅行では無く、船に乗っている移動時間も旅行です。

    クルーズでしか見られない景色に出会える


    水平線に沈む夕日。夜明けを告げる朝日。全てがフォトジェニックスポットとなるクルーズ旅行。航路によっては、乗船中にイルカに出会えることもあるのだとか。

    船でしか出会えない景色は、一生の思い出になります。筆者はクルーズに乗船中に見上げた夜空が忘れられません。周りには船の明かりしかない為、数えきれないほど星が見えました。死ぬまで忘れない光景です。

    様々な人と仲良くなれるクルーズマジック


    ヴァーゴの日本発着クルーズでは日本各地、そして、上海を巡ります。船上でクルーや他のゲストなど素敵な出会いがあるかもしれません。クルーズという空間でお友達が出来る人も珍しくありません。

    ちなみに筆者が乗船したピースボートは3ヵ月間の船旅でした。気が合う友人も沢山できました。そして、クルーズ旅行が終えてからも仲良くしている友人が沢山います。

    みんなが楽しめる旅


    ヴァーゴ:プール&ウォータースライダー

    クルーズ旅行中は、人それぞれの楽しみ方で毎日を過ごせます。ヴァーゴであれば、老若男女が楽しめる施設が充実しています。スパ、プール、ウォータースライダー、キッズルーム、そしてカジノなど。カジノのでは、テーブルゲームやスロットマシーンなどがあり、日本では味わえない経験が出来ます。

    誰もが満足出来ること間違いなしです! 乗船前は船旅飽きるかも?なんて思っている人も意外とやることが多くて、忙しい旅になるかもしれません。

    コスパが非常に良い


    ヴァーゴ:レストラン

    クルーズと聞くと「お金持ち」しか乗れないと思われている人もいるかもしれません。実はクルーズ旅行は、比較的安く乗船することが出来ます。

    例えばヴァーゴの日本発着クルーズでは、7泊8日の旅行で¥128,000からの旅行プランがあります。また、早割などのキャンペーンや、同室3~4名利用割引なども行われているので、さらに値段を抑えて乗船することも夢ではありません。もちろんお部屋代、食事代、エンターテイメント、施設利用料なども込みです。

    ですが、酒飲みさんは注意が必要です! アルコール類はヴァーゴでも有料です。私自身もクルーズ旅行を安く行いましたが、お酒を毎晩飲んでいたせいで、クレジットカード請求が恐ろしい事になっていました。

    治安が良い分、緊張感が無くなり、飲み過ぎてしまう事を注意しましょう。

    多言語対応で安心


    ヴァーゴ:日本人専用ツーリストラウンジ

    海外旅行の不安な要素として「言語」を挙げる方も多いかもしれません。その点、クルーズ船は安心です。多国籍のクルーが乗船している船であれば「英語」、「中国語」、「スペイン語」など様々な言語に対応できるスタッフがいます。

    ヴァーゴなら日本人のスタッフもいるので安心です。筆者自身もクルーズ乗船時は日本語しか話せなかったですが、何も問題はありませんでした。

    船の上は非日常!


    船の周りは見渡す限りの海。想像していなかった出来事や、あっと驚く出来事が起こるのも船ならでは。全てが非日常の世界となるのが、クルーズです。

    エンターテイメントショーや、食事が非常に好評でヴァーゴのリピーターとなる人も増えています。2017年11月末まで大阪、横浜、清水、鹿児島、上海を7泊8日で航海しています。

    取材協力:スタークルーズ

    ありがとうございました!

    担当者:荒深さん
    スタークルーズHPはこちらから

    バックパックか、クルーズか?

    筆者はクルーズ旅行、バックパック旅行も経験してきました。そして、どちらの旅行も良い部分があります。バックパック旅行は自由が利きます。行きたいところがあれば、自身で柔軟に旅行プランが作れます。

    それに比べるとクルーズ旅行は、航路が決まっています。もう少し滞在したいと思う寄港地であっても、就航時間に合わせた滞在しかできません。ですが、その分安定したハプニングの少ない旅が送れます。家族連れの旅行であれば非常に安心です。

    訪れる場所を深く知りたい、感じたいと考える人はバックパック旅行が良いでしょう。船で贅沢に安心した旅、そして、+αで日本各地や海外を知りたいと考える人にはクルーズがおすすめです。

    自身の体験したい旅行スタイルを思い浮かべて、クルーズ旅行を検討してみてはいかがでしょうか?

    この記事を書いた人

    たっつん

    たっつんなんでも屋

    たっつんです。
    嫁さんと「自由な生き方」を求めます。笑

    居酒屋で、たびたびポスターが目撃される世界一周の船「ピースボート」に乗船したり、フィリピンへ留学したり、世界中を放浪してきました。

    ですが、「自由の代償」は想像以上に厳しかった笑
    長いニート期間を得て、現在はなんでも屋として生きています!

    最近は「ゲストハウス」や「クルーズ」にハマっています。
    どちらの魅力も国際的な交流が出来る事でしょうか。
    やっぱり人が好きです・・・
    これからもさらに調査をしていき、記事にしたいと思います。

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る