TRIP\

セントラルマーケットはマレーシアらしさだらけ!…フィッシュマッサージがおすすめ!?
マレーシア

セントラルマーケットはクアラルンプールの観光スポットの一つ。マレー系、中国系、インド系のお土産が一気に揃うため、マレーシアのお土産を買いたい人はもちろん、マレーシアらしさを味わいたい人にもおすすめです。

マレーシアにはマレー系、中国系、インド系と色々な文化がありますが、混じり合っているようには見えず、それぞれが独立している印象を受けます。セントラルマーケットでも、ブースごとに分かれていて、そんなところはマレーシアならではだなぁと思うのです。そんなセントラルマーケットについてのレポートです。

セントラルマーケットの魅力は?


クアラルンプールにあるセントラルマーケットはいわゆるお土産を買いたい人のためのショッピングモールです。マレー系、中国系、インド系の雑貨や食べ物などがお店に並んでいます。

混じり合っているようで混ざっていないマレーシア。ここでは異民族である中国文化、インド文化も残っています。3つの文化を1つの場所で楽しむことができるのでお得なショッピングモールだと言えるかもしれません。
水色の建物の中に入ると、中は色々な香りがします。臭いという意味ではありません。それぞれの文化がそれぞれ独特な香りを持っているので。例えばインド系のお香など……。その香りが好きか嫌いかは置いといて、とても興味深いと思います。


私は、セントラルマーケットではとにかく歩き回ってみて、気になるお店に入りまくってみることをお勧めします。お店に置かれているものは少し割高のものが多いですが、他の場所に比べて質が高い場合が多いです(壊れていないものがお店に並んでいます)。

面白いものが発見できるかも?

初めてセントラルマーケットに行った時、たくさんの雑貨やお茶などがあって、とにかくあっけにとられたのを覚えています。

中国茶。花びらが綺麗です


また違う種類のお茶です


それからは、クアラルンプールに来て時間がある時は、何か面白いものを求めてセントラルマーケットをふらっと歩いてみることが多いです。そして大抵面白そうなものを見つけてしまいます。日本にはないデザインのピアス、pashmina(パシュミナ)が混ざっているストール(エアコンが効きすぎているマレーシアでは便利なアイテムです)、なまこ石鹸、バティックの巻スカートなどです。

伝統工芸品「バティック」と、「なまこ石鹸」がお土産におすすめ!

特に、バティックのスカートはマレーシアの友達に評判がいいです。バティックとはマレーシア伝統のろうけつ染めという方法で染められた布のことです。バティックを使ってマレーシア伝統の服を作ったり、そのままぐるぐると巻きつけてホームウェアにしたりします(サロンと呼んでいます)

バティックはとても綺麗なデザインのものが多いのですが、外国人にとって伝統の服やサロンを普段使いにするのは少しハードルが高いと感じることがあります。バティックを使った巻きスカートはそんな外国人にもハードルなしで着ることができるとっておきのアイテムだと思います。

セントラルマーケットで買ったものがとても気に入り、味をしめてしまったので、バティック工場で気に入ったバティックを見つけた時には巻きスカートを作ってもらうようになりました。

また、なまこ石鹸もマレーシアで人気のお土産の一つです。以前セントラルマーケットでハート型の可愛いなまこ石鹸を見つけたことがあります。お店の人いわく、ストロベリー、キウイ、マンゴスチンなどのフルーツが入っているというものです。色も綺麗で香りもいいので購入してみましたが、本当にいい香りでした。

もしまた見つけることができたら買いたいと思います。

値段交渉も楽しみの一つです

セントラルマーケットでは幾らか値段交渉が可能です。お店の人によってはすごく割引をしてくれます。

以前、セントラルマーケットに行った時に、財布の中にお金がなく、手持ちのお金が50リンギットだけでした。それでも、50リンギットをはるかに超える素敵なデザインのピアスを見つけてしまいどうしても購入したくなりました。

そこで、お店の人と値段交渉です。もちろんすんなりと50リンギットまでおまけしてくれるわけありません。でもこっちは本当にお金がないので必死です。セントラルマーケットは入れ替わりが激しく、次に行った時に同じお店、同じものが置いてあると絶対に言い切れません。それで今ゲットしてしまわなければとこっちも必死になります。

「お金を本当に持っていないのだ」ということを必死に訴えるととうとう50リンギットにおまけしてくれました。店員さんは苦笑いでしたが、それでも最後は仲良く記念写真を撮ってお礼を言い、お別れしました。これはあまりにも極端な例だと思うのですが、それでもいつも少しはおまけしてくれます。

値段交渉の掛け合いも楽しみの一つだったりします。

オススメのフィッシュマッサージ

セントラルマーケットでもう一つ、オススメなのはフィッシュマッサージです。
子どもたちが喜びそうなちょっと大きめのビニールプールに魚がたくさん泳いでいます。そこに足を突っ込んで魚に足の角質を取ってもらうというマッサージです。

楽しそうなので挑戦してみました。魚のプールに足を突っ込むと魚が来るわ来るわ。どんどんと寄ってきます。足のかかと、足の指と指の間の角質を遠慮なく食べていきます。魚の口がパクパクとしているので、とてもくすぐったくて体をのけぞってしまいます。

慣れてくるとだんだんと気持ちよく感じるから不思議です。私が入っていると他の人が新しく入ってきました。そうすると魚たちは新しい角質を求めて一気に新人の元へ。魚たちはちゃんと知っているんだなあと感心しました。

フィッシュマッサージを終えて足を触ってみるとツルツル! なんとなく肌まで柔らかくなったように感じたのは気のせいかもしれませんが、ツルツルになったのは間違いありません。とても面白い経験でした。

他の観光スポットとのアクセスも良い!

セントラルマーケットの近くにはチャイナタウン、リトルインディアなどの人気観光スポットがあります。

歩いて行けるくらいの距離なので、セントラルマーケットと一緒に観光するとちょうどいいと思います。
少し歩いた位置にあるのですがムルデカ・スクエア(独立広場)という大きな広場がある周辺もオススメです。晴れていると広場の芝生と青い空がとても綺麗です。

ムルデカ・スクエア周辺の建物もレトロで見ているだけで楽しいです。レトロな建物好きの友達の、お気に入りの場所です。

何度行っても面白い場所


セントラルマーケットは行くたびに新しい商品が並んでいたり、お店が入れ替わっていたりと新しい発見が多く、とても面白い場所です。マレーシア旅行に来る人にとっては観光スポットとしてオススメなので、友達に勧めているのですが、マレーシアに住んでいる私にとっても、行くたびにいろんな発見がある興味深い場所です。

フィッシュマッサージで言葉を交わさずにコミュニケーション

セントラルマーケットに行った時はフィッシュマッサージをしよう!と思っていませんでした。その場の勢いと興味本位でやってみたフィッシュマッサージはとても面白くて足もスベスベになりました。

みんなこしょばくてのけぞったり笑ったりしているので、どこの国から来たのか知らない隣の観光客と目があって思わずににこり!ということも。話さなくても、気持ちが通じた瞬間でした。そんなコミュニケーションを取れたのも楽しかったです。

この記事を書いた人

yazu

yazu

九州出身です。 今はマレーシアに住んで数年になります。旅行も大好きでマレーシアを拠点に、東南アジア周辺の旅行にもよく出かけます。 マレーシアで、夫と共に、発展途上国ならではの思いがけないハプニング満載の生活を送っています。そんなことをしていたら、段々たくましくなってきました。東南アジア旅行では、いろいろな文化の違い、食事、地元の人との出会いを楽しんでいます。 そんな中で、自分たちが経験したこと、感じたことを記事にしたいと思います。だれかに楽しんでもらえたら嬉しいです。
成田空港航空旅客数 10億人達成記念 SNS投稿キャンペーン 2017

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集