道端に捨てられてしまう…ボリビアのマンゴー事情
ボリビア

こんにちは! 南米のボリビアに住んでいるZICです。ボリビアは熱帯地方が国土の多くを占め、熱帯ならでは多様なトロピカルフルーツを楽しめます。特に、マンゴーのシーズンである11月と12月はとても嬉しい季節です。

ボリビアで獲れるマンゴーにはたくさんの種類があり、様々な味わいを楽しむことができます。そんなボリビアのマンゴー事情についてご紹介します。

巨大なマンゴーの木! 咲かせる花も美しい


日本人からするとマンゴーは高級品。1つ5,000円から、高いものは1万円もするようなイメージがあります。しかしボリビアの熱帯地方では、民家の庭や道端など至る所にマンゴーの木が生えており、ありふれたフルーツです。

電信柱よりも高く成長するマンゴーの木は迫力満点。1本の木からは100~200個のマンゴーがとれると言われています。マンゴーは、種類によって咲かせる花の色が違います。こちらは黄色いマンゴーの花で、少し黄色い花を咲かせています。

こちらは、現地でマンガー・ロサ(=赤いマンゴー)と呼ばれるマンゴーの木です。日本ではアップルマンゴーとも呼ばれます。赤く大きなこのマンゴーは、甘くて美味しいと現地でも評判です。赤いマンゴーは赤い花を咲かせます。

たくさんあるマンゴーの種類!


マンゴーは、熟す前の緑の状態でも食べることができます。皮をむき細かく実を刻んで玉ねぎなどと一緒にすれば、サラダとして食べられます。少し酸味が残り酸っぱいですが、暑い時に食べると体がスッとするのでおすすめです。

現地の人がマンゴー・コラソン(=ハート形のマンゴー)と呼ぶマンゴーです。シャンプーの原料にもなるそうで、まだ緑色のうちから集める人もいます。全然見当もつきませんが、いろいろなマンゴーの利用方法があるんだなと感心しました。

多くの家庭の庭先や道にあるノーマルな黄色のマンゴー。少し筋が多く食べるのが大変ですが、実は甘くておいしいです。

先ほども紹介したアップルマンゴーは形も大きく、甘く美味しいことで有名です。写真の真ん中がアップルマンゴーで、その左には黄色く大きいバナナマンゴー、左奥には黄色いパイナップルマンゴーなどがあります。

このようにボリビアの熱帯では、甘みや食感、香りが異なる種類豊富なマンゴーを楽しめます。こんなにたくさんの種類のマンゴーがあるんだと驚いたのを覚えています。

悲しすぎるマンゴーの末路

1つの木から100~200個ほどのマンゴーがとれるので、家に2、3本でもマンゴーの木があるととても食べきれません。実がどんどん落ちてくるので掃除も大変です。日本の銀杏の木の様に、掃除しないと庭が臭くなってしまうのです。

余ったマンゴーを売りに行く人もいますが、多くの家庭にマンゴーの木があるために売りに行っても買ってくれないという状況です。売れたとしてもとても安い値段で取引されます。

それで、悲しいかな。食べきれないマンゴーはこうして道に捨てられてしまいます。マンゴーのゴミ捨て場のような状態ですが、熱帯の町でよく見られる光景です。日本では高級品なのになぁと興味深いです。

11月と12月はボリビアでマンゴーの季節です。食べきれないくらいのマンゴーが町の中にありますから、もしマンゴー好きの方はこの時期にボリビアの熱帯地方を訪れてください。

ボリビアのマンゴー

私自身、日本ではマンゴーは食べたことがなく、高級品だというイメージがありました。でもボリビアに来てからマンゴーが身近な存在になりました。本当に町中にマンゴーの木があり、たくさん食べることができます。甘くておいしくてマンゴーってこんな味なんだと南米に来て初めて知ったのは良い思い出です。

ボリビア人と話していて、日本では1つのマンゴーが5,000円くらいするよと話すと、こっちでは高くても1つ2ボリビアーノ(30円ほど)だよ!と驚きます。ボリビアの熱帯では本当に身近なフルーツです。あまりにもたくさんあるために道に捨てられるマンゴーを見ると何とも悲しい気分になりますが、それぐらいたくさん味わうことができます。

たくさんの種類があり、どれも美味しいので、ボリビアの熱帯地方に来るときはぜひ味わってくださいね。

この記事を書いた人

ZIC

ZIC

南米ボリビア在住。ウユニ塩湖以外にも見どころはたくさんあり、現地から見つめた旅の情報を楽しくお伝えできればと思います。また南米各地の魅力あふれる情報もお伝えしたいと思います。

チャンネル

チャンネルをもっと見る