現地在住者が日本人ウケするおすすめのボリビア土産を集めてみた
ボリビア

こんにちは! 南米ボリビア在住のZICです。

南米の中でも特に先住民族の文化が色濃く残ると言われているボリビア。お土産街を通るとアンデスならではのカラフルな民芸品などが並んでいるのが印象的です。

 

しかし、途上国であるボリビアは日本に比べるならまだまだ物流が乏しく、あえて買って帰りたいと思うようなモノは少ないです。そんな中で、ボリビアならではの名産品やボリビアだからこそ手に入れられてなおかつ日本でも喜ばれるお土産を集めてみました。

ぜひ、ボリビア旅行を訪れる方は参考になさってください。

やっぱり買って帰りたいのはカラフルな民芸品

日本の観光地でもよく見かけるたくさんのキーホルダー。もちろんボリビアでも普通にお土産として売られています。

 

ボリビアの山岳地方でよく見かけるチャランゴという楽器をかたどったデザインのキーホルダーなど種類も豊富。ボリビアならではのデザインのものもあり旅の思い出にピッタリです。

革製品もこちらボリビアでは安く手に入ります。その横に並んでいるのはポーチですが、カラフルなアンデスを思わせるようなデザインです。アルパカやアンデスの山々などがデザインされています。

日本では見かけないかわいいデザインのものも見つかりますのでおすすめ。

革製品の民芸品もボリビアのお土産におすすめです。

ボリビアの地図やアンデスの文化が刻まれた革製品もぜひボリビア旅行の思い出に買って帰りたい一品です。

アルパカのぬいぐるみやカラフルな民芸品とたくさんのキーホルダーたち。ボリビアのお土産市場を歩けば必ず見つかる品々です。

たくさんの人に買って帰りたい場合はこうしたキーホルダーはおすすめです。

ボリビアの名産品&お得に手に入るもの

ビール好きの方に買って帰りたいボリビアのお土産はボリビアビールです。

実はボリビアはビールの産地として知られます。写真のパセーニャというビールはビールの世界コンテストで優勝したこともあるほど評価の高い一品です。

日本に買って帰るならきっと喜ばれますよ!

ボリビアのスーパーでも売っているパラ・ティというチョコレートは、憲法上の首都であるスクレに本社を置き生産しているボリビア産のチョコレート。甘くおいしいチョコレートです。

 

チョコレートの中にキヌアや唐辛子を盛り込んだ面白い味のチョコレートもありバリエーションも豊富なのでお土産にピッタリ。

ボリビアは世界的に評価の高いコーヒー豆の産地でもあります。ボリビアコーヒーも濃くて味わい深いのでお土産におすすめです。

 

高級品の豆は先進国に輸出され、2流品がボリビア国内に出回るという悲しい現実もありますが、なかなかボリビアコーヒーに出会えることはありませんので、ぜひお土産にどうぞ。

日本でもボリビア産キヌアはよく輸入されて流通しています。ボリビアはキヌアの産地として世界的にも有名です。なので、輸入されて購入する日本よりも割安で購入することが可能。

もし、健康食品好きの方がいるならキヌアをお土産に買って帰るのはいかがでしょうか。

ブラジル産のプロポリスが日本でも流行っていて、健康に良いということが知られるようになりました。

でも、日本でプロポリスを買うとなると2,000円~3,000円はざらです。

実は、ボリビアでもプロポリスは生産されています。しかも、20ボリビアーノほど(≒327円、2017年7月現在)で買うことができます。お土産におすすめ。

ボリビアでしか獲れない宝石があるのをご存知でしょうか。

ボリビアニータという宝石ですが、世界的にはアメトリンとして知られています。

 

紫の中に黄色い宝石が混在する美しい宝石ボリビアニータ。産地のボリビアでは安く買うことができます。こちらもお土産におすすめ。

宝石店や市場の中のアクセサリー屋さんの中にも売られていてペンダントやブレスレット、ピアスや指輪の形で買うことができます。

ボリビアの南部にタリハという町があります。そこは年中涼しく温暖なのでブドウの産地として有名です。そこではワインづくりがさかんに行われていて優良なワインを産出しています。

 

チリやアルゼンチンワインが有名ですが、ボリビアもワインの産地です。日本にはボリビアワインはあまり入荷していません。味わい深いボリビアワインもお土産におすすめです。

そして、ワインの産地であるボリビア南部のタリハで造られているお酒、シンガニ。

これはお酒好きにはぜひお土産に買って帰ってあげてください。

 

シンガニはブドウの蒸留酒でいわゆるブドウの焼酎です。ワインではなくブドウの焼酎は独特の味がします。味と風味は焼酎ですが、ブドウからできているという不思議なお酒。

 

日本で流通していませんので、ぜひお土産に買って帰ってください。日本で売り出しても結構人気になるのではと思うほどのクオリティのお酒です。

買って帰ってはいけないお土産

ボリビアでは合法ですが、他の国で違法なので注意が必要なもの。それがコカの葉っぱです。

ボリビアはコカの栽培、販売が合法で市場で不通に流通しています。覚醒作用のあるこの葉っぱはコカインの原料になるので、ほかの国に持ち出すことは絶対にできません。

 

そのコカの葉っぱを用いたコカ茶があります。山岳地方では高山病の症状を緩和するのにまた免疫を高める作用があるのでよく飲まれています。もちろん、このコカ茶は飲んで大丈夫です。

でも、コカの葉を利用しているのでお土産として買って帰ることはできません。税関で引っ掛かります。なので、決して買って帰らないように注意しましょう。

 

ボリビアにはたくさんの魅力的なお土産があります。中には日本では出回っていない貴重なものも。

ぜひ、ボリビア旅行と共にボリビア独自の文化やお土産に触れて楽しんでくださいね。

ボリビアならではのお土産

ボリビア産の名産品など、ボリビアにはお土産にピッタリなものが実はたくさんあります。民芸品のキーホルダーなどはバラマキ土産にピッタリです。
そして、お酒好きな方におすすめしたいのがシンガニです。焼酎好きにはたまらない味らしく、お酒好きの方は本当に喜んでくださいます。
日本で流通していないのが残念なほど、クオリティは高いです。日本のバーや居酒屋でも置いてあっても全然不思議ではありません。
この記事をきっかけにシンガニが日本で流通すればいいなぁと思う今日この頃です。

この記事を書いた人

ZIC

ZIC

南米ボリビア在住。ウユニ塩湖以外にも見どころはたくさんあり、現地から見つめた旅の情報を楽しくお伝えできればと思います。また南米各地の魅力あふれる情報もお伝えしたいと思います。

チャンネル

チャンネルをもっと見る