• パリっ子にいま大人気なのは、ベトナム料理「ボブン」!行列に並んでみた! | TRIP'S(トリップス)

    パリっ子にいま大人気なのは、ベトナム料理「ボブン」!行列に並んでみた!
    フランス

    ボブンアップ

    フランスに来て初めて知ったアジア料理があります。その名もボブン(Bò bún)。筆者は名前も聞いたことがなく、どんな料理かも想像ができませんでした。

    これは細めの冷たい米麺に、甘酸っぱいさっぱりとしたソースをからめて食べるベトナム料理で、味付けされた牛肉、レタスやにんじんなどの野菜がたくさんのっています。お店によって種類は違いますが、ミントやパクチーなどの香草が入っているのも特徴。

    フランス滞在中の洋食続きになった胃にも優しい味です。10ユーロ前後で食べられるお店が多く、外食代が高いパリで、お財布の強い味方となってくれること間違いなしです!

    ソクたびソクたび

    行列の絶えない人気店「SONG HENG」

    ボブン店
    ベトナム料理屋さんで食べることができるので、何度か行った人気店をご紹介しますね。まず最初のお店は、ここ「SONG HENG」!

    11:00から営業していますが、いつも行列ができていて、この日も11:30に行くともう行列ができていました。夜の営業はありませんのでご注意ください。

    ここだけ写真を撮ると、アジアの街の一角みたいですね。
    ボブン店内
    20席ほどの店内は常に混んでいて、基本的には相席制。1人で来ると、前に人が待っていても席が1席空いていれば通してもらえます。

    店内は隣の人と肘が当たってしまうぐらい狭いです。でもその雰囲気がまた、おいしさを増す演出をしているように思えます!

    何を頼もうか、悩むことはない?

    ボブンメニュー
    食事メニューは、フォーかボブンしかありません。これもこだわりがあるようでまたいい~! それぞれ、大か小か選べますが、女性はだいたい小を選んでいました。両方とも、大は8.8ユーロ、小は8ユーロです。
    ボブン
    写真のボブンは小です。にんじんとねぎ、くだかれたピーナッツ、たまねぎが混ざった味付けされた牛肉。もうこの食材を挙げただけでおいしいのがわかりますよね。

    さらに、フランスではネムと呼ばれている揚げ春巻きもカットされて のっています。すぐに食べてサクッとしたのを楽しむのもいいし、浸してまわりがふやけたものを楽しむのもいい!

    まぜまぜして食べよう!

    ボブン
    底にソース(というのかな? 味のついた液体)が溜まっているので、下からごっそりとかき混ぜて食べます。ここのお店は、レタスと香草も麺の下に入ってました。

    店によって種類は違いますが、だいたいのお店に辛いソースやナンプラーが置いてあるのでお好みで。私は、辛いソースを徐々に足していくのが好きです。

    ここのお店ですが、いつ行っても店員さんが陽気で雰囲気がおもしろいです。独り言なのか誰かに話してるのか……。この日は、出て行くお客さんに「また明日!」と冗談を言っていましたが、見事に無視されていました。

    店内に日めくりカレンダーがあったり、レトロな置物がちょこんと飾ってあったり、どこか懐かしさを感じるお店です。クレジットカードは20ユーロ以上からしか使えないので、気をつけくださいね。

    SONG HENG
    3 rue Volta 75003 Paris
    月曜~土曜 11:00~16:00
    公式FBはこちら

    「PARIS HANOI」

    パリハノイ
    もうひとつのお店は「PARIS HANOI」。こちらはなぜか、私は夜にしか行ったことがありませんが、ここもだいたいいつも混んでいます。

    金曜日の22:10ぐらいに行ったら満席で、閉店までに空いたら入れるよと言われました。そしてこちらも基本的には相席制です。

    厨房が丸見えなところもいいですよね。

    あ~、ご飯と一緒に食べたい!

    ボブン
    ここではボブンネム(揚げ春巻き付ボブン、12ユーロ)を注文しました。ここのお店は生のもやしとレタスと香草、ネムと味付けされた牛肉がのっていました。

    お肉が、味がけっこうしっかりしている上に景気よくたくさんのせてくれています。この肉と一緒に食べる用のご飯がほしい!と思ったぐらいです。
    ボブン
    麺はビーフンぐらいの細さです。
    フォー
    ここではフォーも頼みました。この写真の左に写っているのが、こっちのベトナム料理屋さんならどのお店にも置いてある!と言っても過言ではない辛いソースです。

    このソースですが、フタが少し特殊でしてね。先についている、緑のものがキャップです。まわすタイプになっているのですが、フタを全部取らなくても、ある程度隙間ができれば液体が出てきます!

    みなさんお気づきの通り、説明するならフタの部分もちゃんと撮れよ!って感じですけど……。絶妙なところで入ってないですね。

    アジア系のスーパーで買うこともでき、小さいボトルもありますよ。どこかで見かけたら「あぁ、キャップ こういうことか!」と思い出していただけるとうれしいです。

    PARIS HANOI
    74 rue de Charonne 75011 Paris
    12:00~14:30/19:00~22:30 定休日なし
    ※カード利用不可だと言われました
    公式HPはこちら

    夏場のイベント時にも登場するボブン

    フランス国内ででかけた野外イベントの屋台に、パエリアと並んでボブンを見かけました。パエリアを売っているのはマルシェでもよく見かけますが、ボブンもそれに並ぶぐらいの2大屋台フード!?

    それぐらい、こちらではポピュラーなんですね。しかも暑い日は、このさっぱりとした麺が食べたくなるのもわかります!フランス滞在中、洋食続きでさっぱりとしたいとき特に、オススメです。

    このタイプのお箸

    アジア系のレストランへ行くとお箸が置いてあるんですけど、四角くて、長いんですよね。私はなぜか、この形のお箸がちょっとだけ苦手です。食べていて、毎回1,2回は手がつりそうになります。

    私のお箸の持ち方に問題があるんでしょうね、きっと。がんばって、使いこなせるようにならなければ!
    このタイプのお箸

    この記事を書いた人

    チカさん

    チカさん日本語教師

    1年のフランス生活も終わり、日本へ帰ってきました!
    言葉が全部通じるのってすばらしい!と実感している今日この頃。
    気になることがあるとどんどん質問しちゃう癖が、帰ってきてからひどく(?)なっているようにも感じます。

    車好きの父の影響で、自分もサーキットを走ってみたい!と思うようになり、最近はサーキットに行ってちょろ~っと練習しています。
    本当にちょろ~っと走っているので、もっと練習して、せめて邪魔にならない程度になることが今の目標です!

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る