関西国際空港まで「船」という裏ワザを使ってアクセスしてみた
日本

こんにちは、ライターの新田です。今回は鉄道でもバスでもない、船を使った関西空港へのアクセスを紹介します。

船を使うと新たな発見がいっぱい! なかなか新鮮な旅が楽しめます。それでは、さっそく見ていきましょう。

神戸空港発関西空港行きの船「ベイ・シャトル」


関西空港行きの船「ベイ・シャトル」は神戸市にある神戸空港から出港しています。神戸空港から関西空港までは約30分!

この記事では、神戸の中心地三宮駅からレポートします。「ポートライナー」三宮駅から神戸空港まで新交通システム「ポートライナー」を利用し、そこから「ベイ・シャトル」を使う場合は「ポートライナーセット券」がお得!

価格は1,850円(税込)となり、ポートライナーの料金がカットされる形になります。このセット券はポートライナー三宮駅にある「インフォメーション」で購入できます。

購入したら「神戸空港行き」に乗りましょう。「北埠頭行き」に乗ると神戸空港には行かないのでご注意を。私が訪れた日は土曜日ということもあり、大混雑していました。

それでも、乗り切れないということはないのでご安心を。押し合わずに順々に車内へ入りましょう。

なお、ポートライナーの車内はこのような感じ。進行方向に向いている座席と逆向きの座席が混ざっています。ポートライナーは無人運転のため、前面展望が楽しめるのも大きな特徴です。

ポートライナーの車内からは神戸港やポートタワーが見られます。晴天ですと、もっと鮮やかな神戸らしい風景が楽しめることでしょう。三宮から神戸空港までの所要時間は約18分。どうぞ、神戸の空中散歩をお楽しみください。

神戸空港駅を降りると神戸空港へ行きたくなりますが、そこはグッと我慢して1階の「関空行き海上アクセス連絡バスのりば」に行きます。

1階に出ると横断歩道の向こうに「ベイ・シャトル」が出港する海上アクセスターミナル行きの無料バスが出ています。神戸空港から海上アクセスターミナルへはバスで約3分です。

海上アクセスターミナルに着きました。「ターミナル」といってもレストランはないのでご注意ください。「海上アクセスターミナル」では「ベイ・シャトル」の切符の購入はもちろん、外貨両替もできます。

また、窓側の座席にはコンセントがあるので、スマートフォンの充電も可能。「ベイ・シャトル」が来るまでのんびりと待ちましょう。

思ったよりも揺れが少ない「ベイ・シャトル」


出港約10分前に「ベイ・シャトル」の搭乗が始まりました。「ベイ・シャトル」は高速船のため、規模は小さめ。クルーズ船ではないので、シンプルな設計です。今回利用した船は「かぜ」です。

船内は2列+4列+2列のリクライニングシートがズラッと並んでいます。一番前にはテレビが付けられており、NHKの番組が放映されていました。なお、座席は自由席なので、座りたい席に座りましょう。

「ベイ・シャトル」のメリットは座席がゆったりしていること。リクライニングの角度が大きいため、ゆったりとくつろげます。また、足元もリムジンバスと比べると、余裕の広さ。少なくともリムジンバスよりは快適に過ごせます。

停泊している際はかなり揺れたので、船酔いを心配しました。しかし、その心配も杞憂に終わりました。出港すると滑るように、大阪湾を航行します。これは空港島とポートアイランドを結ぶ橋。下から見ると、なかなかの迫力ですね。

私が乗船した日は曇りということもあり、眺望はあまり楽しめませんでした。その代わり、関西空港まで行く間にいくつかの船を見かけました。

「ベイ・シャトル」が航行する大阪湾は船がたくさん集まるスポット。「ベイ・シャトル」では眺望よりも船ウォッチングを楽しみたいですね。これは貿易船でしょうか。西へ向かって進んで行きました。

突然、朱色の船が飛び込んできました。船体には「近海郵船」と書かれた大きな文字が。日常生活で郵便船を見ることはないので、とても新鮮ですね。「こうやって郵便物が届くのかあ」と思わず、つぶやいてしまいました。

神戸空港を出港して約30分、無事に関西空港ポートターミナルに着きました。ポートターミナルに着くと、「第1ターミナル経由第2ターミナル行き」の連絡バスが待っていました。もちろん、この連絡バスも無料です。

ポートターミナルから約10分で関西空港第1ターミナル4階、国際線ターミナルに到着。ここで乗客の大半が降ります。

春秋航空とピーチ以外は全て第1ターミナルから出発します。バスの運転士も「春秋航空、ピーチ以外は全て第1ターミナルです」と何回も繰り返していました。

ポートターミナルから約20分で、第2ターミナルに到着しました。バスが止まる場所は国内線ターミナルの前です。国際線ターミナルへは少しだけ歩きます。

「ベイ・シャトル」のメリットは


淡路関空ライン

「ベイ・シャトル」に向いている乗客は自動車を持っている&関西空港第1ターミナルを利用する方です。「ベイ・シャトル」を利用すると、神戸空港ターミナル前にある駐車場を旅行期間中無料で利用できるからです。

「ベイ・シャトル」神戸空港~関西空港間の料金は1,850円なので、割安で利用できるのも大きなメリット。自動車がある方は「ベイ・シャトル」の利用をご検討ください。

また、「ベイ・シャトル」とは別に淡路島~関西空港間を結ぶ「淡路関空ライン」もあります。

関空アクセスの主役、リムジンバス

一方、所要時間を考えると、自動車を持っていない&第2ターミナルを利用する方へはメリットが少ないと思います。

「ベイ・シャトル」の乗船時間は30分ですが、三宮駅から神戸空港駅までの所要時間は18分、神戸空港駅から海上アクセスターミナルまでは3分、「ベイ・シャトル」の待ち時間は少なくとも10分、海上アクセスターミナルから第1ターミナルまでは10分、それらを合計すると71分になります。

三宮駅から関西空港第1ターミナルまでのリムジンバスは所要時間約65分ですから、バスのほうが早いです。また、第2ターミナルは関西空港ポートターミナルから離れているので「ベイ・シャトル」のメリットはますます少なくなります。

いずれにせよ、日常生活で船に乗ることはあまりないでしょう。気分転換の意味でも「ベイ・シャトル」を利用すると楽しいですよ。

ベイシャトル
公式HPはこちら

どうなる神戸空港~関西空港間のアクセス

実は神戸空港がある人工島、ポートアイランドから関西空港までのアクセスは関西空港の開業と共に始まりました。しかし、当初は苦戦続きだったようです。2018年から神戸空港は「関西エアポート神戸」が運営することになります。今後「ベイ・シャトル」はどのように変化するのでしょうか。

この記事を書いた人

新田浩之

新田浩之鉄道&中東欧旅行研究家

1987年生まれ。神戸市在住。専門は鉄道と中東欧です。国内では鉄道系イベントの取材、国外では中欧、東欧、ロシアの歴史スポットを訪ね歩いています。チェコアンバサダー2018

チャンネル

チャンネルをもっと見る