世界初!日本茶のハンドドリップ専門店「東京茶寮」でバリスタに淹れてもらった!
日本

日本茶8

日本茶3
ハンドドリップやバリスタという単語を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか? 多くの人がコーヒーと答えると思います。

ですが、バリスタがハンドドリップで淹れてくれる飲み物はコーヒーだけじゃないんです! なんと日本人には馴染み深いあの日本茶を、バリスタがハンドドリップしてくれるお店が世界で初めてオープンしたと聞き、早速行ってみました。

そのお店の名は「東京茶寮」

日本茶2
東京都世田谷区、東急田園都市線「三軒茶屋駅」から徒歩7分程度の場所にそのお店はあります。2017年1月に世界初のハンドドリップで淹れる日本茶専門店としてオープン。席数は9席とこじんまりとしたお店です。

メニューは1種類のみ

日本茶3
用意されているメニューは「煎茶2種類のみ比べ+お茶菓子 1,300円(税込)」の1種類のみ。全7種類ある煎茶の中から2種類と、全3種類あるお茶菓子の中から1品選ぶ仕組みです。煎茶はそれぞれ甘味、苦味、旨味を3段階で評価されているので、お好みに合わせて選ぶ事が可能です。

バリスタおすすめの煎茶をチョイス

日本茶5
煎茶は7種類もあり、どれにしようか迷ってしまった為、バリスタおすすめの2種類をお願いすることにしてみました。1番人気の煎茶は「はるもえぎ」だそうです。その他には「香駿」と「宵の七曜星」も人気との事です。

すぐ目の前で日本茶をハンドドリップしてくれる

日本茶7
バリスタとの距離がとても近く、すぐ目の前で日本茶を淹れているのを見る事ができます。お湯が注がれるとお茶のいい香りが漂ってきて、目で見て、香りを嗅いで楽しむ事が可能です。
日本茶6
1番人気の「はるもえぎ」はとても甘く旨味も感じられ、最後に少し苦みが残るお味で、もう一方の「香駿」ははるもえぎと同じく甘味がとても強いのですが苦みが少ない為、大人から子供まで楽しめそうなお味でした。

お茶菓子は3種類ありますが、その内の一つ「ほうじ茶のブラマンジェ」は、なんと元パティシエのバリスタが考案し、お店で作られているとの事です。この日は残念ながら売り切れてしまっていた為、ドライフルーツの羊羹にしましたが、ほどよい甘さでお茶にとてもよく合ってとても美味しいです。
日本茶8
お茶はそれぞれ2杯ずつ淹れてくれ、最後にお好きな方の茶葉で玄米茶を淹れてくれるので、全部で5杯頂く事ができます。1杯目と2杯目で湯呑みが違う点に、お店のこだわりが感じられます。

バリスタとの会話を楽しめるのも魅力

日本茶9
一口に煎茶といっても種類によって味は本当に様々で奥深く、新たな煎茶の魅力を発見する事ができました。このお店の魅力はお茶の美味しさだけではなく、席数が少なくこじんまりとしているからこそバリスタとの距離が近く、お茶の事やお店の事など色々なお話を聞ける点にもあります。

茶器は1杯目と2杯目では違う作家の作品である事や、デザイン会社が運営しているお店という事もあり、お店で使用している様々なもののデザインや素材にこだわっている事など、色々なお話を聞く事ができ更に楽しい時間を過ごす事ができます。

こだわりの詰まった日本茶専門店、ぜひ一度足を運んでみてください。

東京茶寮
東京都世田谷区上馬1丁目34-15
営業時間は平日13:00~20:00、土日11:00~20:00
公式HPはこちら

バーのような日本茶専門店

東京茶寮はコの字型のテーブルで全席カウンター席なので、バリスタとの距離がとても近く、多くのお客さんがお茶と一緒にバリスタとの会話を楽しんでいるのが印象的でした。さながらバーのよう。これまで家で飲むお茶にこだわりはありませんでしたが、これからは品種など色々と意識して選んでみようと思います!

この記事を書いた人

choco

choco

甘いものに目がないアラサー。今やりたい事は御朱印巡り、城巡り。

チャンネル

チャンネルをもっと見る