タイ王国の特集

台湾のレトロタウン「迪化街」がどんどんオシャレになってます…!
台湾

台北の問屋街として知られてきた迪化街(てきかがい)。その迪化街が近年リノベーションでオシャレになったってご存知ですか? 昔ながらの町並みを残しながらもグルメやオシャレ雑貨、お土産探しが楽しめる“古くて新しい”迪化街。
 
「迪化街は以前にも行ったから……」なんてスルーしてしまうのはもったいない! 筆者は毎回訪れますが、その度に違った発見を楽しんでいます! 台北2度目、3度目の方も楽しめるリノベーションが盛んな迪化街、是非新たな気持ちで散策してみましょう。

迪化街散策は永樂市場から


迪化街は台北駅の北西1kmちょっとの場所にある問屋街。筆者はいつもお散歩がてら歩いちゃう距離です。もちろん朝早い時間や夜遅い時間は問屋や雑貨店は閉まっているのですが、実は朝も活気のあるエリアなんですよ。その秘密は地元民が集まる朝ごはんと、縁結びの神様がいるお寺。
 
その拠点になるのが写真の永樂市場周辺。迪化街散策はまずは永樂市場からと考えると良いでしょう。

まずは腹ごしらえの朝ごはん


永樂市場周辺には朝早くからオープンしている食堂が沢山あります。中でも地元民から人気なのがこちらの「清粥小菜」というお粥のお店。オーダー方法は簡単。メインはお粥(白米)で、あとはサイドメニューを選ぶだけ。言葉が通じなくても指さしでOKですよ。
 
めでたく食料をゲットして、席に座って腹ごしらえ……と思ったところ、満席。でも台湾なら地元の人たちがササッと席を空けてくれて、「ここで食べなさい(推測)」と譲ってくれるので、心配ありませんよ。この辺りの感覚は日本人と通じるものがあり、台湾が旅行しやすいという人気の理由でもあります。

縁結びの霞海城隍廟


永樂市場の北側には縁結びで知られる霞海城隍廟があり、月下老人が祀られています。朝から熱心な台湾女子たちがお参りする光景は、「日本も台湾も変わらないな~」と感じるひと幕です。

迪化街はドライフルーツの宝庫!


問屋街として栄えた迪化街ですが、特に乾物店が沢山あります。メインの通りの左右にはドライフルーツやお茶を扱うお店がズラリ! お店によって少しずつ品揃えが違ったりしますので、お好みのものを見つけてみましょう。写真は苺とマンゴーのドライフルーツ。たいていのお店は試食をさせてくれます。

オシャレな雑貨ショップが急増中!


写真は2012年オープンの「民藝埕」。長年レトロタウンとして親しまれてきた迪化街に、近年リノベーションの波が押し寄せています。数か月訪れなかっただけで「こんなお店あったっけ?」と驚くこともしばしば。

奥に細長い造りになっており、3つの部屋から成ります。それぞれが中庭で繋がっていて、とっても良い雰囲気なんです! 台湾版の町家といった感じでしょうか。

民藝埕には雑貨や茶器が数多く並びますが、筆者が特におすすめしたいのがこちらの調味料入れ。蒸籠に入れればまるで小龍包!! 自分用の台湾土産にぴったりです。

日本人には竹細工店・籠バッグ店が人気


迪化街を永樂市場、霞海城隍廟、乾物店と北上していきますと、竹細工や農業用鉄製品などを扱うエリアに入ります。この辺りでは特に竹細工や木工用品のお店が日本人に人気。カフェで出てきそうな木のプレートやボウルが人気です。

疲れたらちょこっと休憩


歩き疲れたらスイーツをどうぞ。写真は2013年オープンの 夏樹甜品。優しい味の杏仁豆花がいただけます。

スタバもレトロオシャレ


迪化街のメインストリートの少し東に保安という場所があり、2013年にオープンしたこちらのスタバがレトロでオシャレと人気。建物自体は1924年前後のもので、レンガ造りの雰囲気たっぷりな外観です。

地元の飲食店も良いですが、ここだけでしか楽しめない特徴あるスタバで過ごすのもおすすめですよ。

言葉が通じなくても大丈夫!

台湾は大の親日国家。日本人がとても旅行しやすい国のひとつです。言葉が通じなくても、飲食店などではメニューや実物の指差しでOK! 是非地元の方々と一緒に朝ごはんを食べてみましょう。いつもとは違った印象深い旅になること間違いなしです!
 
問屋街では茶葉やドライフルーツがお土産に喜ばれます。価格も安いので、バラマキ土産を大量ゲットできます。筆者はいつも最終日にここで茶葉のセットやドライフルーツ(どれも数百円)をドッサリ購入しました。

この記事を書いた人

ヒイラギ

ヒイラギトラベルライター

国内中心に飛び回るトラベルライターです。心に残る風景、注目のグルメ・イベントを中心にお伝えします。

ピックアップ

ピックアップをもっと見る

チャンネル

チャンネルをもっと見る
タイ王国の特集