• 【台湾・台北】淡水まで足を伸ばそう、紅楼で台湾茶をいただく旅 | TRIP'S(トリップス)

    【台湾・台北】淡水まで足を伸ばそう、紅楼で台湾茶をいただく旅
    台湾

    淡水紅楼への道

    台湾・台北旅行を計画していて、もし「淡水」を行き先に加えていないのなら、それは実にもったいないこと。
    淡水駅は、台北駅からMRT淡水信義線で乗り換えなしで着く、終着駅。初めての台北旅行でも迷うことなく辿り着くことができます。乗車時間も、約40分くらいです。
    そこに広がるのは、また台北市内中心部とは異なる、港町の趣。そして、「淡水老街」という古くて新しい街並みが、また異国感を醸し出して魅力的だったのです。

    淡水、そこは地元民のデートスポットだった

    台北淡水

    台北に来てからというもの、建物の威圧感に圧倒されながら過ごしていたので、この開放的な空間を見た時には思わず声をあげました。
    淡水河が雄大な空間を作り出して、吹き抜ける風を感じることができます。そして周囲を見渡すと、道行く人は若いカップルが心なしか多いような気がして、地元民の憩いの場でもあるということを実感することができます。

    淡水老街の趣を全身で感じる

    淡水老街
    「淡水老街」は、数百メートルにわたって続く、台湾ならではの情緒あふれるストリート。ちょっと例えが不思議に思われるかもしれませんが、私は麻布十番商店街を思い出しました。台湾版の、麻布十番のような、そんな趣と情緒と、若干の下町感の混ざり具合を垣間見た気がするのです。
    道の両サイドに広がる、飲食店のお店、お茶のお店、雑貨屋…。店舗のひとつひとつが、この哀愁さえも漂う街並みを形成しています。

    「淡水紅楼」を目指します、道に迷いやすいので注意

    そんな港町の風景や街並みを眺めながら、「紅楼」を目指しました。
    この旅で唯一、かなり道に迷ったポイントです。何しろWi-Fiも見当たらないので、ガイドブックと地形をにらめっこしてたどり着きました。
    まず淡水老街をまっすぐ直進。区役所なども通過して、淡水福佑宮も通過します。

    こちらが淡水福佑宮。目立ちます。

    通過したら、福佑宮側の歩道を歩き、「紅楼」の看板をひたすら探します。
    この看板です…わかりますか?

    これは迷いますよね。でもこの記事で一度把握しておけば、そこまで猛烈に迷うことはないと思います。
    この看板を見つけたら、小道に入って、階段をひたすら登ります。この小道がまた風情があって印象に残っています。

    淡水紅楼への道

    登りきれば、目的地はもうすぐそこ!

    「淡水紅楼」、築100年の重みを感じる

    淡水紅楼
    これが築100年以上も経過しているという、レンガ造りの建物「淡水紅楼」。
    かつて富豪が住んでいたというこの建物ですが、現在はレストランとなっています。

    淡水紅楼

    建物の中も、趣が溢れんばかりの石造りと、暖かな色味の照明。
    ここに着席できただけで、ひとしきりの達成感を味わうこともできてしまうくらいです。

    注文は少し注意が必要…かも

    この日は14時を過ぎていたので、ランチメニューは終わってしまったとのことでした。
    でも、「火鍋」はあるよ、と。そしてお茶はもちろんあるよ、とのことで、「火鍋」「東方美人茶」「紅茶(詳しい品名は忘れちゃいました)」を注文。
    ちなみに店員さんは、その日にもよるのかもしれないのですが、あまり日本語は通じませんでした。でも漢字と英語を駆使すればなんとか意思疎通が可能ですよ。多少違うものを頼んでしまうのも、旅の醍醐味といえるかもしれませんね。

    「火鍋」と言っていたものはこちら。

    淡水紅楼 火鍋

    辛いのかな?と思いきや、豆乳鍋のような味付けのワタリガニ鍋でした。食べていた時は上海蟹だと信じていましたが、この写真を元に調べると、ワタリガニですね完全に…。

    と、ここまではちょっとハズレかも、と正直思っていたのですが。
    頼んでいた「東方美人茶」「紅茶」が…至福の時間でした。

    台湾茶を工夫茶の作法でいただきます

    淡水紅楼工夫茶

    これが工夫茶のセット。工夫茶とは、日本で言う「茶道」のようなもの。作法に則って台湾茶を淹れるための道具たちが、いま目の前に佇んでいる、というわけです。
    当然、淹れ方がわかりません。
    でもお姉さんがすかさずやってきて、二種類頼んでいたうちのひとつを目の前で淹れてくれました。
    そして、もう一種類のお茶を自分達で淹れてみることができたのです。

    まず火にかけているお湯を、茶壺と呼ばれる急須に入れます。
    淡水紅楼工夫茶

    こぼすかこぼさないか、ギリギリまで入れます。
    そして一煎目は、ここでは捨てていました(作法にも諸説あるようです)。捨てる前に、その一煎目で他に使用する茶器を温めます。
    二煎目。

    淡水紅楼工夫茶

    茶海、聞香杯、そして茶杯へと、お茶を次々と移すことによって、飲みやすい温度に下げていくようです。そして聞香杯では、香りを楽しみます。台湾茶ならではの、奥深さのある豊かな香りをいっぱい吸い込んでみました。この感覚、日本に帰ってきても忘れられない至高の体験です。

    そうしてやっとのことで飲んだ一杯のお茶。思い出補正はないとは言えないですが、本当に美味いと断言できるお茶を口にできたと思っています。
    自分用のお土産には、もちろん台湾茶。
    会社のお土産にも、もちろん台湾茶。

    台湾茶お土産

    台北旅行の際は、ぜひ、淡水と紅楼に寄ってみてくださいね!

    ■淡水紅楼
    新北市(旧台北縣)淡水區三民街2巷6號
    MRT淡水駅から徒歩約10分
    11:00-22:00(LO. 21:30)(14:00-17:00は軽食のみ)

    この記事を書いた人

    春菜 由香(コロポン)

    春菜 由香(コロポン)TRIP'S編集長

    87年北海道名寄市生まれ、旭川市育ち。名古屋大学文学部を卒業後、しばらくゲームを作ってました。Webメディアを作る上でも、とにかく面白いと心から思えるコンテンツだけを出していきたいです。ひがし北海道マニア(自称)、旅ラン専門家(フルマラソン経験あり)、写真家(名乗れるようになりたい)

    チャンネル

    チャンネルをもっと見る